« すっかり冷めた携帯熱 | Main | ああ、忘れてました »

エビータ(1/21マチネ観劇)

1月21日、劇団四季の「エビータ」を観てきました。名古屋公演は何と25年ぶりなんだそうです。25年前、大学生でしたが観ましたよ。中日劇場で。でも、あまりにも古い話なので、舞台のことはあまり覚えていません。^^;

当時、エビータはカネボウとタイアップして大々的に宣伝をしていましたので、私も名古屋公演を心待ちにしていました。特に、映画版ジーザスから四季版ジーザス、そこからミュージカルの世界にどっぷりと浸かってしまったので、ジーザスと同じティム・ライス作詞、アンドリュー・ロイド・ウェバー作曲と聞いただけで期待大。その上主演が大好きな久野綾希子さんだったのです。あの頃の四季は専用劇場も無かったので、東京初演とほぼ同じものが名古屋で観られました。それも割とすぐに。ある意味、いい時代でしたね(笑)。

さて、作品についてですが、マドンナの映画をご覧になった方も多いと思います。とてもきれいで、覚えやすい曲がそろっています。「共にいてアルゼンチーナ」はとても有名ですが、私はチェが歌うラテンバージョン「こいつはサーカス」の方が好きです。同じメロディでも、アレンジや歌詞の違いで全く別の曲のように聞こえますね。

ミストレスがエバに追い出されて歌う「スーツケースを抱いて」は男に捨てられた女の歌だし、チェが歌う「空を行く」もエバに対する皮肉たっぷりの歌ですが、どちらもとても爽やかなメロディなんです。パンフレットによると、曲が先で詞を後から付けたらしいのですが、面白いですね。

この作品、私はジーザスと少し似ているような気がします。あるカリスマ的な人物の半生を描いているし、ジーザスはユダの、エビータはチェの目線で物語が進行して行く、そして民衆のパワーといった共通点があるように思えます。特に、「ニュー・アルゼンチーナ」のシーン(実はこのシーンだけは結構覚えていたんですよ)はジーザスの「熱心党シモン」のシーンとすごく重なって見えたんです。ですから、ジーザスにどっぷりはまっていた私には、エビータは期待以上に満足できた作品だったのでした。

今回のキャストは、エビータが井上智恵さん、チェが芝清道さん、ペロンが佐野正幸さんでした。3人とも素晴らしい!!特に井上さんは気の強い女性が似合いますね。(←褒め言葉。)台詞がほとんど無いので歌が上手じゃないとだめなんですよね。歌が歌えるって当たり前のことなのかもしれないけど、色々な舞台を観てると結構・・・な場合もあるので、今回は安心して観る事ができました(笑)。

舞台の演出は大きく変わったようです。何しろ25年ですから。その間に大きく進化したみたいです。

まず、セットが全然違いました。今回は前3列をつぶしていたので、舞台がものすごく近いんです。特にエビータのスピーチのシーンでは、舞台の一番前に土台がせり出してから上昇したので、かなり見上げてしまいました。本当に、バルコニーの下から見上げている民衆の気持ちを実感できたのですが、ちょっと近過ぎた・・・。キャストより土台の方がよく見えました。^^;ステージが上がって行く機械の音も聞こえたし。贅沢な話ですよね。^^;;でも、知ってたらもう少し後ろの席を取ったと思います。

振り付けも、前回のは全く覚えていませんが、今回はいかにも加藤さんって感じになっていました。

ところであきさんの感想によると、「ニュー・アルゼンチーナ」で群衆が持っているプラカード、10年前は漢字で書かれていたそうなんです。私が観た25年前は確かにスペイン語で書かれていて、スペイン語専攻の友達に何て書いてあるのか聞いたことを覚えています。きっとスペイン語で意味がわからないと苦情が出て漢字にしてみたものの、「天安門広場みたい」(あきさん談)になってしまったので元に戻したんでしょうね。(勝手な推測です。^^;)

余談ですが、25年前のチェは当時新婚さん(だったはず)の市村さんでした。あの頃の市村さんって四季の中ではちょっとアイドルっぽくて苦手だったんです。^^; (今は大好きですよ!)

この話、かなり稀な体験なのでいろんな人に話してるんですけど、エビータ終演後、何と市村さんが客席にやって来て、まだぐずぐず残っていた客(我々を含む)に「今の舞台どうだった?」って聞いてきたんですよ。びっくり~。(@@) チェはエビータと同じ位重要な役なので、市村さんは大抜擢だったのかもしれませんよね。この作品に対する熱意が伝わってきて、とっても好感が持てたのを覚えています。

|

« すっかり冷めた携帯熱 | Main | ああ、忘れてました »

「ミュージカル」カテゴリの記事

Comments

市村さんが客席に。のどかだ。いい時代ですねえー。
そうそう、プラカード問題の真相は、まだ闇の中です(笑)。

Posted by: あき | January 31, 2007 at 08:20 PM

>あきさん
いい時代でしょう(笑)。
私は未体験ですが、昔の四季はいつも出演者の送り出しがあったとか・・・。ミーハーなので、そういうのは大歓迎です。

Posted by: きゃらめる | January 31, 2007 at 10:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« すっかり冷めた携帯熱 | Main | ああ、忘れてました »