« 下北サンデーズのポスター | Main | auの秋冬モデル »

東宝新喜劇「十二夜」

25日に「十二夜」を観ました。ダジャレ満載で、お前は吉本かってツッコミ入れたくなるくらいでした。時々すべっていましたが。^^;

真央ちゃんは、さすがのコメディエンヌぶりでした。そして久しぶりの男役。真央ちゃんの男役って、多分TVでしか観たことないと思いますが、カッコイイです。すごく似合ってます。この作品は、真央ちゃんの為にあるって言ってもいいくらいです(笑)。

他の出演者の方もノリがすごく良かったです。それに比べて、客席のノリがイマイチでした・・・。前半、割と早い段階で、ノリノリのシーンがあるんです。生ドラム演奏まで出てきてとても楽しい場面なんですが、反応がいま一つ。この日(25日マチネ)は空席も目立っていたし、年齢層も高そうだったのでそのせいかもしれません。私のお隣の方も、全然手拍子していなかったし、カーテンコールもさっぱりしていたし。残念!

吉本顔負けのハチャメチャぶりなのに、歌になるとみなさん妙にうまくて、そのギャップも面白かったです。オリジナルミュージカルのせいか、役者さんがとても気持ちよく歌えるようなメロディが多かったような気がします。実際、歌のうまい人が揃っていたと思います。今頃になって、CD欲しくなっちゃいました。

それにしても、シェイクスピアの喜劇が吉本に負けず劣らずのドタバタコメディになってしまうとは(笑)。ラストも、すっきり丸く収まってしまって、あれあれ~って感じで。真央ちゃんと今さんがそっくりウリ二つの双子っていうのは、かなり無理がありましたが・・。^^;(そのせいか、アントーニオがシザーリオを何故助けたのかが、すぐにわかりませんでした。)

Tn 一つだけ欲を言うならば、道化役のマヨマヨが、もっと面白くてもいいかなと思いました。もっと目立って!(笑)期待し過ぎかな?いや、つい最近、「木更津キャッツアイ」でマヨマヨを見たばかりなので・・・。^^;

ちょっとお茶目だったのが鈴木綜馬さん。本編ではいつもの路線でしたが、カーテンコールで軽くジャンプしてました。足をぱぱっと動かして。スキンブルシャンクス(古っ!)以来の弾けたお姿を拝見しました。

写真は、どなたかが出演者からもらったバルーン人形です。羨ましかったので、エレベーターに乗るときに撮らせて頂きました。結構凝った人形でした。

|

« 下北サンデーズのポスター | Main | auの秋冬モデル »

「ミュージカル」カテゴリの記事

Comments

うまいこといいますね~~「東宝新喜劇 十二夜」なんて(笑)
まさにそんな感じですね!

真央さんの男役、やっぱりかっこいいですよね!
宝塚時代に見ていたらはまるかも~~!って
初演見たときに思いました。


このバルーン人形、忍さんのブログにも載ってます~(^^♪
http://clairdelune.blog3.fc2.com/

Posted by: ゆみこ。 | August 27, 2006 at 08:48 PM

>ゆみこ。さん
千秋楽行かれたんですね。ブログ読みました。

これでもかっていうくらい、オヤジギャグの連続でしたね。真央ちゃん、本領発揮ってとこですよね。

忍さんのブログも読みました。教えて下さってありがとう。バルーン人形、いろんなパターンがあるんですね。芸術品って言えますね。

Posted by: きゃらめる | August 28, 2006 at 11:15 AM

>きゃらめるさん
真央ちゃんはそんなにコメディータッチな舞台も完璧なんですね。しかも、久々の男役も!!
真央ちゃんって男役の時のほうが存在感大きいですね。昔、宝塚で新人公演の主役やっていた時代からそう思いました。・・おっと、歳がバレる・・・(m^^m)
とても華奢なので娘役を演じてもキュートで素敵なんですが、やっぱり、男役がバシッと決まるんですね。
宝塚退団後の舞台は観ていないのであまりお話に参加できず残念なんですが、数年前、大阪で泊まったホテルで、たまたまエレベーターに乗り合わせて、びっくり(^-^*) すご~く小柄なのに、思いっきりオーラを放っていました。あ!!って、すぐにわかりましたもん。
多分真央ちゃんはそのホテルの近くの劇場で公演中だったんだと思います。

Posted by: みるふぃーゆ | August 28, 2006 at 03:02 PM

>みるふぃーゆさん
エレベーターで真央ちゃんと乗り合わせるなんて、なんてラッキーな。エレベーター内は真央ちゃんのオーラで埋め尽くされていたことでしょう。

でも、みるふぃーゆさんが宝塚観てたなんて意外でした。今回の十二夜は、宝塚のような銀橋が作ってあったんですよ。

Posted by: きゃらめる | August 28, 2006 at 07:37 PM

先週見てきました。今回は本当によい席で、真央さんも間近に見ることが出来ました。^-^
日本のある作家によると、’十二夜’は偉大なるシェークスピアバージョンでもかなりのドタバタ喜劇なのだとか。(吉本といい勝負かも・・)
観客のノリについては、私達が行った日も今ひとつでした。ただ一人妙齢のマダム(宝塚時代からのお取り巻き?)が声を張り上げていらっしゃいましたが、他の皆さんはとってもクールで、最後カーテンコールでメインキャストが出て来ても演者個々への拍手喝采をすることもなく、ずっと音楽に合わせての手拍子のみ!楽しい舞台だっただけに最後が残念でした。

Posted by: Chiko | August 28, 2006 at 07:51 PM

>Chikoさん
やっぱり平日昼間だと、そんなものかもしれませんね。私が観た時も、カーテンコールの途中で席を立つ人が結構いたし。それもあんな前の方の席で。

そんな中で真央ファンのマダムが頑張っていらしたんですね(笑)。

ヴァンパイアの時は、山口さんファンの男の子が頑張っていましたよ。^^; (他のお客さんもノリノリでしたけど。)

Posted by: きゃらめる | August 29, 2006 at 08:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 下北サンデーズのポスター | Main | auの秋冬モデル »