« December 2008 | Main | February 2009 »

January 2009

待ち遠しいラ・カージュのCD

Photo 相変わらず私の頭の中はラ・カージュでいっぱいのままです。今も頭の中で音楽がクルクルクルクルまわっています。

5月に発売されるラ・カージュのCDがとても待ち遠しいのですが、それまでガマンできないので、再びブロードウェイ盤を聴いています。

今度出るCDもブロードウェイ盤もハイライト盤なので、構成とかは似た感じになるのかもしれませんね。でも、注文があります!って言っても誰も聞いてくれないので私の願望なんですが・・・。

まず、舞台写真をたくさん付けて欲しいです。今回のパンフレットにはあまり載ってませんでしたよね。お宝写真希望です。

それから、ブロードウェイ盤には入っていない、シャンタルの歌をぜひ入れて欲しい。金ののど仏、残しておくべきですよね(笑)。

「2回目のショー」は是非、通しで全部入れて欲しい。カンカンはもちろん、市村さんの客いじりやハンナお姉さまの過激なショーも。

シェ・ジャクリーヌのシーンからジョルジュ達の部屋に移動してからのシーン、おかしな会話も入れて欲しい。

カーテンコールも最後まで、送り出しの曲もお願い!

あ~あ、ハイライトなんて言わずに、全部入れちゃえばいいのに(笑)。

| | Comments (0)

これで見納め!ありがとう!!ラ・カージュ!!!(1/24マチネ観劇)

Photo 昨日(1/25)、「ラ・カージュ・オ・フォール」が大千秋楽を迎えました。開幕の時間から、時計が気になって気になって、終演の頃には、心は大阪に~。私も見たかったな・・・。

私は1日早い24日に見納めしてきました。やっぱりこれで最後だと思うと、ラストシーンなんか涙が出てきてしまいました。心の中で、「ありがとう!!」と叫んでいましたよ。

今回は、すごく後ろの1番隅っこの席。あんな席からラ・カージュを見たのは初めてでしたが、後ろの席でもやっぱり盛り上がりますね。昨日はリピーターも今まで以上に多かったとみえて、カンカンのシーンでは「ロシン~!」とか「モニク~!!」とか声がかかっていました。カジェルちゃんに声がかかるのを聞いたのは、私は今回が初めてでした。

昨日はまた、5月に発売されるCDの録音もしていたようです。すごくいい出来ばえだったので、昨日の音がたくさん使われるといいな~。もちろん、CDは予約済みです。^^

ラ・カージュは劇場にいる人全員の気持ちが一つになれるのが魅力のミュージカルですが、テーマは家族愛。昨日の舞台では、ザザやジョルジュやジャン・ミッシェルの歌から、今まで以上にそれがひしひしと伝わってきました。このテーマがあるからこそ、心の温まる作品なんですよね。

こんなに素敵なミュージカル、またいつか見られる日が来ることを願っています。今は市村さん以外のザザは考えられませんが、いつか、きっと誰かが新しいザザを見せてくれると信じています。

それまでは目の中に焼き付けた舞台を思い出しながら、CDを聴くことにします。

最後に、感動の舞台を見せて下さった皆さま、本当にありがとうございました!

| | Comments (0)

初めてのバレエ鑑賞 レニングラード国立バレエ「ジゼル」ーミハイロフスキー劇場ー(1/22)

Photo 愛知県芸術劇場大ホールで、レニングラード国立バレエ「ジゼル」を見てきました。バレエを鑑賞するのは今回が初めて。どうしてもミュージカル中心になってしまうので、なかなかバレエのチケットまでは買えません。今回はお友達のご招待で、とっても良い席で見ることができました。

芸術劇場大ホールは、その雰囲気だけでもうっとりとしてしまうような、とても豪華な劇場です。客席も5階までありますから、とても大きいということがわかります。

さて、初めて見たバレエは、それはそれは美しく、夢のような世界を楽しむことができました。ストーリーもわかりやすかったし、初心者の私でも大丈夫でした。

バレリーナの皆さんて、なんであんなに優雅に踊れるんでしょうね。ジャンプする時も、まるで頭に糸が付いていて、上からひょいっと引っ張られているみたいに、軽々と跳んでますよね。

バレエのテクニックって、全て名前が付いていると思うんですけど、全く知らないのでこんな表現になってしまい申し訳ないのですが、ピョンっとジャンプして、両足をパタパタっと動かすあの技、とっても楽々とやってらっしゃいますが、とても真似できません。当たり前か・・・。^^;

今回のジゼルはイリーナ・ペレンさんという、とっても美しい方でした。ペレンさんのバレエレッスンDVDも売られてましたよ。

ソリストの方達は当然すてきですが、群舞もすごく見ごたえがありました。まるでシンクロナイズドスイミングのように(笑)、全員の踊りがハイレベルできれいにそろっていました。

カーテンコールも、ミュージカルとは随分勝手が違っていて、最後の最後まで、優雅におじきをして指先まで神経が行き届いたままでした。ミュージカルだと、カーテンコールはみなさんリラックスしていらっしゃいますよね?そう見えるだけかな?

それから、カーテンコールの途中でマエストロが舞台に上がられたので、これで演奏はもう無いな、と思いました。そんなところもミュージカルとは違いますね。^^

| | Comments (0)

昨日はお休みでした

昨日は、月に1度の税理士さんがいらっしゃる日でしたので、美術館と映画館をハシゴしてきました。

Photo まず、名古屋市美術館で開催されている日仏交流150周年記念 開館20周年記念 モネ「印象 日の出」展を見てきました。

去年、美術が専門のお友達が書かれた本を読んで、「やっぱり本物の絵を見なくちゃ!」と思い行ってまいりました。

割と早い時間に出かけましたが、結構混んでいましたよ。

本の影響で、いつものようにタラタラ~と見るのはもったいないと思い、初めてイヤホンガイドを借りてみました。

全ての絵の解説がされているわけではありませんが、解説付きの絵の前では、聞き終わるまでじっくり見ることができるので、借りてよかったです。録音時間は全部で30分くらい。

今回の目玉作品の「印象 日の出」は、すぐ近くからでも、少し離れた位置からでも見られるような工夫がされていました。絵から少し離れた、高い位置にも見る場所が作ってあるんですね。解説を聞きながら、両方の位置から見てみましたが、随分違って見えるんですね。私が本から得た知識によると、印象派の絵というのは、少し離れた位置から見て、見た人の目で絵の具が混ざり合って見えるような工夫がされているそうなんです。なるほど~。

先ほどの本「常識として知っておきたい世界の絵画50」には、イヤホンガイドで説明されていたようなこともわかりやすくたくさん書かれていて、私のような初心者にはオススメです。何も知らずにタラタラ~と絵をながめるより、少し予備知識を仕入れてから鑑賞した方がずっと楽しめますね。予習の時間が無い場合は、イヤホンガイドもかなり手助けになると思いました。

Photo_2 静かな空間で印象派の絵を楽しんだ後、急いで名駅に移動し「ワールド・オブ・ライズ」を見てきました。これは映画好きのお友達が面白かったと言ってたのですが、PG-12指定だということに気づきませんでした。つまり、残酷なシーンがあったんですよね・・・。

まあ、そんなシーンがたくさんあるわけではなかったので、ちょっと目をそらしながら見ましたよ。テロのお話なんですけど、嘘をついたらダメだよ、というお話(笑)。いえ、騙し騙され、見ている方もハラハラ、手に汗握るストーリーでした。

| | Comments (2)

最高の幸せ!「ラ・カージュ・オ・フォール」(1/18マチネ)観劇

Photo 大阪・ドラマシティへ「ラ・カージュ・オ・フォール」を見に遠征してきました。大阪はいいですね。近いし旅費も東京の半分ですむし。

12月に見た東京公演(感想はココココ)は、その後どんどん盛り上がり、九州公演も大盛況だと聞いていたのですが、16日の大阪初日の盛り上がり方が・・・という話を小耳にはさみ、ちょこっと心配しながらの大阪入りでした。

でも、そんな心配は全くいりませんでした。前2回の観劇時よりもずっと反応が良く、すごく楽しく観劇できました。

東京の時には「本当はここで手拍子したい」と思う場面もなかなか観客が反応しなくて(だからと言って自分から手を叩く勇気は無いのです)、ちょっと物足りなく感じたこともありました。でも、昨日はリピーターも多かったのでしょうか、手拍子はもちろん、東京ではシーン・・・としてた場面でも笑いが起こり、本当に楽しかったです。

会場のみんな(出演者も観客も)が一つになって同じ感動を共有できる、これこそがラ・カージュからの贈り物だと思っていますので、昨日は大満足することができました。

出演者のみなさんも、ますます個性を発揮してましたね~。でもカジェルちゃんはピョンピョン動き回るので、一人ひとり目で追いかけるのは大変です。いまだに全員は認識できておりません。^^;

それから、鹿賀さんのジョルジュがすごーく良くなってました。もちろん、こんな言い方では大変失礼だとは思いますが、なんか昨日のジョルジュは、一層キザで華やかで愛情いっぱいで包容力があって。家族をとても大切にする素敵な「ホモ」ですよね(笑)。

市村さんは、やっぱりファイナルに向って何か思われることもあるのでしょうか・・・?1幕最後の「ありのままの私」は、今までに無い程感動的で、心に響いてきましたよ。

大千秋楽まで1週間を切ってしまいました。私も昨日の観劇で最後にするはずでしたが、やっぱりまだまだ進化する姿を見たくて、あと1回行くことにしてしまいました。^^;

さすがに今さら千秋楽のチケットは残っていませんでしたが・・・。それがちょっと残念です。

| | Comments (0)

映画「パコと魔法の絵本」

Photo 三越映画劇場でパコと魔法の絵を見てきました。

お友達のRさんのブログで絶賛されていたから、私も見たいな~と思っていて、初日の今日行ってきました。

ポップな色使いにクセのある登場人物・・・。妻夫木くんや上川さんまで、とんでもないことになってるし(笑)、最初は破壊的な映画かと思っていたら、すご~く感動的なお話で、思わず涙腺が・・・。

パコ役のアヤカ・ウィルソンがとても可愛い。ある理由があって、とても純真な役柄なんですが、ほんとうに笑顔がかわいくて、周りのみんなを幸せにしてくれそうな子です。

阿部サダヲとか小池栄子とか、すごく笑える場面もあって面白い。パコの持ってる絵本「ガマ王子VSザリガニ魔人」の劇中劇は、かなり過激な「イッツアスモールワールド」か「スプラッシュマウンテン」みたいなセットで、パコと一緒に絵本ワールドに入り込んで楽しめました。

そしてラストは・・・えっ!?という結末で、見てる人の予想を裏切ってくれます。詳しくは絶対書けませんが。

すごく後味のいい、癒される映画でした。

でも、役所広司が平幹二郎に見えて仕方なかったんですけど・・・。^^;

星ヶ丘三越で、今日から2月13日までやってます。私はタダで見られるので、できればもう1度見に行きたいと思っています。オススメです。^^

| | Comments (22)

寝ても疲れる

元々、よく夢を見る体質(?)なんだけど、今年に入ってからリアルな夢をしょっちゅう見ています。

昨日の夢は2本立てで、1本目が、子供(何故か小学生くらい)を連れて近所の大学の学祭に行き、教室がわからなくてウロウロさまよう、という夢。階段を、上ったり下りたり・・・。

2本目が、大阪ラ・カージュを見に行くんですけど(実際には今度の日曜日に行きます)、劇場の場所がわからなくて、開演時間がせまってきて焦りまくる、という夢。しかも、歩いて劇場に着く直前に、何故か路線バスに乗り込んでしまい、間違いに気づいてあわてて降りて、パンプスで劇場目指して激走し、着いた時にはもう始まっていた、という悲しい夢でした。

目が覚めて、どっと疲れが・・・。

生まれてから1度も夢を見たことがないという、うちの息子がうらやましい・・・。^^;

| | Comments (0)

しっとり、絶品チョコケーキ

Photo お友達から手作りのチョコケーキをいただきました。^^

彼女のブログを見てて、お料理やお菓子作りが上手なんだ、ということはわかっていましたが、今回初めて食することができました。

きれいにラッピングされていて、売り物のケーキみたい。見た目はシンプルで素朴な感じがしましたが、食べるとしっとり~うっとり~。しかも、ゴディバのチョコが使ってあるそうで、すんごくおいしかったんです。

もう、私の写真で申し訳ないです。^^;

以前からブログでも自作ケーキの紹介をされていましたが、本当においしそう!例えばコレ。写真を撮りながらケーキを作って、素晴らしいできばえですよね。

ついでに告白しますと、彼女のクリスマスディナーの写真があまりにも美しかったので、私のしょぼいトリのモモ焼きの写真は、恥ずかしすぎてボツになりました(笑)。

とにもかくにも、お忙しい中、おいしいケーキを焼いて下さってありがとうございました。ごちそうさまでした。^^

| | Comments (2)

やっぱり、例のタケノコでした

去年、偽装のニュースが流れた時、TVでちらっと見えたタケノコのパッケージ。見覚えある・・・と思ってました。

今日、それを買ったスーパーに行った時に、ちょうど野菜を並べているおじさんがいたので聞いてみたら、ビンゴでした。

主婦になって20年、輸入野菜は買わないようにしてきました。特に最近の中国野菜の残留農薬問題で、いっそう厳しいチェックを心がけていたのですが、偽装されてしまったらわかりませんよね。スーパーのおじさんも「私達もだまされました」とおっしゃっていました。

国産のタケノコの水煮を置いてあるお店が少ないので、わざわざあのスーパーまで行って買っていたので、余計に腹が立ちます。炒め物や汁物にちょこっと入れるだけでしたが、今日は買うのをやめてしまいました。今売られているものは安全なはずなんですけどね~。

| | Comments (0)

芸能生活35周年記念 松平健 座頭市 (1/7 昼の部)観劇

Photo 今年の観劇始めはマツケンの座頭市でした。今回もご招待チケットです。^^

お芝居=座頭市は例によってわかりやすく、ゆっくりした展開でシニアフレンドリー。立ち回りもたくさんあって面白かったです。

ただ、刀がヒュッ、ヒュッ、シャキーンと音を立てるシーンと音の無いシーンがあり、音が無いとなんだか迫力がありません。どうせなら全部音付きでお願いしたい。

歌謡ショー「唄う絵草子」は期待通り派手でした~。ちょっと残念なのは真島さんがラ・カージュご出演中で今回は参加していらっしゃらないのです。やっぱりマジさんのダンスは人目を引くし、舞台がパッと明るくなるのでいらっしゃらないのは残念。

でも、大阪ラカも行くもんね。

フィナーレはやっぱり「マツケンサンバⅡ」でした。中村玉緒さんも若村麻由美さんも、マツケンに負けないくらいキンキラキンの衣装でご登場。派手でした(笑)。

今回はお芝居の座頭市が渋めだったので、前回の方が楽しかったかな。それでも、心は十分に明るくなりました。^^

| | Comments (0)

驚異的な回復力(笑)

年末、ディズニーで頑張りすぎたのか、1月1日の夜からちょっと風邪っぽくなってきました。

1月2日も半日ジャズドリーム(アウトレット)を歩き回ったせいか、夕食の頃にはくしゃみを連発、体もだるくなってきました。

大抵、くしゃみが止まらなくなると、しばらくして発熱、というのが私の風邪のパターンです。

でも、1月3日もジャズドリーム、夜にはなばなの里のイルミネーションに行く予定だったし、4日には同窓会が控えていたし、風邪なんかひいている場合ではありません。

それで2日の夜は早く寝ようと、いつもより早く温泉に入って出てきたら、なんだか元気回復。くしゃみも止まり、体も元気に。

自分でもビックリするほどの回復力で、全てのスケジュールを無事にこなすことができました。

めでたし、めでたし。^^

| | Comments (2)

年末年始

Disney みなさま、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

この年末年始は例年になく忙しかったです。

12月29日~31日まで、TDRに行ってきました。景気が落ち込む前に申し込んでおいて良かった~。今の状態では、とてもディズニーに遊びに行こうという気持ちになれません。家族で行けるのも、本当にこれが最後かもしれないし・・・。子供がイヤがるか、私が体力的について行けなくなるか(笑)。

29,30日のディズニーは激混みでしたが、31日は6時閉園なので、比較的すいていました。

乗りたいアトラクションは全て乗れたし、食べたいものもいっぱい食べて大満足でした。

Photo 31日の夜と1日は家で過ごし、2日からは恒例の長島温泉に行きました。去年のお正月は行けなかったので、今年はなばなの里のイルミネーションがとっても楽しみでした。

とくダネでもやってましたが、なばなの里のイルミネーションは、日本で1番規模が大きいんだそうです。光のトンネルも、一昨年には無かった光のお花畑も、シンボル的な7色の池もすごくきれいでした。

ただ、人が多過ぎる。バスの時間の関係で限られた時間しかいられないので、人混みをかきわけて前進するのが大変でした。

そして4日は5年ぶりの高校の同窓会。私は長島温泉から高速バスに乗って駆けつけました。

高校時代の友達は、その多くが中・高・大と一緒の学校で学んで、その後もずっと友達関係が続いているので、遠慮なく何でも話せるのがいいですね。なんだかいつもホッとします。もちろん、久しぶりに会った同級生とも昔に戻って楽しい時間を過ごすことができました。

先生方もいつまでもお元気そうで、私達も励みになります。また5年後の再会が楽しみです。

| | Comments (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »