« April 2007 | Main | June 2007 »

May 2007

松平健特別公演(5/28昼の部)観劇

楽しかった~。^^ 昨日の感動の大千秋楽からたった1日で頭を切り替えてしまうのがもったいなかったけど、すごく楽しめました。

1部、2部は「ミュージカル暴れん坊将軍!」。正式タイトルは「暴れん坊将軍スペシャル~唄って踊って八百八町!~」です。^^;

どしょっぱつからド派手な立ち回りとショータイム!お目当てのマジさんも大活躍で、途中ワンマンショーもありました。^^ やっぱりマジさんは立ち姿も踊ってる姿も、手足の先まで神経が行き届いていて素敵でした。ハンナお姉さま(ラ・カージュ・オ・フォール)以来の生マジさんでしたが、いっぱい見ることができて嬉しかったです。

3部は一番お目当ての「唄う絵草紙」。この中で、日本国民知らない人は誰もいないくらい有名になってしまった「マツケンサンバII&III」が登場します。

この「マツケンサンバII」ですが、ヒットしたのが2004年だったそうです。でも、一部ミュージカルファンの間ではその何年か前から評判になってまして、私もまだ観たことのないマツケンサンバって一体どんな風なのか、マツケン経験者にリサーチしたことがあります(笑)。今日、長年の夢だったマツケンサンバを生で観られて大満足でした!

3部は衣装も踊りもゴージャス!キンキンキラキラで眩かったです。そして客席でも光るサンバ棒を持っている方もいらっしゃって、舞台のこっち側もチカチカしていました。

日常を忘れ、楽しい観劇生活が続いていましたが、明日からまた現実に戻ります(笑)。次の観劇は6月10日。今度はアイーダです。

| | Comments (0)

本日の中日スポーツより

今日の中日スポーツに、「ジキル&ハイド」大千秋楽の記事が大きく載っていました。それによると、完全に封印されるわけではないように読み取れますね。鹿賀さんがまた同じような素晴らしい演技を見せてくれるなら、是非やって欲しいです。

もう一つ、「ジキル&ハイド」と同じワイルドホーン作曲で新作ミュージカル「シラノ・ド・ベルジュラック」の主演も決まったそうです。この作品は来年ロンドンで初演だそうで、日本版の日程は未定だとか・・・。

舞台挨拶の「次に向かっていい芝居を創りたい」というのは、この新作のことだったのかもしれませんね。楽しみです。^^

| | Comments (0)

鹿賀さんファイナル!「ジキル&ハイド」大千秋楽(5/27マチネ)観劇

観てきました。「ジキル&ハイド」の大千秋楽。これでファイナル。本当におしまい。今はまだ余韻に浸っています。

「ジキル&ハイド」は、2001年の初演時には名古屋公演がありましたが、その後は名古屋に来てくれなかったんですよね。今回やっと来てくれたかと思ったら、何とファイナル・・・。正直、もっと観たかったです。今後は手持ちのCDとビデオ(日本版と演出が全然違います!)でガマンするしかなさそうです。しばらくは、鹿賀さんバージョンを聴き続けると思います。今も毎日聴いています(笑)。

大千秋楽は、開演前から少し様子が違っていました。いつもより早い開場だったし、会場全体に何か熱気を感じました。

カーテンコールはいきなりスタンディングオベーション。多分、全員が立っていたのではと思います。出演者1人1人に感謝の気持ちを込めていっぱい拍手をしたら、手が痛くなってしまいました。

そして誰よりも大きな拍手で迎えられたのは、もちろん鹿賀さん。あれ程難しい役を、よくぞここまで演じ切ったと思います。

舞台挨拶からは、鹿賀さんがこの役を演じるに当たり、相当なご苦労があったのだなと感じさせられました。そして、素晴らしい仲間と一緒に作品を創ることができたことに感謝されていました。

私も、この作品に関わられた全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。うるうる・・・・。

今日、あの場所にいられて、本当に幸せでした。鹿賀さんの熱演、この目にしっかり焼き付けてきました。今後、もし別のキャストで上演されることがあるとしても、今回のカンパニー以上のものができるのかどうかわかりません。少なくとも、ジキル&ハイドは鹿賀さん以外にできる人がいるのか、今のところは思いつきません。素晴らしい作品だけに、是非、鹿賀さんを超える人が現れてくれるといいのに、と思います。

いつまでも、今日の余韻に浸っていたいのですが、実は明日はマツケン観劇。^^; これはこれで楽しみなんですが、欲を言えばもう少し後だったら良かったのに・・・。頂いたチケットなので、そんな贅沢言ったらバチが当たりますね。^^;;

| | Comments (0)

ジキル&ハイド(5/20マチネ)観劇

面白かったです!!2001年名古屋公演以来、2度目の観劇です。前回は初演ということもあり、鹿賀さんも試行錯誤中かな?といった印象でしたが、ファイナルを目前に、完成されたジキル&ハイドでした。

特にジキルからハイドに変身するところは凄いです。同じ人に見えません。よく、変身してもバレバレってことがありますが、あれなら決してバレません(笑)。メイクが変わるわけではないので、声色と表情だけで全く別人になってしまう鹿賀さんの演技力、素晴らしいです!

以前息子にCDを聞かせたことがありますが(「対決」だったと思います)、1人で歌っていることを教えたらびっくりしていました。

このシーン、青いライトがジキルで赤いライトがハイドだと思っていたら、そうでもないんですね。少しずれてました。初めて観る人には、赤青はっきりしてたらわかりやすいかもしれませんね。

他の出演者についても少し・・・。

香寿たつきさん。すごく良かったです。前回のマルシアが素晴らしかっただけに、最初は「えぇ~マルシアじゃないの?」と思っていました。ごめんなさい。宝塚出身とは思えないくらい(失礼!!!)歌がお上手で、男役出身とは思えないくらい可愛らしい。かっこよさの中に可愛らしさも兼ね備えているといった感じでした。

鈴木蘭々ちゃん。前回のあゆみお姉さんがあまり目立たなかったのでどうかな~と思っていましたが、なかなかの好演でした。でも、エマってこういう役柄なんでしょうか?感情をあまり表に出さないので、熱~~いジキルとのギャップが・・・。最後のシーンもとても冷静だったので、きっとこういう人物なんでしょうね。>エマ。

戸井勝海さん。素敵です~。^^ ジキルの良き理解者、友人、ちょっと女好き?鹿賀さんと並んで、とっても絵になるお二人ですね。

アンサンブル。良かったです。1幕、2幕とも、最初の方にアンサンブルの聞かせどころとなる歌が入っていて(「嘘の仮面」、「事件、事件」)、またこれがすごくいい曲で、作品を出だしからぐっと盛り上げてくれています。

ジキル&ハイドは割と馴染みやすい名曲が揃っているし、今回どの方も歌がお上手だったし、本当に見ごたえのある舞台でした。

ただ一つ気になることがありました。鹿賀さん、台詞の滑舌が今回あまりよくないんです。音が、一つ二つくっついて滑ってしまうといった感じで・・・。お疲れなのでしょうか。心配です。

もうすぐ本当にファイナル。名古屋が最後だなんて知らなかったのですが、千秋楽のチケットが手元にあるんですよ~。しっかり見納めしてきます。

| | Comments (0)

ついに消えました

プロバイダー解約後もしばらくの間、以前のHPが残っていましたが、とうとう消えてしまいました。何だかちょっと寂しいです。

実は私自身、このブログのURLを覚えていなくて、いつもHPのトップページから入っていたのですが、それができなくなってしまいました。^^;

私以外にもそうしていた方がいらっしゃると思いますが、お気に入りの変更をお願いします。

| | Comments (0)

映画「バベル」観ました

日曜日に「バベル」を観てきました。ミッドランドスクエアで。革張りの椅子が居心地良かったです(笑)。

映画はそれなりに面白く、途中意識を失うこともなく、最後まで楽しめました。でも、理解力の無い私。いろいろわからないところがありました。

ストーリーは、アメリカ&メキシコ、モロッコ、日本を舞台に3つのお話が同時進行します。アメリカとモロッコの話は、同じ家族の話なので大いに関係がありますが、日本の話がいま一つ関係がわかりません。確かにちょっとだけ関係があるのですが、あまり必然性が無いように思えるのです。

日本の話は、アカデミー賞でノミネートされた菊池凛子のことが描かれていますが、どうも凛子の行動がよくわからないのです。何故、あの刑事さんに対してあんな事を言ったのか、あんな行動を取ったのか、刑事さんに渡したメモには何が書いてあったのか・・・。この部分が理解できないので映画が終わっても???状態でした。

凛子の父親の役所広司についてもよくわからない。妻の死の理由もわからないし。だから日本の話は必要だったのかな?と思ってしまうのです。

でも、日本人としては日本の話が入っていることによって、この映画に対する興味が俄然わいてくると思います。ここはどこかな~とか(ほとんど東京なのでよくわからないけど^^;)、誰か出てないかな~とか(有名な人はあまり出てませんでした^^;)、結構面白かったです。

映画の中で、撃たれたブラピ妻(ケイト・ブランシェット)や悪意が無いのに銃を撃ってしまった少年達など、みんな気の毒なんだけど、ブラピ家でお手伝いをしていたアメリアおばさんが私にはとっても可愛そうに思えました。

だって、子供たちをあんなに可愛がっていたのに、最終的には悪者扱いされて全てを失くしてしまって。とても人柄の良いおばさんだけに気の毒で気の毒で。あの後、アメリアおばさんに平和な生活が訪れますように・・・。

話はそれますが、私がホームステイした家庭にもメキシコ人のお手伝いさんがいました。アメリアおばさんみたいに英語は話せませんでしたが、同じように家事室みたいなところにベッドが置いてあって、週末には自分の家に帰っていたみたいです。映画を観てちょっと懐かしく思い出してしまいました。

| | Comments (2)

名古屋のタクシーが禁煙に

今日から名古屋のタクシーが禁煙になったそうです。政令指定都市では初めてのことらしく、朝から何度もこの話題を耳にしました。

嫌煙派の私としてはとっても嬉しいです。たとえ、同じ車内に煙草を吸っている人がいなくても、車に染み付いたニオイだけで気分が悪くなってしまうので。

明日早速タクシーを使いますが、ニオイがしなければいいんだけど。

| | Comments (0)

気づかないよ・・・

引越してから、家から割りと近くの三越星ヶ丘店によく行きます。一応デパートなのに、スーパー感覚で普段着のユニクロで行っちゃいます。^^;

先日、久しぶりに娘と行ったので、普段は気後れして入れないティファニーをのぞいてみることにしました。

入り口がガラス張りになって、「あら、改装したのね~」と思いました。ショーウィンドウには「広告掲載品」の3粒のダイヤのペンダントが、何と値下げ!?

お店に入ってショーケースを見てみると、他にも「広告掲載品」が並んでいました。ティファニーでも母の日セールで値下げするんだ~とびっくりして、お店の人に「値下げなんて珍しいですね」と言うと、「ここ、ティファニーじゃなくなったのよ」と言うじゃありませんか。えぇ~!!びっくり!!!

でも、ダイヤが3粒も付いたティファニーのペンダントが10万円で買えるなんて、気付かない私もバカですね~。^^; 

さて、明日から旅行に行きますのでしばらく留守になります。

| | Comments (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »