« November 2008 | Main | January 2009 »

December 2008

みなさま、良いお年を!

明日から少しお出かけします。まだ荷造り終わってません。お部屋も片付け始めたら余計に散らかって、悲惨な状態になってます(涙)。

でも、明日は早起きしないといけないので、適当にさっさと片付けなければ。

みなさま、今年も1年間ありがとうございました。どうぞ、良いお年をお迎え下さい。^^

| | Comments (0)

今年の締めくくりはラ・カージュでした

ラ・カージュ東京公演も、いよいよ今日(28日)が千秋楽ですね。観劇後1週間もたつのに、ラ・カージュの余韻に浸れる幸せ。私の心は日生劇場に置いてきたままです(笑)。

今回は2日連続の観劇となりましたが、今まで全く同じものを2日連続で見たことはなかったと思います。ジーザスは日替わりでエルサレムバージョンとジャポネスクバージョンだったし、サイゴンはキャストが違っていたし。

でも、全く同じメンバーでも、生の舞台ですからその日その日で出来が違うんですね。今回はそれがよくわかりました。キャストの出来だけでなく、観客のノリも、20日より21日の方が断然良かったです。リピーターが多かったのかしら?でも、娘の隣りの席のおばさんが一緒に歌っていたのには参った。私も昔、CATSで同じような被害にあったことがあります。気持ちはわかりますが、一緒に歌わないで下さい。

それでは、キャストの感想を・・・。

☆市村さん(ザザ/アルバン)  実は私、99年のラ・カージュから市村さんのファンになりました。市村さんのことは四季時代から見てましたが(エレファントマンとかコーラスラインとか)、昔はちょっと苦手だったんです。

四季退団後はちょうど私が子育てで観劇から遠ざかっていた時期と重なり、結構名古屋にいらしてたのに全く見られませんでした。

でも、99年ラ・カージュで、観客へのサービス精神旺盛な市村さんを見てすっかり虜に。それでも短期の名古屋公演はなかなか出かけられず、全ての舞台を見たわけではありません。

今回は、娘が双眼鏡を持ってきてくれたので、「マスカラ」のシーンをしっかり見てしまいました。歌いながらのメイクの技はすごいですね。口を動かしながら口紅を塗るなんて、とても真似できません(笑)。

ザザは市村さんにとっては本当にハマリ役ですね。これがファイナルなんてもったいない・・・。せめてCDかDVDを残してくれたら・・・と切に願っています。

☆鹿賀さん(ジョルジュ) 岡田真澄さんがお亡くなりになって、ジョルジュをやれる人がいるの?と言われていましたが、鹿賀さんらしいジョルジュで、ダンディさでは岡田さんに負けていませんでした。

岡田さんが包容力のあるパートナーだとしたら、鹿賀さんとは同級生カップルみたい。市村さんとの息もピッタリで良かったです。

「男のレッスン」の時、ジョルジュがザザに向って「だらしない格好をしてみろ」と言うんですけど、鹿賀さんのお手本がナベアツみたいで笑えました。21日の時は、市村さんから「よくわからなかったから、もう1度やって」と言われて、いやいやもう1度やってました(笑)。20日は確か1回だけだったような気がするんですけど・・・。

☆森クミさん(ダンドン夫人) ちょうど前日にバナナダイエットの総集編をやってましたが、やっぱりお痩せになりましたね!!例のシーン、今でも十分ボリューム感はありますが、少し引き締まったような気がします(笑)。

ダンドン夫人は初演から演じていらっしゃるそうで、ということは、私が初めて森クミさんを見たのもこの役だったのかしら。やっぱり例のシーンは、何度見ても衝撃的です(笑)。

サービス精神は、市村さんに負けてませんね~。

☆新納慎也さん(シャンタル) 99年名古屋公演では、新納さん(当時はNIROさん)は体調を崩された松澤重雄さんの代役でシャンタルを演じていました。会場に入って真っ先に、シャンタルの代役を知らせる貼り紙が目に飛び込んできました。

