« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

ああ、忘れてました

子供の進研ゼミのお金を振り込もうと郵便局のATMに行きました。通帳を使って振り込もうとしたのですが、手続きできずに戻ってきてしまいました。残高不足ではありません。

何事かと思い窓口へ行ってみたら、口座の本人確認が必要だと言われてしまいました。そういえば、今年からATMでの現金振込みが10万円までに制限されてしまったんです。自分の口座からなら大丈夫だと思っていましたが、郵便局では本人確認が必要とか・・・。口座を開いた時に確認してあると思いますが、古過ぎて時効になっちゃったんでしょうか?(笑)。

とにかく確認を済ませて無事にATMから振込み完了。だって、窓口よりATMの方が40円安いんだからそっちで振り込まないと・・・。^^;

でも、このニュースが出た時、うちは10万円以上の振込みなんてまずしないし、銀行振り込みもパソコンでやってしまうので関係ないと思っていました。今回は進研ゼミの支払いを1年分一括払いにしたんです。滅多に無いことなんですよね。

それにしても世の中がせっかく便利になっても、悪用されることを防ぐために利用者が不便を強いられるなんて、困った話ですよね。よくある話ですけど。

| | Comments (0)

エビータ(1/21マチネ観劇)

1月21日、劇団四季の「エビータ」を観てきました。名古屋公演は何と25年ぶりなんだそうです。25年前、大学生でしたが観ましたよ。中日劇場で。でも、あまりにも古い話なので、舞台のことはあまり覚えていません。^^;

当時、エビータはカネボウとタイアップして大々的に宣伝をしていましたので、私も名古屋公演を心待ちにしていました。特に、映画版ジーザスから四季版ジーザス、そこからミュージカルの世界にどっぷりと浸かってしまったので、ジーザスと同じティム・ライス作詞、アンドリュー・ロイド・ウェバー作曲と聞いただけで期待大。その上主演が大好きな久野綾希子さんだったのです。あの頃の四季は専用劇場も無かったので、東京初演とほぼ同じものが名古屋で観られました。それも割とすぐに。ある意味、いい時代でしたね(笑)。

さて、作品についてですが、マドンナの映画をご覧になった方も多いと思います。とてもきれいで、覚えやすい曲がそろっています。「共にいてアルゼンチーナ」はとても有名ですが、私はチェが歌うラテンバージョン「こいつはサーカス」の方が好きです。同じメロディでも、アレンジや歌詞の違いで全く別の曲のように聞こえますね。

ミストレスがエバに追い出されて歌う「スーツケースを抱いて」は男に捨てられた女の歌だし、チェが歌う「空を行く」もエバに対する皮肉たっぷりの歌ですが、どちらもとても爽やかなメロディなんです。パンフレットによると、曲が先で詞を後から付けたらしいのですが、面白いですね。

この作品、私はジーザスと少し似ているような気がします。あるカリスマ的な人物の半生を描いているし、ジーザスはユダの、エビータはチェの目線で物語が進行して行く、そして民衆のパワーといった共通点があるように思えます。特に、「ニュー・アルゼンチーナ」のシーン(実はこのシーンだけは結構覚えていたんですよ)はジーザスの「熱心党シモン」のシーンとすごく重なって見えたんです。ですから、ジーザスにどっぷりはまっていた私には、エビータは期待以上に満足できた作品だったのでした。

今回のキャストは、エビータが井上智恵さん、チェが芝清道さん、ペロンが佐野正幸さんでした。3人とも素晴らしい!!特に井上さんは気の強い女性が似合いますね。(←褒め言葉。)台詞がほとんど無いので歌が上手じゃないとだめなんですよね。歌が歌えるって当たり前のことなのかもしれないけど、色々な舞台を観てると結構・・・な場合もあるので、今回は安心して観る事ができました(笑)。

舞台の演出は大きく変わったようです。何しろ25年ですから。その間に大きく進化したみたいです。

まず、セットが全然違いました。今回は前3列をつぶしていたので、舞台がものすごく近いんです。特にエビータのスピーチのシーンでは、舞台の一番前に土台がせり出してから上昇したので、かなり見上げてしまいました。本当に、バルコニーの下から見上げている民衆の気持ちを実感できたのですが、ちょっと近過ぎた・・・。キャストより土台の方がよく見えました。^^;ステージが上がって行く機械の音も聞こえたし。贅沢な話ですよね。^^;;でも、知ってたらもう少し後ろの席を取ったと思います。

