« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

セミがうるさくて眠れません!

今、夜中の0時30分近くなんですけど、部屋のすぐ外でセミが鳴き出して、うるさくて寝付けません!(><)

セミって夜も鳴くんですか?あの声聞くだけで暑さ倍増。イラッとします。

ああ、うるさい!早く鳴きやんでおくれ〜(涙)。

| | Comments (4)

スパイキッズ 1~3

Photo アントニオ・バンデラス主演(と言っていいのかどうか^^;)の「スパイキッズ」1~3を見ました。エンドロールの出演者にはバンデラスの名前が最初に出てくるんですけど、実際の出番はシリーズが新しくなるにつれ少なくなってます。3の出番なんてほんのちょっとなんです。だからバンデラスが見たい人には1だけで十分かも(笑)。

1はなかなか面白いと思います。敵のスパイ同士だった男女が結婚し、長く引退生活をしていたのにスパイとして復帰。子供たちにも身分がバレてしまい、事件に巻き込まれていくというお話。ドラえもんの道具のようなスパイグッズが楽しいです。

1の中では二人の結婚式のシーンが印象的。命がけで結婚式やってます(笑)。エージェント・バンデラスもかっこいいし。^^

2は子供たちが「スパイキッズ」として正式にミッションに参加するお話。バンデラスの出番は1よりかなり少ないです。

3は子供たちがゲームの中に入り込んでゲームをクリアしていくというお話ですが、映画館では3Dメガネをもらって見ていたようです。そういえば、うちの息子が見に行ったので、我が家にもそのメガネが長いこと置いてありました。バンデラスはほんのちょっとしか出てきません。

結局、主演はバンデラスではなく子供たちで、ファミリーで楽しめる作品です。個人的な好みでは、やっぱり1がオススメです(笑)。

| | Comments (0)

レッスン!

Lesson アントニオ・バンデラスが、落ちこぼれの高校生達に社交ダンスを通して相手に敬意を払うことを教え立ち直らせるという熱血先生を演じている「レッスン!」(←注意!音出ます)。「スクールウォーズ」の社交ダンス版、今なら「ルーキーズ」といったところでしょうか。どっちも見てませんが。^^;

実話を元にしたお話だそうです。実話の方は小学校が舞台なんだとか。

ある晩、ダンススクールの校長ピエール(バンデラス)が街で車を壊している少年に出会います。その車が少年の学校の校長の車だと知り、次の日には学校の居残りクラスの生徒達に社交ダンスを教えるボランティアがしたいと志願するんです。でも、それだけで自らボランティア志願するするには、ちょっと動機がわかりにくいような気がしました。

生徒達は最初、「社交ダンスなんてダサイ」と言ってましたが、バンデラスが生徒達の前で踊った、とってもセクシーなタンゴにすっかりシビレてその気になってしまいます。そのシーンのかっこいいこと!!このシーンだけ繰り返して見たいですね(笑)。

ところで、実は私、学生時代に2年間、文化センターで社交ダンスを習ってたんですけど、タンゴって男女の体の密着度が一番高く、男性の足がズズズッと入ってくるので、踊っていて結構恥ずかしかったのを覚えています(笑)。

バンデラスみたいにかっこいい人はいなくて、みんなオジサンでしたけど。^^;

| | Comments (2)

生まれて初めてのアクアビクス

スポーツクラブに入ってから1年以上たち、去年の夏にはアクアビクス用の水着も買ったというのに、今日初めてプールに入ってきました。そして初めてアクアビクスのレッスンに参加しました。

45分のレッスンでしたが、終わった時には足の筋肉が痛くて痛くて・・・。

それに驚いたことには、アクアビクスってすごく汗をかくんですね。体は水の中なのでわからないのですが、顔に汗をかいているのがよくわかりました。

エアロビみたいに難しいステップがないので、初心者の私でも大体ついて行くことができました。運動量も多いし、暑い季節なので、これからもレッスンに参加したいなと思いました。

| | Comments (0)

チケット取りに振りまわされた1ヶ月

先月の今頃、娘から某アーティストのコンサートチケットを取るのを手伝って欲しいと言われました。

チケットの先行予約(抽選)のためには携帯の有料サイトに登録しないといけません。私は会員ではなかったので新規登録しました。それから私の友達で2人会員がいたので、チケット取りに協力してもらうことにしました。

土日分と平日分とそれぞれ第5希望まで申し込みができました。娘も友達に頼んでいたみたいですが、全員玉砕。なんだか、そんなに人気あったの?って感想でした。

で、一般発売の日、私は朝から携帯と家電2台を駆使して(笑)、電話をかけ続けました。午後からお芝居があるというのに、朝の10時から1時間半もの間、電話機を両手に頑張りましたが、やっとつながった時には完売。後で娘に聞いたら、1時間でギブアップしたとか・・・。私の方が根性あるし。

それでヤフオクはどうかなと、昨日入札に参加してみました。元々オークションは1回しかやったことがないので、自動入札や自動更新のしくみがよくわからず、どんどん値段が上がっていくので諦めました。

そして今朝、ぴあのキャンセル分が出るというので、また10時から電話(今度は会社なので携帯だけで)をかけたのですが、あっさりつながって前楽のチケットをゲット。続けて今度は楽のチケットに挑戦したら、これもあっさりつながりました。オークションで高いチケットを買わなくてよかった!

で、うちのお嬢様は私が仕事の合間にチケット取りをしているというのに、まだ寝てたのです。もう、開いた口がふさがりません!

それにしてもねえ・・・、オークションで同じ人が何枚もチケットを出しているのを見てしまうと、あんなに努力して手に入らなかったチケットがこんなにたくさん売られているなんて・・・と、とってもフクザツな気持ちになりました。

| | Comments (2)

生キャラメル食べました^^

Ca3800343 昨日北海道から生キャラメルが到着し、3色食べてみました。

私はHNからもおわかりのように、キャラメルが好きなんです。でも、正確に言うと、キャラメル味は大好きなんですけど、食べるキャラメルはあんまり好きじゃないんです。何か、歯にくっつくのがイヤなんですね。

で、この生キャラメル、まさに私のために作られたお菓子だと言っても過言ではありません(笑)。

口に入れると程なくとけていきますが、キャラメルの香ばしい味が私好み♪何個でもパクパクいけそうですが、お値段の関係でそうはいきません(笑)。それに私、ダイエット中だし。^^;

ノーマルな生キャラメルに対し、ホワイトは甘さが控えめですが、私からすればコクが足りません。チョコレート味は、キャラメルというより生チョコを食べているような感じです。かなりビターなので、甘いのが苦手な人にいいかも。

こんなに私がありがたがって食べているのに、うちの家族ときたら、

母:こんなの子供の頃よく食べてた。

息子:甘すぎる。

あなた達にはもうあげません!

というわけで大事に少しずつ食べていこうと思っています(笑)。あ、下のあきさんのコメントで教えて頂いた凍らせる食べ方はまだ試していません。すごくおいしそうですよね。

でもねえ、所詮キャラメルなんですよ。やっぱり高いですね!(><)

| | Comments (6)

天然コケッコー

1005558_01 ちょっと重苦しい作品を続けて見てしまったので、これならほっとできるかなと思って見てみました。

その前に、「大帝の剣」を見始めたんですけど、数分でやめました。^^;

天然コケッコー」はくらもちふさこさんの漫画が原作なんですね。田舎の小中学校(生徒数合わせて6人)に東京から転校生がやって来るところからお話が始まります。

思った通り、田舎ののどかな風景、素朴な人たちの日常にほっと心が癒されました。

東京から来た大沢君も、イケメンなんだけど田舎の生活にすぐ馴染んでいたし、主人公のそよちゃんと仲良くなっていく様子もほのぼのとしていていいです。

脇を固める子役たち、特に1年生の早知子ちゃんのかわいいこと!

それから、さりげなく佐藤浩市も出てて嬉しかったです。

派手さはないけど良い映画でした。

余談ですが、スタッフロールの中に、私が昔勤めていた会社の一つ上の先輩の名前が出ていたのにはビックリしました。

| | Comments (0)

インファナル・アフェア

最初に言い訳させて下さい!^^;

↓の「ディパーテッド」のコメントで、「インファナル・アフェア=ディパーテッドと気づかなかった」と書きましたが、理由があるんです。^^:

インファナル・アフェアのハリウッド版のタイトルもインファナル~だと思い込んでいたのが間違いの始まりで、うちのDVDに入っていた1つ目(つまりオリジナル版)をハリウッド版だと勘違いしてしまったのです。で、2つ目に入っていた(つまり2作目)をオリジナル版だと思い込んで、そこから見てしまったんですね。

ディパーテッドは別作品だと思っていたので、インファナルとは関係なく先に見ました。

ですから2作目を見ながらディパーテッドと似てるな~と思いつつ(2作目は、1作目より少し前のお話なんです)、全く気づきませんでした。

でも、2作目の後で3作目の宣伝をしていた時点でおかしいと思わない私も大バカなんですけど。^^;

で、やっとオリジナル版を見ました。先に2を見てしまったのでちょっと混乱したんですが、ディパーテッドを思い出しながら見ることで何とかストーリーについて行けました(笑)。

Cast_eric_2  香港映画とハリウッド映画、こんなに違うんですね。ハリウッド版の方が演出が派手。登場人物も、いかにも・・・って感じで、マフィアのボスのジャック・ニコルソンなんて見るからにボスってオーラが出てますが、香港のボスは一見、人の良さそうなおじさんに見えました。でも、実はとっても怖い人なんですよね。それはそれで恐怖を覚えます。この写真はちょっと怖く写ってますけど(笑)。

ハリウッド版ではディカプリオはよく喋る。他の人たちも。で、多分めちゃくちゃ汚い言葉を喋ってる。でも香港版の人たちは寡黙。喋らないで感情を表現するのはかなり演技力が必要で、日本人には通じるところがあるのかもしれません。

ラストも違っていて、ハリウッド版は超ド派手に終わります。多分、次回作が無いからなんでしょう。香港版はまだ話が続きますからね。でも残念ながら3は録画してないんです。悔しい!!

ディパーテッドを先に見てしまったから、インファナルのストーリーもわかってたはずなんですけど、やっぱりハラハラドキドキの連続でした。

ディパーテッドでは出てこなかったアナログな通信方法には感心しました。何で採用されなかったんでしょうね。

| | Comments (4)

ウーマン・イン・ブラック(7/19 マチネ)観劇

Woman_1 上川さんお目当てで「ウーマン・イン・ブラック」を見ました。面白かった~!怖かった~!!まるでオバケ屋敷のようなお芝居でした。突然叫び声や大きな音が聞こえたり、誰もいないはずなのに物が動いたり・・・。心臓の弱い人は気をつけた方がいいもしれません(笑)。

舞台の上には上川隆也さんと斎藤晴彦さん、それから黒い服の女性と姿は見えないワンちゃん(笑)。このワンちゃん、カーテンコールにも登場しましたが、上川さんと斎藤さんが芸達者なので、本当にそこにいるみたい。緊迫したストーリーの中で、癒しの効果アリでした。

ストーリーは斎藤さん演じるキッブス弁護士が、若い頃の恐怖の体験から逃れるため、自分の体験を家族や友人に語りたい、というところから始まります。

その最初の練習の段階で、若い俳優役の上川さんが斎藤さんに対して、「そんな棒読みじゃお客さん、死んじゃうでしょ」とダメ出しするんですけど、相手が芸達者の斎藤さんですからちょっと笑えました。

で、自分は役者じゃないからできない、と言うキッブス弁護士に代わり、俳優役の上川さんが若い頃のキッブスを演じて劇中劇が始まります。斎藤さんは、自分が出会った人達の役になります。

限られたセットの中でお二人の演技が、観客の想像力をどんどん膨らまして行きます。若いキッブスの恐怖の体験を、見ている側も一緒に体験しているみたい。

そしてだんだん謎が明かされて行きますが、最後まで怖いお話でした。

この作品、ロンドン公演もあるそうですね。本場の目の肥えた観客も拍手喝采間違いなしだと思います。

| | Comments (0)

そんなにおいしいのかな?生キャラメル

Img1_caramel_white 今、巷で評判になってる「生キャラメル」。いつも楽天のランキングで上位に入っているし、1日に3回の販売で、毎回2~3分で売り切れてしまうらしいし、何と言っても私の名前と同じだし(笑)。

先日もなかなか買えない生キャラメルを「もっと売れ」と恐喝して逮捕された人がいましたよね。

それで私も注文してみました!

このお店は、クレジットカードが使えなくて代引きしか扱っていないので、ちょっと躊躇したんですけど、楽天のポイントが結構あったので思い切って注文しました。

今日の深夜0時に販売開始された生キャラメルホワイトセットをゲットしようと、眠い目をこすりながらPCの前に座りました。

案の定、つながりにくくなってて何度もエラーが出ましたが、愛地球博のチケット取りで鍛えてありますから(笑)。5分くらいで注文完了しました。^^

今日はいつもよりたくさん販売しているみたいですから、買いたい人はチャンスかもしれません。

味については、また報告します~。^^

| | Comments (2)

ブロークバック・マウンテン

アカデミー賞など、いろいろ受賞してるので見てみました。「ブロークバック・マウンテン」。

ゲイのカウボーイが、ゲイだとバレないように苦悩するというお話ですが、なかなか彼らの気持ちを理解するのは難しいですね。何がきっかけでああなったのか、ちょっとわかりにくかったです。

それぞれ家庭を持ちながら相手が忘れられない。これが普通の男女ならまだわかりやすいのかもしれませんが、それだったらありきたりのお話になってしまうのでしょうね。

| | Comments (0)

ディパーテッド

↓と同じマーティン・スコセッシ監督。「ディパーテッド」。かなりブラッディな映画ですが見ごたえ十分です。

レオナルド・ディカプリオとマット・デイモンが身分を隠して、それぞれマフィアと警察に潜入するのですが、敵にバレないかとハラハラします。最後までドキドキしながら見ました。

でも、必要以上に血が・・・。もうちょっと控えめでもいいかと思いました。

| | Comments (3)

キング・オブ・コメディ

マーティン・スコセッシ監督。「キング・オブ・コメディ」。ピン芸人を目指すルパート・パプキン(ロバート・デ・ニーロ)が人気芸人ジェリー・ラングフォード(ジェリー・ルイス)にしつこく自分を売り込み、ついには・・・というお話です。

ロバート・デ・ニーロがかなり妄想癖のあるストーカーみたいな自称「キング・オブ・コメディ」を演じています。でも、彼の芸、大爆笑でウケているのですが、何が面白いのかさっぱりわかりませんでした。^^; わたしはまた、ウケているのも彼の妄想かと思ってしまいました。^^;

日本語に訳されているから面白くないのか、笑いのセンスが違うのか、その辺も謎です。

| | Comments (0)

靖国YASUKUNI

最初に断っておきますが、私は何の思想も主義も持っていません。何故この映画を見に行ったかというと、先月、英語の教材でこの映画の上映中止についてのニュースが取り上げられ、たまたま名古屋で上映されているので、教室のお友達と見に行ったというわけです。

正直な感想、そんなに大騒ぎをするほど過激な内容ではありませんでした。だからか、途中、かなり眠かったです。^^;

私は今年の2月、泊まったホテルが靖国神社の近くだったので、お散歩がてら行ってみました。自分の持ってたイメージとは全然違った、とてもきれいな静かな場所でした。

でも、この映画に出てくる8月15日は全く違う雰囲気なんですね。その日だけは怖くて近寄れない、異様な空気が漂っているような気がします。

靖国の問題は難しくてわからないことが多いのですが、映画の中で台湾の遺族の方々が、合祀をやめて欲しいと訴えている気持ちはわかりました。日本人の遺族の中にも、合祀をやめてと訴えている方々がいらっしゃるんですね。名前を削るくらいなら簡単にできそうなのに・・・と考えてしまうのは私がこの問題をよくわかっていないからでしょうか。

他人が嫌だということはしないように・・・。相手の立場になって考えれば、難しいことではないような気がします。

| | Comments (0)

本日復活!本山ボウル

今朝、新聞のチラシを見ていたら「本山ボウル」がひっそりオープンするという広告を見つけました。ひっそりって・・・、広告に書いてありました(笑)。

本山の交差点のど真ん中。松坂屋ストアの上。地下鉄東山線、名城線と直結。ちょっと注目ですね。

私が1番期待しているのは、手書きでスコアが付けられることです。学生時代にボウリングに行くと、いつも率先してスコア係をやっていました(笑)。

今は全てコンピュータになってしまっているから、うちの子供たちなんてスコアの付け方を知らないと思います。

チラシにサービス券が付いていたので、子供が夏休み中に行ってみたいなと思っています。^^

| | Comments (0)

インボディ再び。かなり悲惨(><)

前回のインボディ測定から約1年、再び測定の機会がありました。

ひどい、ひどすぎる・・・。肥満、脂肪過多。昨年はギリギリ標準だったのに最悪!

てか、測定前から結果はわかっていたんですけど。毎日、体重計にも乗ってるし。

でも、数値として見せつけられるとやっぱりショックです。痩せる予定で去年買ったスカートも、まだ穿ける状態ではありません。これからは心を入れ替えて頑張らないと!!

| | Comments (0)

頻発、こむらがえり(><)

ここ1年ほど、寝ているときにこむらがえりを起こしてしまいます。何気なく伸びをしようとすると、ピキッと来てしまいます。痛いですよね。

生まれて初めてこむらがえりを経験したのは妊娠中でした。母親教室でも習いましたが、その時はどんなものなのかわかりませんでした。でも、最初にピキッと来た時、ああ、これなんだ~と思ったものです(笑)。

このところ体重の増加が激しい私、妊婦さんなみの体重が原因なのかしら?

| | Comments (0)

スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ

Photoスキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ」(←注意!音出ます)。見なきゃよかった・・・(泣)。だって、コメディだと思ってたんだもん。サブちゃんの主題歌にだまされました(笑)。

bloodyでmuddyで、何だかよくわからない話。時代劇なのかウェスタンなのか、何で台詞が全部英語なのか・・・。

でも、みなさん英語の発音がすごくいいのにはビックリ。それだけは感心した作品でした。

| | Comments (0)

今そこにある危機

Ima今そこにある危機」。ずっとタイトルが気になってた作品です。英語の原題は何なんだろうと思っていました。

Clear and Present Danger

日本語のタイトル、切迫感があっていいですよね。

「インディ・ジョーンズ」公開に合わせ、wowowで放送してました。これ、シリーズものなんですね。「レッド・オクトーバーを追え!」「パトリオット・ゲーム」に続くジャック・ライアンシリーズなんだそうです。ハリソン・フォードが最後までかっこいいです。

映画の公開が1994年。当然、Windowsがこの世に出る前の話で、パソコンがちょっと古臭かった(笑)。

| | Comments (0)

居酒屋ゆうれい

お正月にwowowでやってた新・旧「居酒屋ゆうれい」をやっと見ることができました。

どっちがいいかな~、と比べてみると、私は旧作の方が好きです。旧作を先に見てしまったせいもあると思いますが。

新作の方は登場人物に関するエピソードをたくさん盛り込んだためか、居酒屋夫婦と、幽霊となって現れた居酒屋の元奥さんとのからみが少ない。だから夫婦が幽霊を怖がるコミカルなシーンや、ちょっとしんみりしてしまう居酒屋と元奥さんのやり取りとか、新旧奥さんの心の通い合うシーンとか、旧作で丁寧に描かれている場面が新作では省かれてしまっています。

逆に新作には新たな登場人物が出てきたり、違う設定で登場する人がいたり、話に広がりはあるのですがちょっと中途半端な気もしました。

最後に元奥さんの幽霊が消えて行くところも、旧作の方が説得力があり、ジーンと来るものがありました。

順番を逆にして見たら、また違った感想になったかもしれませんね。

| | Comments (0)

メチャ痛っ!(TT)

私は手しっしんがひどく、ひび割れもできているのでいつも手が痛いんです。

おととい、あまり痛いので右薬指の指先に絆創膏をはりました。ところが痛みはどんどんひどくなり、ちょっと何かに触っただけで飛び上がるほどの痛さ。

絆創膏をはがしてみたら、キレツというより爪の横の肉が少し盛り上がっていて、腫れたような状態でした。

来週の月曜日に皮膚科の予約が入れてありましたが、どうやらそこまでガマンできなさそう・・・。今朝、急遽皮膚科に行ってきました。

で、切られました。仕上げに液体窒素。もう痛くて痛くて、最初は「イタイイタイ」と叫んでいましたが、最後の方は痛すぎて声も出ませんでした(笑)。

何かね、キズから肉芽ができたらしいんです。私の手はいつも痛痒いのでボリボリしてたらキズがついたんでしょうか。

まだ少し痛いけど、生き返りました(笑)。

| | Comments (0)

ダビング10にバージョンアップしました

今日からダビング10解禁なんですね。DVDレコーダーが、本当に寝てる間に勝手にバージョンアップしてるかどうか心配でしたが、ちゃんとできてましたよ。試しに録画してみたら、「ダビング回数」というのが10回と表示されてました。昨日までに録画したものは「ムーブ」だけなんです。

我が家の場合、ダビングに失敗する可能性が大なので、ダビングする時はいつもヒヤヒヤものでした。

というのは、電子レンジと炊飯器と湯沸かし器と食洗機、どれでも同時に2つ使うとブレーカーが落ちてしまうからなんです。もしダビング中にブレーカーが落ちたら・・・。考えるだけで恐怖でした。だからダビングする時は大抵留守中。デジタル番組のダビングは時間がかかるし、それが1番いい方法でした。

これからは万一失敗してもデータは残るので、ちょっと安心ですね。

| | Comments (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »