« March 2007 | Main | May 2007 »

April 2007

「双頭の鷲」(4/26マチネ)観劇

「双頭の鷲」を観てきました。一度三輪さんを見てみたくて。何か今年はハプスブルク家関連の観劇が多いです(マリー・アントワネットエリザベート)。

この作品は珍しく3部構成です。台詞が長いので、観ている方にとっても休憩が2回あると楽でした(それでも時々意識が・・・^^;)。

第3幕の見せ場は、何と言ってもラストの階段落ち。階段落ちと言うと私は「蒲田行進曲」を思い出してしまいますが、「双頭の鷲」ではあんな風にゴロゴロとは落ちません。でも、みんな一瞬息を呑むのがわかりました。役者さんが怪我をしないか、緊張しますよね。

それにしても、三輪さんてすごい人気なんですね。驚きました。平日マチネだというのに、若いお客さんがすごく多かったです。女性が多かったのですが、若い男性の姿も。

カーテンコールではいきなりスタンディングオベーション。後方の男性は何度も「ブラボー!!」と叫んでいました。ストレートプレイだし、暗いお話なんですが、みんな三輪さんの迫力ある演技に圧倒されてしまったという感じです。

三輪さん、確かに美しいです。相手役の木村彰吾さんがとても若々しいので、ちょっとキツイなと思うときもありましたが、身のこなし、立ち振る舞いなんかものすごくきれいでした。

そして、カーテンコールって普通皆さん素に戻ることが多いと思いますが、緞帳が下りるまで、一瞬も気を抜かないで舞台に立っていらっしゃいました。いや、あれが三輪さんにとっては素なのかも(笑)。

三輪さんが現在おいくつかよく知りませんが、お元気なうちに舞台を観ておきたかったのです。あと早く観ておかないと・・・と思っているのは、森光子の「放浪記」と「北島三郎大いに唄う」かな?(笑)

| | Comments (4)

買ったばかりなのに・・・(TT)

昨日、会社に息子から電話がかかってきました。何事かと思ったら、メガネが壊れたんだって。またかよ・・・。

小学生のとき、買って半年くらいで、体育の時間にボールが当たったか何かで壊しましたが、今回は記録更新!!買ってから、まだひと月たっていません。(TT)

聞くところによると、体育の着替えをしていてメガネを机の上に置いたところ、友達がぶつかってメガネが落ち、それを踏んでしまったそうです。何と哀れな・・・。

幸い、メガネ屋さんに同じフレームの在庫があったので、保険を使ってフレーム代半額で直してもらいました。

ついでに度付ゴーグルも購入したんだけど、これも去年旅行先でなくすし、すごくメガネ屋さんに貢献してると思います。^^;

| | Comments (0)

「ドイツ語会話」でエリザベート

NHK教育の「ドイツ語会話」で、来日中の「エリザベート」の紹介があると聞いていたのに、見逃してしまいました。(><)

でも、大丈夫。明日の朝6:00から再放送があります。ほっ。 今度は録画予約したので見逃す心配はありません。内容についてはわかりませんが、楽しみです。

| | Comments (0)

SR-G10000の報告少しだけ・・・

以前購入したセイコーの電子辞書SR-G10000をやっと本格的に使い始めたので、その使い勝手を少しだけですが報告します。まだ全然使いこなせていないので、大したことは書けませんが・・・。

この4月から、私自身の英語のクラスが、今までのリスニング中心のクラスから、日本語を英語に訳すクラスに変わりました。そのため、研究社の「和英大辞典」が大活躍しています。

ニュースに出てくるような、日本語でも難しいかなと思うような単語でも載っているので驚きました。

英和はジーニアス大、研究社大、リーダーズとリーダーズプラスが入っていて、「一括検索」で全ての辞書を見られるのでとても便利です。今まで使っていた電子辞書にはリーダーズしか入っていなかったので大満足です。

さらに、活用辞典というのが入っていますが、例文がたくさん載っているので、和文英訳にはとても重宝しています。

そして何よりこの機種で優れているのは画面の見やすさです。この年になると、紙の辞書なんて何が書いてあるのか読めないし、前の機種も液晶がとても見辛くて、辞書を引くのがとてもおっくうだったんです。

でも、SR-G10000はクッキリハッキリとても読みやすくて賢いので、辞書を使うのが楽しくなります。^^

一つ不満を言うと、最近ソフトウェアのバージョンアップのサービスが始まったらしいのですが、送料個人負担で送らなければいけないみたいなんです。販売店を通してやってくれなのかしら?面倒だし、ケチなのでお金を払って送るなんて・・・。

私の持っているのも該当製品だったので、ちょっと悔しいです。

| | Comments (0)

クマンバチ

藤の花が咲くと、我が家にクマンバチがやってきます。クマンバチを見かけて、藤の花が咲いたことに気が付きます。

でも、クマンバチのあの巨体と羽音、かなり恐怖です。家族で今まで刺された人はいませんが、もし刺されたら・・・と思うとゾッとします。せっかくきれいに咲いてる藤の花も、怖くて観賞するどころではありません。

我が家にハチの巣があるわけではないので、藤の花が終わると、クマンバチも自然とどこかへ行ってしまいます。

ところで、今電気屋さんが家に来ていて、BSアンテナを取り替える予定なのですが、アンテナの位置が藤棚の上辺りなんです。アンテナ取り替えが命がけの仕事にならなければいいんですけど・・・。^^;

| | Comments (3)

名古屋観光PRムービー

名古屋観光PRムービーとかいうものがネットで配信されてます。監督が名古屋出身の堤幸彦さんなので、どんなもんかと見てみました。

名古屋のPRなので、万遍なく名古屋を紹介してるかな?もう少し面白くてもいいのかな?そういえば小倉トーストって食べたことないです。高校時代、I先生がお昼に学校近くの喫茶店で食べていたことは知っています。^^;

登場する北条君て、知らないです。結構かわいいけど、玉さまだったらもっと素敵。^^;

| | Comments (14)

浦島太郎状態

引越し前にもらっていた薬が切れてしまったので、紹介状を持って近くの病院へ行きました。ここは以前通っていた所で、何と15年ぶりだというのにIDが残っていて驚きました。

でも、システムは15年前とはがらっと変わっていて、かなりとまどいました。

まず、以前はあった「中待ち合い」がありません。引越し前の近所のクリニックでは、未だに中待ち合いにカーテンの仕切りという所も少なくないのです。ここも15年前はそうでした。カーテン越しに話が聞かれているかと思うといい気持ちはしなかったんですけど、個室に鍵まで付いていて驚きました。

それからカルテが電子化されていました。引越し前に通っていたクリニックは、先生方みんな手書きでした。そして、そのPC上で次回の予約まで入れられたのには驚きました。

更に、会計が窓口以外に精算機でできるようになっていて、クレジットカードまで使えたんです!!15年前は、当然窓口の人がそろばんで計算してくれましたよ。

そして、会計を済ませた後、薬をもらいに行くのですが、受け渡し口に行ったらもう薬が用意されていてビックリ~!!以前はここで処方箋を渡して、混んでると30分位平気で待たされたものです。

昔は医者に通うのに半日は覚悟して通っていましたが、これならあっという間に帰れそうです。ITってすごい~と感心してしまいました。

| | Comments (0)

結構揺れました

昨日、三重県を震源地に起こった地震。名古屋も結構揺れたので怖かったです。

震度3なので揺れ自体はそんなに大きくありませんが、揺れている時間が長く感じられました。家には娘と私しかいなかったのですが、彼女の部屋をのぞいてみたら机の下にもぐっていました。

でも、ニュースで見ましたが、落ちてきた天井で怪我をされた方がいたみたいなので、やはり机の下にもぐるのは正解だと思いました。

あれ程ハッキリわかる地震だったのに、松坂屋にいた両親は全然気が付かなかったそうです。頑丈にできているのかもしれませんね(笑)。

| | Comments (0)

スポーツクラブに入りました

今月から、念願のジム通いを始めました。体型と体重が限界なんですぅぅぅ!!!

母が行ってるところが紹介キャンペーンをやっていて、入学金タダ、月謝半額、手数料25円だったんです。

とりあえず、デイ会員になりました。午前中は行けないけど、仕事の帰りに寄れるし、土日も利用できるので何とか通えそうです。

初日はマシンの使い方を教えてもらい、そのあとエクササイズ系のレッスンに参加しました。

金曜日は会社の帰りに、昨日は午前中ジムに行きました。まだマシンの使い方を半分しか教えてもらっていないので、できるトレーニングが限られています。それに、教えてもらったばかりなのにもう使い方がわからなくなってしまって・・・。^^;

プールにも入りたいけど時間がかかりそうなので、とりあえずはジムとスタジオでシェイプアップです。

| | Comments (0)

エリザベート(4/5マチネ)観劇

Elisa 大阪まで「エリザベート」ウィーンオリジナルバージョンを観に行ってきました。行って良かった~。ウィーンまではとても行けませんが、名古屋から比較的近い大阪で、引越し公演が観られたのですから!しかも、セットが入らないという理由で、東京公演はコンサート形式になってしまったそうです。

私が1番驚いたのは、トート閣下が「人間」に見えたことです(笑)。宝塚版も東宝版も、トート閣下は銀髪にあのメイクで人間離れしていますが、ウィーン版はそんな奇抜なメイクが一切無く、髪も多分地毛。トート閣下が民衆に紛れたりドクターに扮するシーンを見るたび、「バレバレよ~」と思っていましたが、ウィーン版ではその心配は無さそうです。^^;

歌はみなさん、とってもお上手です。ウィーンからいらっしゃったので、オペラ調の歌い方かと思いきや、全然違いました。エリザベートのマヤさんはポップス系、トートのマテさんはロック系。マヤさんの声、好きです。特に「私だけに」のハイトーンは楽々、楽勝!って感じで素晴らしかったです。

それにしても、同じ作品なのに演出でここまで違っていることに驚きました。トートのメイクもそうですが、日本版(小池版)ではとっても目立っていたトートダンサーズがほとんど目立ちません。

ルドルフが死んだ時も、トートにすがろうとするエリザベートを、「お前なんかあっち行け!」とまでは言わないものの、結構きつく突き放すのですが、日本版ではあそこまで邪険に扱っていなかったような・・・。

日本版の方が少し上演時間が長いようですが、その分わかりやすいような気がします。

例えばルドルフがどうしてあんなに悩んでいたか、ルドルフが逮捕されるまでが描かれていないのでよくわからないし(出番も少なく残念!)、「愛と死の輪舞」があるのと無いのとでは、トートの気持ちの伝わり方も違ってくるような気がします。

逆に「歌詞」ではなく「翻訳」なので意味がはっきり伝わる所もありました。例えばフランツが病気を拾ってしまったところなど、クドイくらい何回も説明があったり(笑)。

噂のセットも豪華でした。見ましたよ、噂のナイフ。手すりのロープがプロレスのロープみたいで、トートが上手く体を弾ませていました。

特に好きなのは額縁の中にエリザベートが登場するシーンで、本当のエリザベートの肖像画にそっくりで美しかったです。うっとり~。

今回、会場で絶対DVDを買おうと思っていたのですが、何とサイン会の特典付きでした!マヤさん、マテさん、ルドルフ役のルカスさんが参加して下さって、一人ひとりとお話もできたのです。感激!!実は一番気になっていたのがルキーニ役のブルーノさんだったのですが、そんな贅沢は言いません(笑)。もう、とっても幸せな気分でした。

サイン会に出たので帰りの時間が予定より遅くなってしまいました。それで予約してあった新幹線の時間を変更しようとしたら・・・できないのです!何と時間を間違えていて、私の乗る列車は、もう出発した後でした。仕方がないので自由席で帰りました。^^; 

| | Comments (4)

陽春花形歌舞伎(4/3夜の部)観劇

御園座に歌舞伎を観に行きました。久々に「襲名披露」無しです(このところ、続いていましたから)。

出し物は「盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)」と「芋掘長者」です。

「盟三五大切」は、三幕にも渡る長いお芝居で、凄惨なシーンが多く、イヤホンガイドでは「映画ならR指定」と解説されていました。女がらみでお金を騙し取られ、復讐の鬼となった源吾兵衛(三津五郎)が次々と人殺しをするんです。4月になってなんとなくウキウキする季節なのに、こういう出し物はちょっと・・・。私はあまり好きではありません。

でも、そんな残酷なシーンでさえ、歌舞伎の様式美がとても綺麗なんです。特に小万(菊之助)が斬られるところはスローモーションのようで、エビゾリ(最近ではイナバウアーとも言う?)なんて息を呑む美しさでした。

話としては複雑な人間関係がだんだんわかってきて、最後にあっと驚くような結末で面白いのですが、悲惨過ぎます。

「芋掘長者」は踊りが中心で、陽気で楽しい。婿選びに舞を競わせて、一番上手い者を婿にするという話ですから(笑)。菊之助さんの緑御前が本当に美しく、暗~くなりかけていた気分が明るくなりました。

| | Comments (0)

せっかく洗車したのに・・・(TT)

先週の金曜日、久しぶりに洗車しました。引越してからガレージが外になってしまったので、車が汚れやすいのです。

ところが、せっかくピカピカになったのに、今朝乗ろうとしたら車が黄色くなっていました。雨と黄砂でまっきっきぃ。(TT)

「黄砂予報」てのがあったと思うけど、金曜日には気が付かなかったのか出ていなかったのか・・・。悲しい・・・。(TT)

| | Comments (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »