« 木更津キャッツアイ | Main | RENT 2006 来日公演 »

夢から醒めた夢

Yumesame1 11月26日に「夢から醒めた夢」を観てきました。大好きなミュージカルです。

前回観たのが2002年、今回と同じ新名古屋ミュージカル劇場で、その前にも厚生年金会館で古いバージョンを観ています。その時、息子はまだ幼稚園児でしたが、四季デビュー作品となりました。

子供向けのミュージカルだと思って観に行ったので、作品の質の高さに驚きました。

2002年の時の記憶があまり無いのですが、ロビーパフォーマンスの後、ステージ上でもパフォーマンスってありましたっけ??全然覚えていません。^^;

Yumesame2 今回はステージの上で、リングを使ったパフォーマンスと、観客も参加できる輪投げ大会がありました。ちょうど私の席が上手通路側で、輪を持ったお姉さんが横に来たので手を出したら渡してくれました。狙いを定めて投げたつもりですが、ちょっとはずしました。^^;

この日のお客さんはみんなはずしていましたが、入ると何かもらえるのでしょうか?謎が残りました・・・。

さて、そんなパフォーマンスも終わり、会場にマントを羽織った人が入ってきて、通路を挟んだ斜め後ろに座ったんです!これが夢の配達員のおじさんなんですが、前もこんな演出でしたっけ?2000年のビデオで確認したら、席には座っていませんでしたけど。

その席でマントを脱いで、私の目の前で歌い始めました。すっごくラッキー!^^

この日の配達人のおじさんは味方さんでした。実は厚生年金で初めて観た時も味方さんでしたが、その時に比べると雲泥の差です。(失礼!!)すっごく良かったです。なんか、劇場の支配人って感じでした。

配達人さんがステージに上がって、「私は夕べ、皆さんの枕元に夢を運んだんですよ」みたいなことを言うのですが、実は私の「夕べの夢」って、市村さんの夢だったんです~(笑)。市村さんがうちへ遊びに来た夢でした。そうか、配達人のおじさんが運んでくれたんだ!と思ってしまいました。そうえいば、市村さんも昔、配達人のおじさんでしたね。奇遇ですね(笑)。

Yumesame3_1 今回はキャスト表を見ても知らない名前の人が多く、ちょっと不安だったんです。今までの役者さん達が作り上げてきたイメージを損なわないように、自分のオリジナリティを出さなければいけないので、大変だと思います。特にピコは保坂さんのイメージが強いので。

でも、お芝居が始まってからは、そんな不安は何処かへ飛んで行ってしまいました。ピコ役は吉沢梨絵さん。保坂さん同様、とっても元気なピコでしたが、ただ一つ残念だったのがラストの歌。♪夢が~あ~あ~と高音で感動的に歌い上げるところの声が・・・。素敵なラストシーンなので、ビシッと決めて欲しかったです。それ以外はとっても良かったと思います。

あと、光枝さんが退団されて、デビル役も気になっていました。新しいデビルは川原洋一郎さんでした。勝手に比べてごめんなさいって感じですが、光枝さんのデビルの方が愛嬌があるかな・・・。きっとこれから川原さんのデビルを作っていかれるんだと思います。

夢から醒めた夢の中で、大好きなシーンは遊園地のシーンです。何か、シルク・ド・ソレイユとエレクトリカルパレードを混ぜ合わせたような感じで、自分も夢の中にいるような気持ちになります。

ちょっと今ひとつなのが霊界空港のシーンです。(私は少数派だと思います。^^;) ダンスも曲のアレンジも、古いバージョンの方が好きです。ここのシーンだけ切り取ってみると、ダンスは加藤さんの振り付けでとってもかっこいいのですが、何かここだけ作品の中で浮いちゃってるような気がします。

でも、「霊界空港」という、異質な空間を表していていいのかもしれませんね。

|

« 木更津キャッツアイ | Main | RENT 2006 来日公演 »

「ミュージカル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 木更津キャッツアイ | Main | RENT 2006 来日公演 »