« 知らなきゃ損だった? | Main | なばなの里のイルミネーション2007 »

マンマ・ミーア! 1/6マチネ@大阪四季劇場

いつまで待っても名古屋に来ないマンマ・ミーア!ますます遠くに行ってしまいそうなので、閉幕間近の大阪四季劇場へ観に行ってきました。

こけら落とし公演ということで、大阪四季劇場はとってもきれいです。ビルの7階にありますが、エレベーターを降りてから更にエスカレーターで上って行きます。(既存の建物を改装した新名古屋ミュージカル劇場とは違いますね・・・。^^;)

冬なのでコートを預かってくれるサービスがありましたが、ハンガーがいっぱいになってしまって、私たちの直前で打ち止め。残念~。

舞台は、まるで真四角のフレームの中の絵のようで、ライティングがとてもきれいでした。ギリシャの青い海と空、それにアンサンブルのポップな色使いの衣装が、暑い太陽の光を感じさせてくれます。

そして、ミュージカルナンバーは全てABBAのヒット曲で綴られています。私たちの世代はまさにABBA世代で、レコードを持っていなくても、町のあちこちから流れてくるABBAミュージックを聴いていたので、全ての曲が懐かしい。次はどんな曲が歌われるの?と、観ていてワクワクしていました。

私にとってもう一つ懐かしかったのは、「ドナ&ダイナモス」を演じる、3人の女優さんです。

ドナは久野綾希子さん。私が初めて観た四季の舞台でマグダラのマリアを演じ、最初にファンになった方です。以後退団されるまで、ずっと四季の看板女優として活躍されていました。

ターニャの前田美波里さん。27年前のコーラスラインでシーラを演じていらっしゃって、その時間近で拝見したのですが、あの時と美貌は変わらず・・・。お芝居の中でも若い男の子に惚れられていましたが、彼女なら納得です(笑)。

ロージーの青山弥生さん。ずっと四季の舞台に立ち続けていらっしゃいますが、小さな体なのにパワフル。美波里さんと並ぶと、そのデコボコぶりがおかしいです。

ずーっと長い間四季の舞台を観てきて、最近名前を知ってる人が少なくなってきたので、この3人が同じ舞台に立っているなんて本当に夢のようです。

ソフィ役の宮崎しょうこさんも、名前は聞いたことがなかったのですが、オバサマ3人組(失礼!)に負けず劣らず、とてもきれいな声で好演されていました。

女性陣に比べて、ちょっとパワーが足りないかなというのが男性陣。ソフィのパパかもしれない男性3人で、名前を知っていたのは味方さんだけ・・・。初演の時の顔ぶれと比べても物足りないかと・・・。ここが最近の四季のツライところですね。^^;

ストーリーは、ソフィのパパの可能性のある男性3人が、ソフィに招かれて彼女の結婚式前日に、ソフィママ(ドナ)の経営するホテルにやって来るというもので、一見ドロドロとしてそうですが、ABBAのさわやかなナンバーに乗せてさらっと進んで行きます。

カーテンコールはディスコティックでした。ミラーボールが輝いて、何故かペンライトを持ってる人も。(あれは何だったんだろう?)

名古屋には当分来そうにありませんが、来たら是非観て楽しんで欲しい作品です。

|

« 知らなきゃ損だった? | Main | なばなの里のイルミネーション2007 »

「ミュージカル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 知らなきゃ損だった? | Main | なばなの里のイルミネーション2007 »