振り付けも、前回のは全く覚えていませんが、今回はいかにも加藤さんって感じになっていました。

ところであきさんの感想によると、「ニュー・アルゼンチーナ」で群衆が持っているプラカード、10年前は漢字で書かれていたそうなんです。私が観た25年前は確かにスペイン語で書かれていて、スペイン語専攻の友達に何て書いてあるのか聞いたことを覚えています。きっとスペイン語で意味がわからないと苦情が出て漢字にしてみたものの、「天安門広場みたい」(あきさん談)になってしまったので元に戻したんでしょうね。(勝手な推測です。^^;)

余談ですが、25年前のチェは当時新婚さん(だったはず)の市村さんでした。あの頃の市村さんって四季の中ではちょっとアイドルっぽくて苦手だったんです。^^; (今は大好きですよ!)

この話、かなり稀な体験なのでいろんな人に話してるんですけど、エビータ終演後、何と市村さんが客席にやって来て、まだぐずぐず残っていた客(我々を含む)に「今の舞台どうだった?」って聞いてきたんですよ。びっくり~。(@@) チェはエビータと同じ位重要な役なので、市村さんは大抜擢だったのかもしれませんよね。この作品に対する熱意が伝わってきて、とっても好感が持てたのを覚えています。

| | Comments (2)

すっかり冷めた携帯熱

ついこの前まで携帯~と大騒ぎをしていましたが、ちょっと冷めてしまいました。

ずっと欲しかったのはW43Hでしたが、弟が知らない間にこれに変えていて触らせてもらったんですけど、何かまあいいや~と思えてきてしまって。

そしたら近所のショップのチラシで「W43H機種変更7400円」というのがあったんです!2週間前なら、多分飛びついていたでしょう。ポイントを使えば5000円くらいになるし。でも、今回はやめました。^^;

タイミングを逃すとこうなるんですね。私はいつもこんな感じです。このまま一生今の携帯を使い続けるかもしれません。

| | Comments (0)

受験票をなくした!!!

昨日、家族そろって英検を受けました。(私は何と22年ぶり!!)

朝、テーブルの上を見ると、前日に置いたはずの受験票が見当たりません。(TT) マークシート用に子供から借りたご利益付きの鉛筆と一緒に置いておいたんです。鉛筆はあったんですけど、受験票が無いんです・・・。

ゴミ箱に落ちてないか、新聞の間に挟まってないか、知らないうちにカバンに入れてないか必死で探しましたがありません。前日にカバンに入れれば良かったのですが、まさかなくなるとは想定していなかったので、鉛筆を忘れないためにも一緒に置いたんです。本当は両方ともカバンに入れてしまえば良かったんですけど。

この日の為に、大した勉強はしてないけど、マークシートが読めないと困るので大急ぎでシニアグラスを作ったのに。^^; 無駄になってしまうのか!?

受験票をなくした場合の注意書きを子供に読んでもらったら、必要なものが3つありました。写真と身分証明と「この用紙」です。「この用紙」とは、私の場合受験票にくっついているので無いんですよ・・・。

でもダメ元で受験会場までは行こうと思い、大急ぎでスピード写真を撮って、ネットから申し込みの個人情報をプリントして出かけました。結果は・・・セーフ!!ちゃんと再発行してもらえました。^^

で、受験票なんですけど、会場へ向かうバスの中でずっと考えていました。前日の行動を。実は前の晩ちっとも寝付けなくて、夜中の2時頃、薬を飲みに下へ降りて行ったんです。その時に薬の説明書をテーブルに置き、そのまま受験票を一緒にしまってしまったんです。あ~、何てドジなんだろう。子供たちにはいつもうるさく言ってるくせにねえ。^^;

そんなわけで朝からケチがついてしまいました。受かるといいんだけど。

| | Comments (4)

チケットの取り方もいろいろ

私はよくお芝居のチケットを取りますが、大抵電話予約してから振込みをします。劇団四季だと四季の会に入っているので、ネットで予約して銀行から引き落としされます。予約→支払というのが普通だとずっと思っていました。

でも、ジャニーズって違うんですね~。まず振り込んでから抽選。はずれたら払い戻しされるんです。その上、チケット代に加えて手数料も払うんですね。当たった場合はチケットの送料、はずれても払い戻しの手数料として取られるんでしょうか?

先払いだと何公演もむやみに申し込めないから、きっと必要なシステムなんでしょうね。今まで縁の無い世界だったので、初めて知ってびっくりしました。

| | Comments (4)

ヘリコプターのわけ

昨日は朝からうちの近所をヘリコプターが飛びまわっていました。夕方仕事から帰ってくると、やっぱりヘリコプターが飛んでいました。何か大きな事件か事故があったのかな?それにしては救急車やパトカーのサイレンも聞こえないし・・・と不思議に思っていました。

ニュースを見ていたら、見たことのある風景が・・・。ああ、これだったのね。地下鉄談合事件のニュースで、工事現場の映像が流れたんです。

わずか数秒の映像でしたが、その為にヘリコプターまで飛ばして、現場の人も大変だなあと実感しました。

| | Comments (0)

大間違いでした^^;

昨日の記事で、多分変だと思われた方はいないと思いますが、大きな間違いをしてしまいました。

auのポイント、全部で5600ポイントです。もし9600ポイントもためてそれをほとんど使ってしまったとしたら、端末の値段が2万円くらいすることになってしまいます。そんな高い買い物は決して致しません。^^; 値段が下がるまで待ちますから。^^;;

ポイントで9000円値引き、楽天のポイントで500円くらい値引きできたので、実際には300円くらいしか払っていません。満足~。^^;

さて、そんなことをしているうちに、昨日auの春の新機種が発表されました。春だからか可愛い色が揃っていますね。目移りしてしまいますが、きっと、今回も買いそびれてしまいそうな私です。

| | Comments (0)

ネットで機種変更

セゾンカードのポイントをauのポイントに移行させたら機種変更をするという約束を娘としていましたが、この度めでたくポイントが移りました。全部で4000ポイント付いたので、手持ちのポイントは5600ポイントになりました。^^

娘の欲しい機種はW43Sの赤です。早速近所の携帯ショップに電話をかけ在庫を確認すると「全色完売です」と言われてしまいました。何だか嫌な予感が・・・。

そこで片っ端から携帯ショップや家電店に電話をかけたのですが、全滅。娘はもうその気になっているし、大体使い方が荒っぽいのか、1年くらいしかたっていないのに電池パックが瀕死状態なんです。

それでネットで探しましたよ。赤の在庫!3色の中では赤が一番不人気みたいで、他の色は残っていませんでした。個人情報のこととかちょっと心配でしたが、楽天で出店しているお店なので、まあ信用できるかと・・・。

それにしても、売り切れるの早過ぎませんか?秋冬モデルですよね。この機種が爆発的に売れたのか、元々生産量が少なかったのかは知りませんけど。

古い機種だと回線切り替えのために、商品が届いてからお店に電話をしないといけないようですが、娘のはICチップを使用しているので、チップを差し替えるだけで使えるようになるそうです。

ポイントをほぼ全部使ってしまったので、私の機種変更は更に延期となりました。(TT) 前から欲しかったW43Hにピンクが出たのにっ!

| | Comments (9)

なばなの里のイルミネーション2007

Nabana0705 去年に引き続き、今年もお正月になばなの里のウィンターイルミネーションを見に行きました。

去年は夕食の後雪の降る中を出かけたので、人がほとんどいなくて、写真を撮るのも寒くて寒くてとっても苦労しました。

Nabana0701 今年はお正月中ずっと暖かかったので、ゆっくり楽しめると思って夕食前に出かけました。ところが、イルミネーションのライトアップが午後5時、同じ時間に遊園地が閉まるので、多分大移動があったんだと思います。普段なら15分の道程なのに45分もかかるという大渋滞に巻き込まれてしまいました。(TT)

バスの運転手さんはホテルに連絡して夕食の時間を遅くしましょうと言って下さったのですが、前の方に乗っていたお客さんがそのままの時間でいいと言ったみたいで、滞在時間は予定より30分も少ない45分間だけ。なばなの里って結構広いんですよ・・・。

Nabana0702 それでも今年の目玉の光のトンネルがどうしても見たかったので、池の周りを競歩しました。道路も大渋滞でしたが園内も大混雑で、なかなか前へ進めなくて、人の間をすり抜け、途中で写真を撮りながら池の向こう側に辿り着きました。

光のトンネルはそこからまだ先にあるのですが、私と弟夫婦以外のメンバーは、光のトンネルのことを知らなかったのか見逃してしまったようです。

私達も頑張って歩いたので集合時間にはちゃんと間に合いましたが、途中で何度も携帯が鳴りました。うちは親戚中、短気なんです(笑)。

Nabana0704 光のトンネルは大々的に宣伝しているだけあって、とっても綺麗でした。でも、特に青色LEDのトンネルの中を通った後は、目が変な感じになります。トンネルの中もすごい人で、写真を撮ってると迷惑になりそうでした。

園内を競歩したおかげで、翌日は筋肉痛に・・・。^^; 来年はもっとゆっくり見たいです。

Nabana0703 さて、写真を何枚かアップしましたが、夜景の撮影はやっぱり難しいですね。去年は風が強くて手ぶれしまくりでしたが、今年はそんなに風は吹いてなくても手ぶれしています。^^;

去年と同じ場所の写真もありますが、人の数が違いますね~。去年は本当に閑散としていましたから。

| | Comments (0)

マンマ・ミーア! 1/6マチネ@大阪四季劇場

いつまで待っても名古屋に来ないマンマ・ミーア!ますます遠くに行ってしまいそうなので、閉幕間近の大阪四季劇場へ観に行ってきました。

こけら落とし公演ということで、大阪四季劇場はとってもきれいです。ビルの7階にありますが、エレベーターを降りてから更にエスカレーターで上って行きます。(既存の建物を改装した新名古屋ミュージカル劇場とは違いますね・・・。^^;)

冬なのでコートを預かってくれるサービスがありましたが、ハンガーがいっぱいになってしまって、私たちの直前で打ち止め。残念~。

舞台は、まるで真四角のフレームの中の絵のようで、ライティングがとてもきれいでした。ギリシャの青い海と空、それにアンサンブルのポップな色使いの衣装が、暑い太陽の光を感じさせてくれます。

そして、ミュージカルナンバーは全てABBAのヒット曲で綴られています。私たちの世代はまさにABBA世代で、レコードを持っていなくても、町のあちこちから流れてくるABBAミュージックを聴いていたので、全ての曲が懐かしい。次はどんな曲が歌われるの?と、観ていてワクワクしていました。

私にとってもう一つ懐かしかったのは、「ドナ&ダイナモス」を演じる、3人の女優さんです。

ドナは久野綾希子さん。私が初めて観た四季の舞台でマグダラのマリアを演じ、最初にファンになった方です。以後退団されるまで、ずっと四季の看板女優として活躍されていました。

ターニャの前田美波里さん。27年前のコーラスラインでシーラを演じていらっしゃって、その時間近で拝見したのですが、あの時と美貌は変わらず・・・。お芝居の中でも若い男の子に惚れられていましたが、彼女なら納得です(笑)。

ロージーの青山弥生さん。ずっと四季の舞台に立ち続けていらっしゃいますが、小さな体なのにパワフル。美波里さんと並ぶと、そのデコボコぶりがおかしいです。

ずーっと長い間四季の舞台を観てきて、最近名前を知ってる人が少なくなってきたので、この3人が同じ舞台に立っているなんて本当に夢のようです。

ソフィ役の宮崎しょうこさんも、名前は聞いたことがなかったのですが、オバサマ3人組(失礼!)に負けず劣らず、とてもきれいな声で好演されていました。

女性陣に比べて、ちょっとパワーが足りないかなというのが男性陣。ソフィのパパかもしれない男性3人で、名前を知っていたのは味方さんだけ・・・。初演の時の顔ぶれと比べても物足りないかと・・・。ここが最近の四季のツライところですね。^^;

ストーリーは、ソフィのパパの可能性のある男性3人が、ソフィに招かれて彼女の結婚式前日に、ソフィママ(ドナ)の経営するホテルにやって来るというもので、一見ドロドロとしてそうですが、ABBAのさわやかなナンバーに乗せてさらっと進んで行きます。

カーテンコールはディスコティックでした。ミラーボールが輝いて、何故かペンライトを持ってる人も。(あれは何だったんだろう?)

名古屋には当分来そうにありませんが、来たら是非観て楽しんで欲しい作品です。

| | Comments (0)

知らなきゃ損だった?

昨日のお話。

ピザを注文しようと電話をすると、テイクアウトは3時間待ち、デリバリーなら1時間待ちと言われました。1時間半後くらいがちょうど良い時間だったので、何故テイクアウトだとそんなに時間がかかるのか不思議に思いながらも、デリバリーを頼みました。本当はいつもテイクアウトなんだけど。

1時間半後、ピザを持ってきてくれたお兄さんに、「今日は混んでいるんですね」と言うと、「テイクアウト半額の日ですから」。そういえば、チラシの片隅に書いてあったのを思い出しました。8、9、10日は「ハットの日」で、テイクアウト半額だって。

知ってしまって、何だかとっても損した気分です。^^;

| | Comments (4)

« December 2006 | Main | February 2007 »