その時は「NIROって誰?外人?」と思ってしまいました。後から知ったんですけど、BS2の「にこにこぷんがやってきた」で歌のお兄さんをされていて、子供が小さかったので私も何度か見たことがあったんです。「身の軽いお兄さんだ」と思った通り、後に初代トートダンサーに抜擢されましたよね。今は、仮面ライダーキングとしても活躍中。

99年の時は、「代役なのに上手」というのが正直な感想でした。だから「代役でもこんなに上手なんだから、本人はもっと上手に違いない」と思いました(笑)。

で、2008年のシャンタルは、99年よりさらにグレードアップしていました。ファルセットで出す高音が本当にきれいです。もしかして、陰で女性が歌ってるんじゃないの?と疑ってしまうほどきれいな声です。もちろん、ご本人の声ですよ(笑)。

新納さんのブログで読みましたが、新納さんは今回どうしてもこの役がやりたくて、オーディションを受けて合格されたそうなんです。シャンタルへの熱い気持ちが伝わってきますね。

スタイルがいいので、ドレスのスリットからのぞくおみ足は細くて長い!!とても美しい歌姫です。

☆真島茂樹さん(ハンナ) 真島さんも初演からこの役を演じていらっしゃるそうです。だから鞭の使い方があんなにお上手なんですね(笑)。1月に御園座でマツケン公演があるんですけど、ラ・カージュ出演中だから出られませんね。マツケンも見る予定なのでちょっと寂しい。^^;

ハンナはカジェルの中でもかなり目立つ役ですが、今回は歌も歌われました。怖い怖いハンナお姉さまに再び会えて良かったです。

☆富山忠さん(ロシン) お友達がファンなのでお名前を知りましたが、実は99年、カジェルちゃんの区別がほとんどつかない中、一人だけ目についたのがロシンちゃんでした。

黒髪のボブスタイルなので一際目立つのですが、カンカンのシーンで下手側で客席を盛り上げているのがロシンちゃんなんです。

99年は下手通路側の席だったので、ロシンちゃんの姿がとってもよく見え、今でも目に焼きついています(笑)。

今回はほぼ中央の席でしたが、下手側に目をやると、やっぱりロシンちゃんが盛り上げていました。可憐な姿とのギャップに驚きです。

☆香寿たつきさん(ジャクリーヌ) チラシとは衣装も髪型も全く違います。ジョルジュ&ザザとの息がぴったりでいいですね。

☆井村誠貴さん(マエストロ) あえてここでお名前を書かせていただきますが、ミュージカルの指揮者に初めて注目したのもラ・カージュでした。当時は四季の舞台を中心に見ていたので、ほとんど録音だったのです。

カーテンコールの時、しつこい名古屋の客(私も含む)は拍手をいつまでもやめないので、退場の曲を何度も演奏して下さいました。そして曲がやっと終わったとき、思わずオケピまでかけ寄り、感謝の拍手を送りました(こんな体験も初めて)。

今回はマエストロの頭と手がよく見える席でした。^^ やはり、マエストロの手がさっと上がってオーバーチュアが始まった時にはジーンとくるものがありました。

2008~09年のラ・カージュは、残念ながら名古屋公演がありません。99年にあんなに盛り上がった名古屋でやらないなんてひど過ぎます。

幸い、私は東京で2回見ることができ、大阪にも1回行く予定ですが、名古屋公演があれば電車代がかからない分、たくさん見ることができたのに・・・。

ともかく、出演者のみなさんがお元気で怪我などされずに、来年も素晴らしい舞台を見せて下さいますように。楽しみはしばらくお預けです。

| | Comments (0)

ラ・カージュ・オ・フォール(12/20 ソワレ、12/21 マチネ)観劇

Photo とうとう見ることができました!9年間、ずっと待ち続けてきた「ラ・カージュ・オ・フォール」の舞台。愛しいザザと愛らしいカジェルちゃん達にやっと会うことができました。

前回の99年の中日劇場公演は、私にとってとても思い出深いものでした。それまでにも、ラ・カージュは85,86年に見ているし、ミュージカルはずっと好きで見続けていたのですが、あの公演はそれまでに無い感動と出会いを私にくれたのです。

でも、9年は長かったです。生身の人間が年を取るだけでなく、岡田真澄さんという大切な方がお亡くなりになってしまったのですから・・・。そして、今回は市村ザザのファイナル公演だとか・・・。本当に、もっと早くにやって欲しかった。

ラ・カージュは多くのファンに愛されている作品ですが、何がいいのかな~と考えてみると、この作品には私達が見たいものが全て詰まっているからなのでは、と思います。

ミュージカルには絶対欠かせない音楽は、どの曲もとてもステキで覚えやすいんですね。だから劇場を後にするときに、ついつい口ずさんでしまいます。何日もたった今でも、頭の中ではラ・カージュの曲が順番にグルグルまわってます(笑)。

ダンスも見せ場がたっぷりあります。特にカジェルちゃん達のカンカンは盛り上がりますよね。このシーンでは舞台上も客席もすごく盛り上がって楽しいです。それに、楽しいだけでなく、アクロバティックなダンスにはただただ圧倒され、感心するばかり。1日2公演ある日なんて、本当に大変でしょうね。

ストーリーもすごくいいです。笑いあり、涙あり、感動あり、最後にはみんなが笑顔になれる。観客だけでなく、オケも含め出演者全員が笑顔なんですよね。見えないけど、絶対そうだと思っています(笑)。

見た後でみんなの心が温かくなれるミュージカル。みんなで幸せな気持ちを共有できるのがラ・カージュだと思います。暗い世の中だからこそ、こういうお話を見て明るくなりたいですね。

| | Comments (0)

ラ・ターブル・ド・コンマでプチ同窓会

12月20、21日と東京へ行ってきました。今回の東京行きは半年以上も前から決まっていて、その目的は「ラ・カージュ・オ・フォール」を見ること。^^ そんな私の勝手な上京に、中・高・大学時代の友達が4人も付き合ってくれました。感謝。^^

今回はMさんが選んでくれた、駒沢大学近くの「ラ・ターブル・ド・コンマ」というフレンチレストランに行きました。「コンマ」は「駒沢」の「駒」とかけてあって、お皿には馬の絵が描かれていました。

さてさて、いただいたランチですが、なんと最初から最後まで4時間近くもかけてゆっくりといただく本格的なものでした。途中、Kさんが早めに帰らなくてはならなかったので、彼女のメインディッシュとデザートだけ先に出してもらいました。でも、私達は残りのお料理を、その後2時間もかけて食べたのです。

ゆっくり時間が過ごせて良かったです。Rさんと私は、夕方からラカージュでしたが、場所を移動して時間をつぶす必要もなくなったし。

今回、珍しく名古屋からおみやげを持って行きましたが、中身はドアラのクリアファイルです。迷惑だったかな?(笑)

| | Comments (0)

ミュージカルソング&映画音楽コンサート

「ミュージカルソング&映画音楽コンサート」に行ってきました。指揮は藤野浩一さん、演奏はセントラル愛知交響楽団、そして岡幸二郎さんとシルビア・グラブさんが歌って、チケット代は5000円。いつも高いミュージカルのチケットを買っているので、この顔ぶれでこのお値段はお値打ちだと思いました。

下にプログラムをコピペしましたが、オープニングは「スター・トレック」。その後、指揮者の藤野さんのトークがありました。

最初の話題は羽田健太郎さんの話題でした。亡くなられる何年か前にも肝臓の手術を受けられたというお話で、退院されてからはダイエットをしなくてはいけないということで、乗馬を始められたそうなんです。

この乗馬が効果テキメンで、(数字はわすれましたが)数ヶ月で数キロ体重が落ちました・・・馬が・・・。というお話(笑)。

私、藤野さんてよく知らなかったのですが、羽田さんや宮川泰さんと同じニオイのする人だと思いました(笑)。

藤野さんのトークの後はお待ちかね、岡さんの「ムーンリバー」。英語で歌われました。後々のトークで藤野さんがおっしゃっていましたが、岡さんもシルビアさんも、フルオーケストラをバックに歌ってすごくサマになるんです。歌唱力が無いと、オケに負けてしまいそうですよね。藤野さん曰く、オーケストラをバックに歌ってサマになる歌手は、布施明、松崎しげる、加山雄三だそうで、みんなオジサン(笑)。この若さではなかなかいない、とのことでしたよ。

その後、藤野さんの小話「つるのおんがえし」3部作(ネタバレはやめておきます・笑)を交えながら、素敵な演奏が続きました。

第1部ではシルビアさんはタイタニックの「My Heart Will Go On」を歌われましたが、さすがに発音がいい!よくよく考えると、シルビアさんの英語の歌って、聞いたことがあまりありませんでした。

で、タイタニックはセリーヌ・ディオンと同じキーで歌われたそうなんですけど、Eフラットを地声で歌える人はそんなにいない、と藤野さんがおっしゃっていました。

第2部はミュージカルの曲が中心で、岡さん、シルビアさんの歌がたっぷり聴けてすごく良かったです。

その中でも、シルビアさんの「On My Own」(英語)や、岡さん&シルビアさんの「世界が終わる夜のように」は本編より年齢的にはかなり上ですが(笑)、本編では絶対聴けないので、もう、うっとりして聴いてしまいました。

シルビアさんの「キャバレー」と岡さんの「オペラ座の怪人」はお二人の雰囲気にぴったり。それぞれの役を演じたら絶対ステキですよね。岡さんのファントムはCDでも聴いたことがありますが、最近の四季は客演も多いので、実現しないかなあ・・・。

第2部は歌が中心のプログラムでしたが、オープニングの「マイフェアレディ」と「コーラスライン」はオーケストラのみのメドレーでした。その「コーラスライン」の前のトークで、藤野さんが「コーラスライン」を聴くと「一番搾り」が飲みたくなる、とおっしゃって、なんと「コーラスライン」演奏後にビールをグラスに一杯、飲まれたのです(笑)。

その後の演奏は、ヘロヘロ・・・?いえいえ、最後までとても良かったです。

プログラムには書いてありませんが、アンコールでは岡さん&シルビアさんの「美女と野獣」も聴くことができました。

今回のコンサートは、あきさんが教えて下さったのですが、それが無ければきっと気づかなかったので、本当に感謝。おかげさまで、とっても楽しい時間を過ごすことができました。^^

第1部

「スター・トレック」 Star Trek Trilogy

「ティファニーで朝食を」 Moon River 

「シェルブールの雨傘」 I Will Waite For You 

「タイタニック」 My Heart Will Go On 

「ニュー・シネマ・パラダイス」 Cinema Paradiso 

「80日間世界一周」 Around The World Suite 

第2部

「マイ・フェア・レディ」 "My Fair Lady" Overture 

「王様と私」 I Have Dreamed 

「キャバレー」 Cabaret 

「オペラ座の怪人」 The Music Of The Night 

「コーラス・ライン」 "A Chorus Line" Medley

「レ・ミゼラブル」 On My Own 

「チェス」 Anthem 

「ミス・サイゴン」The Last Night Of The World 

歌 岡幸二郎

歌 シルビア・グラブ

| | Comments (2)

OGGIのショコラデショコラ

Photo お歳暮で、オッジのチョコの詰め合わせをいただきました。

この方は、去年もダロワイヨのマカロンを送って下さったんですけど、名古屋に出店していないお店をチョイスして下さってるみたいで、今回のオッジも初耳初体験でした。雑誌の名前かと思った(笑)。

