« 甘いものづくし、キルフェボンのタルト | Main | レッドクリフ »

ブーリン家の姉妹

Photo 名駅ピカデリーで「ブーリン家の姉妹」を見てきました。女性デー1000円で見ることができました。ラッキー!^^

宮廷ものって、なんでこうもドロドロとして面白いんでしょうね。「とくダネ!」で佐々木恭子ちゃんが「大奥好きな人はハマるかも」と言ってましたが、ほんと、そんな感じです。

英国王室って、昔からスキャンダルまみれだったってことがよくわかりました。姉妹で国王を争ったり、妻と離婚して別の女と結婚するために、英国国教会を立ち上げてしまったり・・・。

歴史の教科書がこんなスキャンダラスな話はかり取り上げていたら、私ももっと真面目に勉強したのに(笑)。

|

« 甘いものづくし、キルフェボンのタルト | Main | レッドクリフ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

私も見たかったんです、これ。「世界ふしぎ発見」で見ました。
そういえば番組で、イギリスの人たちが「アンブーリンが好きだ」
といっていて、とても意外でした。たまたまそういう人にあたったのか、
ほんとに好かれてるのか、気になります。

ところで映画では、エリック・バナが、
スカーレット・ヨハンソンにすぐ飽きちゃって、
ナタリー・ポートマンに夢中になるそうですが、
現実は逆っぽくないか? と思うのですが、どうでしょう(笑)。


Posted by: あき | November 03, 2008 at 09:26 AM

>あきさん

へぇ~。アン・ブーリン人気なんですか?なんでだろう。不思議な国民ですね。

>スカーレット・ヨハンソンにすぐ飽きちゃって、
ナタリー・ポートマンに夢中になるそうですが、
現実は逆っぽくないか? と思うのですが、どうでしょう(笑)。

現実がどうだったかよく知らないんですけど、ちょっとネタバレになるので、改行して書きますね。ネタバレ駄目なら、読まないようにご注意を。


メアリーが流産しかけて、隔離されてしまい、ヘンリーと会えなくなるんです。そのスキを狙って、アンがヘンリーに近寄ってくるんですね。で、「私を王妃にしろ」とヘンリーをそそのかして、ちゃっかり正室の座につくんです。

だから、ヘンリーにはメアリーへ情が残っているみたいで、後半、そんなシーンが出てきます。

きっと、かなり脚色されているんでしょうね。

Posted by: きゃらめる | November 03, 2008 at 01:09 PM

ネタバレOKです。解説ありがとうございます。
なるほどねー。アンが裏切るって、そういうことなんですね。

ただ、ごめんなさい、私の書き方がまずくて、女優さん本人をみれば、
スカーレット・ヨハンソンの方が魔性の女っぽいですよね
という意味で書きました。イメージですよ、イメージ。

>へぇ~。アン・ブーリン人気なんですか?なんでだろう。不思議な国民ですね。

そうなんですよ。嫌われてるだろうと思っていたので、
「好きに決まってるじゃないか」とおじいさんがいったのには、
驚きました。たまたま(笑)?

それから、番組で映画に使った衣装を公開してましたけど、
遠近感を感じるほどの巨大な倉庫にぎっしり衣装があって、壮観でした。

Posted by: あき | November 03, 2008 at 09:34 PM

>あきさん

あ、イメージでしたか。失礼しました!

しかし、幸か不幸か、海外の女優さんとかあんまり知らなくて・・・。かえって先入観無しで見られるかもしれませんけど。

ヨハンソンは「ロスト・イン・トランスレーション」で見たはずですが、ほとんど記憶に残っていません。^^; ポートマンも後から「スターウォーズ」に出てたと知りました。アミダラですね。^^;;

人の顔が覚えられないので(汗)、後から確認しておかないと、いつまでも知らない人のままです。

衣装は豪華ですよね。色は抑え目ですが、重厚感がありました。私も「ふしぎ発見」見れば良かったです。

Posted by: きゃらめる | November 04, 2008 at 08:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 甘いものづくし、キルフェボンのタルト | Main | レッドクリフ »