« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

わがやのおやつ

Yukinoyado 最近うちで人気なのがコレ、「雪の宿」です。

別にどーってことないおせんべいなのですが、食べだしたら止まらなくなってしまって、1日で1袋なんて軽いもんです。

今日はいつもより70円も安かったので、ついつい4袋も買ってしまいました。本当はもっと欲しかったのですが、ショッピングバッグに入らないので。^^;

「雪の宿」はサラダせんべいに砂糖がけしてあるものなのですが、口に入れると、片側が甘く、片側が塩辛く、一度で二通りの味が楽しめます。

同じように表と裏で味の違うおせんべいに「ぽたぽた焼き」がありますが、「ぽたぽた焼き」だとちょっとベタベタした感じがあり、しょうゆ味なのでたくさん食べるとくどくなってきます。

でも、「雪の宿」はさっぱりしているのでいくらでも食べられます。はっきり言って危険です。

そしてパッケージに書いてあるのですが、北海道産の生クリームを使用しているとか。食べても全然わからないのですが、実は和と洋のハーモーニーだったんです。

吾輩が食べたら「うまいっ!!」って言うでしょうか?

| | Comments (4)

トニー賞で再会

ずーっと昔に聴いたことがあるのに、誰の何という曲か知らないままってこと、ありませんか?私は先日のトニー賞の授賞式で、そんな曲と再会しました。

それはミュージカルリバイバル賞の「パジャマゲーム」の中の"There Once Was A Man"という曲です。

25年くらい前、「ショーガール」という、木の実ナナと細川俊之の二人だけのミュージカルがありました。初めて観たのが高2か高3の時。それ以来、毎年観るのを楽しみにしていました。

ストーリーは毎回とてもシンプル。男女が喧嘩別れ、でも最後はハッピーエンドというもので、お二人の歌とダンスでとてもコミカルに展開して行きます。

その男女が喧嘩する時に使われていた曲が、"There Once Was A Man"でした。男が女の、女が男の愚かさを歌っているのですが、木の実さんと細川さんの、テンポのいい歌の掛け合いがとっても印象的でした。原曲とは、歌の中身は全く違うようですね。

ショーガールは、先日亡くなられた宮川 泰さんが音楽監督をされていて、ミュージカルの間にショータイムもあり、いろんなジャンルの曲をアレンジして聴かせて下さいました。

宮川さんご自身、警備員のおじさん役か何かで、ちょこっと出演されることもありましたが、大抵は舞台の奥の方でピアノを弾いていらっしゃいました。

時々、羽田健太郎さんが宮川さんの代わりに出られることもありましたが、当時の私にとって、宮川さん=ヤマトの作曲家、羽田さん=宝島の作曲家という認識しかなかったのですが、お二人とも素晴らしいご活躍ですよね。

残念ながら「ショーガール」は89年に幕を下ろしました。また観たいという私の願いは、恐らくもうかなうことはないでしょう。

| | Comments (0)

空の色

Sora1 Sora2 うっとうしい梅雨空が続いていますが、先週の日曜日、空がこんな色をしていました。

実際にはもう少し明るかったと思います。ピンク色の雲も、後ろから光が差している感じで、もっときれいでした。

子供の頃、よく塗り絵をして遊んでいましたが、色鉛筆のピンクと水色を混ぜてできる色が好きでした。ちょうど、この日の空の色のような。

絵心の無い私ですが、夕焼け空を水彩絵の具で描けたらいいなあと思います。薄い雲と空のグラデーションを、一体どうやったら描けるのかわかりませんが、ずっと心の中で思っています。

夕焼け空が好きです。一日の終わりに、オレンジ色の太陽を見ることができた日は、きっと神様が一日頑張ったご褒美をくれたんだと思います。

| | Comments (2)

瀕死の冷蔵庫

17年半使ってきた我が家の冷蔵庫が壊れそうです。

他の家電製品が10年、15年を過ぎた頃に次々と壊れてしまったのに、冷蔵庫だけは何故か無事でした。いつ壊れてもおかしくないと思っていましたが、ついに寿命のようです。

冷凍室は、なんとか氷が凍っている状態。アイスクリームはダメでした。昨日、今日と夕食は冷凍食品。食べ尽くしてしまわないと・・・。

冷蔵室の方も、なんとなく冷えきっていない状態。暑い季節なので困っています。

| | Comments (4)

ヤン様登場!ペ・ヤングンですニダ

今日の吾輩に、ヤン様ことペ・ヤングンが登場しました。「アンニョンハセョ~。ペ・ヤングンですニダ~」。

そしてヤン様は胸に手を当てたまま、微笑みながら走ってました。もう、毎日目が離せません。>吾輩。

それにしても、ペ・ヤングン役の人って誰なんでしょう?今日は出演者のところに、ペ・ヤングンの声だけ書いてありました。気になります。

| | Comments (2)

カイルアビーチツアー in Hawaii

Umi もう一枚、ハワイの写真です。ハワイに着いて二日目に、オプショナルツアーでカイルアビーチに行きました。お天気はイマイチでしたが、さすがに海がきれいでした。

カイルアビーチは全米No.1ビーチに選ばれたこともあるそうです。でも、あまり下調べしてなかった私たちは、現地のお兄さんの説明で、「隣のビーチ(名前は忘れました)に行けば魚がいる」というのを聞き、30分も歩いて隣のビーチまで行ったんです。

でも、魚はあんまりいなかったんですよ。魚と遊びたいなら、やっぱりハナウマ湾でしょうか。

お昼はクーポン券が付いていたので、見た目はあまりよくない現地のお店で食べたのですが、これが意外と美味しかった。甥っ子K君なんて、「こんなに美味しいハンバーガーは食べたことない。やっぱり本場アメリカだね」と言ってました。K君、現在小学2年生。可愛いです。^^

| | Comments (0)

吾輩にハマッテいます

先日、クドカンの昼ドラを見始めたと書きましたが、完全にハマッテしまいました。見逃した分、1話から8話まで見ました。今日は会社のお向かいの喫茶店で出前を取って、お昼休み中見てました。^^;

第一週、すごく面白いです~。ミュー研(みどりとたかしの大学の「ミュージカル研究会」)時代の回想シーンもいっぱい出てくるし。「その日暮らしの貴婦人」のヒロイン、「モンナシーヌ」っていうんですね。マイフェアレディのイライザみたいな衣装が可愛い♪

mixiのコミュニティもチェックしています。クドカンが仕込んだ小ネタのネタ元など、とってもお勉強になります(笑)。クドカンさん、芸が細かい~。

| | Comments (0)

Eggs'n Things のパンケーキ in Hawaii

Egg 今さら~の話ですが、GWにハワイに行ってきました。17年ぶりの海外旅行です。息子も、小学校の時「僕だけ飛行機に乗ったことがない」と言っていましたが、やっと連れて行ってやることができました。

ハワイに詳しい義妹のお友達のオススメでEggs'n Thingsのパンケーキを食べに行ってきました。お店が宿から割と近かったのでラッキーでした。

ここは営業時間がちょっと変わっていて、夜11:00から昼2:00までやっています。朝食の時間はやはり混んでいて、私達も30分以上待ちました。待ってる人、ほとんど日本人^^;;

メニューはパンケーキの他、オムレツ、ワッフル、クレープなどがありますが、私達はまずは定番のパンケーキとオムレツを注文しました。

パンケーキはご覧のようにクリームがドカッと載っていますが、時間がたつとしゅわーんと溶けてきて、見た目ほど重くはありませんでした。テーブルの上に、ココナツ、グアバ、メープルなどのシロップが用意してあって、いろんな味が楽しめました。

オムレツはちょっと想像したものと違っていました。「ホウレンソウ、ベーコン、チーズ」を注文しましたが、炒めた具の上に、薄焼きたまごが載ってるという感じ。これにパンケーキかライスかポテトが付けられるので、私達はパンケーキを選びました。

帰りにパンケーキの粉を買いました。後で知ったのですが、何年か前に石田純一がTVでここのパンケーキを紹介したみたいで、日本からの注文が殺到して、一時的に出荷が止まってしまったことがあるそうです。そんな有名なお店だとは知りませんでした。知ってたらもっとたくさん粉を買っておけばよかった。でも、重かったかな?

今は週末にパンケーキを楽しんでします。あと、1カップで4枚くらい焼けます。あと、2,3回はいけるかな?

| | Comments (0)

宮藤官九郎の「吾輩は主婦である」

ゆみこ。さんのブログで面白いと評判だったので、先週から「吾輩は主婦である」を見始めました。

クドカンさんが、初めて昼ドラに挑戦するということで、気にはなっていたのですが、昼ドラだと毎日録画しなくちゃいけないので、今回はやめようと思っていたのですが・・・。あ~、でも見て正解!すっごく面白いです。ゆみこ。さん、ありがとう!!

ストーリーはみどり(斉藤由貴)に夏目漱石が乗り移って、ドタバタと事件が展開するというものですが、私が気に入ったのはその設定です。

みどりと夫のたかし(及川ミッチー)が大学時代に所属していたのが「ミュージカル研究会」だそうで、たかしが学生時代に作ったミュージカルナンバー「その日暮らしの貴婦人」(というタイトルだったと思う)の歌詞がバカバカしくて最高!この歌が流れると、漱石がみどりちゃんに戻ってしまうんです。

みどりとたかしの先輩ゆきお(川平慈英)が経営する喫茶店の名前が「ジャンバルジャン」で、店内にレミゼのポスターが貼ってあります。斉藤由貴が初代コゼットというのはみんな知ってますが、みどりちゃんがレミゼのオーディション3次審査まで残ったという話は、ゆみこ。さんとこで仕入れた情報です(美穂さん談)。

オープニングの、みどりとたかしのデュエットもすごくいいです。歌がほのぼのとしているのもいいのですが、私はミッチーの腰の振り方(横振り)が気に入っています。

今からでも全然遅くないので、昼間家にいらっしゃる方は、是非一度ご覧になってみてください。^^

| | Comments (2)

« May 2006 | Main | July 2006 »