早速、ショコラデショコラを食べてみました。このページの写真を見ると、ちゃんとチョコレートケーキっぽく見えますが、私がナイフを入れた時は、切り口がもっと滑らかな感じで、ケーキというよりチョコのかたまりのような感じでした。表現が悪いですね。^^;

見た目の大きさよりずっしり重く、かなりくどいのかなと思いましたが、甘さも控えめで食べやすかったです。

いただいたセットの中には、期間限定のショコラトランシュというお菓子も入っていたので、こちらも食べるのが楽しみ♪

ダイエットには危険な季節ですね。^^;

| | Comments (0)

映画「ディスコ」

Photo 今日は月に1度、税理士さんが会社にいらっしゃる日。いつもは私の定休日にいらっしゃいますが、今月は今日でした。税理士さんがいらっしゃると、とっても狭いうちの会社(定員2名^^;)は私の仕事する場所がなくなってしまうので、今日はお休みをもらいました。

ちょっと名駅にも行きたかったので、何か映画やってないかな~と探したんですけど、ちょうどいいのが無いんです。容疑者Xがまだ見てなかったのに、時間があわない・・・。

それで、懐かしのシルバー劇場でやってる「ディスコ」を見てきました。ゴールド&シルバー劇場といえば、学生時代よく招待券をもらって昔の映画を見た映画館です。50年代のミュージカル映画とか、大抵2本立てで。

さて、今日見た映画「ディスコ」ですが、残念ながらお金を払ってまで見る映画じゃありませんでした。ストーリーはかつてのディスコキングの中年男3人が、ディスコ大会に出るという、「サタデーナイト・フィーバー」の中年版といった話ですが、なんだか全てが中途半端なんです。ディスコキングを引退して20年くらいたっているのに、フツーに踊れるし、体型もさほどヒドクない。

また80年代のディスコを懐かしむ割にはダンスシーンも少ないし、懐かしい曲がいっぱい使われているわけでもない。中途半端なのはフランス映画だからなのかしら?

最後に主人公の息子が出てきましたが、ケント・デリカットに似ていて少し笑えました。

| | Comments (0)

辛子めんたい風味「めんべい」

Photo 先日父が「辛子めんたい風味めんべい」というおせんべいをもらってきました。

大きさ的には、名古屋名物「ゆかり」に似ていますが、「ゆかり」ほど硬くありませんし、表面もゴツゴツしていません。えびせんべいではなく、イカやタコが原材料に使われているようです。

味は名前の通り辛子明太子味ですが、激辛ではなく、ほど良い辛さなので、結構何枚でも食べられます。

一袋に2枚ずつ入っていますが、1度に3~4袋くらいはいけちゃいます(笑)。

今まで見たことも聞いたこともないお菓子でしたが、ネットでは結構売れているみたいですね。

写真と同じ大きさの箱入りをいただきましたが、なんだか私一人で食べているみたいで、相当ヤバイです。^^;

| | Comments (2)

最近お気に入りのグルメブログ

偶然見つけて、ちょくちょくチェックしているグルメブログを紹介します。

「名古屋グルメ社長のおいしいレストランおしえます」というブログです。タイトルの通り、名古屋で働く社長さんが行かれたおいしいお店を紹介していらっしゃいます。

お料理一つ一つを写真付きで丁寧に紹介されていますが、かなりの食通でいらっしゃるみたいで、その評価は信頼できるものだと思われます。

結構マメに更新されていますので、そんなに食べ歩いて大丈夫?と余計な心配をしてしまいます(笑)。

名古屋のお店を中心に記事を書かれていますので、私もいつか行けるかな~と思うと、読んでいても楽しいです。

名古屋以外のお店の紹介もありますよ。

こうやって見ると、名古屋にもまだ行ったことがなくておいしいお店がいっぱいあるんですね。てか、知らないお店、たくさんあります!!

リンクフリーだそうなので、勝手に紹介させていただきました。

| | Comments (4)

インボディ測定。サボるとすぐにバレますね。

前回のインボディ測定から3ヶ月。アクアビクスを中心にそこそこ体を動かしていましたが、先日の結果は・・・。

体重はわずかに減ったものの、おなかまわりの脂肪は前回よりも増えてしまいました。その上、足の筋肉が落ちてしまって・・・。これって、明らかに老化が進んでいますよね。

今後の目標は、嫌いな筋トレもやることと、甘いものを控えること(これが1番難しい)。頑張ろう!!

| | Comments (0)

充実の日曜日~同窓会とライブ つづき~

同窓会から一旦家に戻り、私はお友達のバンド「Still Life」の2年ぶりのライブに出かけました。

Still Lifeのことは以前にも書きましたが、30年近くバンド活動をずっと続けていることには、ただただ頭が下がります。だから彼等のライブに行くと、ここでも同窓会みたいに懐かしい人に会えるんですよね。昨日はずっと会いたかったマイミクさん(彼女の結婚式の2次会で、1度だけ会ってそれ以来でした)と、元バンドメンバーのAさんに会うことができました。

昨日のライブも2部構成で、私は2部だけ行きましたが、いつもの女性ボーカルさんとトロンボーンさんがいなくて、ちょっと寂しいなと思いました。でも、特別参加でバンドメンバーの息子さんがドラムを何曲か叩いていらっしゃったんです!バンド活動を始めた頃は、みんな彼くらい若かったんだよね~なんて考えると、本当に時の流れを感じてしまいますね。

親子で一緒に演奏できるなんて、なかなか無いことだと思うのでうらやましいな~。

実はうちの息子も、つい先日からドラム教室に通い始めたんですが、私が楽器弾けないんですよね~。残念!!

そんなことを考えながら、パワフルな演奏に今回も元気をいっぱいもらうことができました。^^

また来年・・・って期待してもいいのかしら?

| | Comments (4)

充実の日曜日~同窓会とライブ~

忙しかったり風邪をひいたりで、ちょっと更新が滞ってしまいました。

昨日の日曜日は朝から忙しかったけど、とても良い1日になりました。^^

まず、前半は高校時代のソフト部の同窓会。ここ数年、毎年やっていますが、去年参加できなかったので、2年ぶりにみんなに会うことができました。

私は部活といえば、中1から高2で引退するまで音楽部にいたんですけど、高2の約半年間、ソフト部にもいたんです。うちの学校、それまではソフト部が無くて、高2の夏休みにうちの学校で或るスポーツ大会をやるのに、ソフト部が無いとマズイだろいうということで作ることになったみたいなんです。だから創立メンバー(笑)。

で、それまでソフトボールなんて1度もやったことのない私が、何故声をかけられたかというと、ただ単に野球が好きだったからなんだと思っています(かなりのドラキチでした)。昨日も、「なんでアンタがいるのか不思議」と言われてしまいました(笑)。

でも、メンバー9人しかいなかったので、仕方なく9番ライトでレギュラーだったんです(笑)。

確か2試合やって、私達は引退。でもソフト部は今でも残っているんです。すごいですね。

同窓会には例年通り先生お二人が来て下さいました。1番メインの先生は今年も欠席。なんか同窓会やると、先生に対してもついついタメ口になってしまって、いけないなあと少しだけ反省。多分すぐ忘れると思いますが(笑)。

ああいう集まりって、自分の知らない昔話が聞けるので面白いですね。もちろん、私も古い話はかなり覚えていますので、みんなからビックリされてしまいますが、Yちゃんには負けます。^^;

1次会お開きの後、みんなは2次会に行きましたが、私は夕方からライブがあるのでささっと帰りました。つづく。

| | Comments (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »