« 最高の幸せ!「ラ・カージュ・オ・フォール」(1/18マチネ)観劇 | Main | 初めてのバレエ鑑賞 レニングラード国立バレエ「ジゼル」ーミハイロフスキー劇場ー(1/22) »

昨日はお休みでした

昨日は、月に1度の税理士さんがいらっしゃる日でしたので、美術館と映画館をハシゴしてきました。

Photo まず、名古屋市美術館で開催されている日仏交流150周年記念 開館20周年記念 モネ「印象 日の出」展を見てきました。

去年、美術が専門のお友達が書かれた本を読んで、「やっぱり本物の絵を見なくちゃ!」と思い行ってまいりました。

割と早い時間に出かけましたが、結構混んでいましたよ。

本の影響で、いつものようにタラタラ~と見るのはもったいないと思い、初めてイヤホンガイドを借りてみました。

全ての絵の解説がされているわけではありませんが、解説付きの絵の前では、聞き終わるまでじっくり見ることができるので、借りてよかったです。録音時間は全部で30分くらい。

今回の目玉作品の「印象 日の出」は、すぐ近くからでも、少し離れた位置からでも見られるような工夫がされていました。絵から少し離れた、高い位置にも見る場所が作ってあるんですね。解説を聞きながら、両方の位置から見てみましたが、随分違って見えるんですね。私が本から得た知識によると、印象派の絵というのは、少し離れた位置から見て、見た人の目で絵の具が混ざり合って見えるような工夫がされているそうなんです。なるほど~。

先ほどの本「常識として知っておきたい世界の絵画50」には、イヤホンガイドで説明されていたようなこともわかりやすくたくさん書かれていて、私のような初心者にはオススメです。何も知らずにタラタラ~と絵をながめるより、少し予備知識を仕入れてから鑑賞した方がずっと楽しめますね。予習の時間が無い場合は、イヤホンガイドもかなり手助けになると思いました。

Photo_2 静かな空間で印象派の絵を楽しんだ後、急いで名駅に移動し「ワールド・オブ・ライズ」を見てきました。これは映画好きのお友達が面白かったと言ってたのですが、PG-12指定だということに気づきませんでした。つまり、残酷なシーンがあったんですよね・・・。

まあ、そんなシーンがたくさんあるわけではなかったので、ちょっと目をそらしながら見ましたよ。テロのお話なんですけど、嘘をついたらダメだよ、というお話(笑)。いえ、騙し騙され、見ている方もハラハラ、手に汗握るストーリーでした。

|

« 最高の幸せ!「ラ・カージュ・オ・フォール」(1/18マチネ)観劇 | Main | 初めてのバレエ鑑賞 レニングラード国立バレエ「ジゼル」ーミハイロフスキー劇場ー(1/22) »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

ご紹介、ありがとうございます!
今回の展示、「見やすいポイント」が作られてて、
よかったですよねー。

あと、イヤホンガイド、借りたことがないんですけど、
今度、試してみようと思います。

Posted by: あき | January 23, 2009 at 08:16 AM

>あきさん

いや~、あきさんには必要ないと思いますよ。>イヤホンガイド。

絵の具の話とか、「あ、知ってる知ってる」って思いました(笑)。

画面の説明なんかは、実物を目の前に説明してくれますから、すごくわかりやすくて良かったです。

あきさんのおかげで、美術館に出かける良いきっかけができました。今年は何度か行ってみようと思っています。

Posted by: きゃらめる | January 23, 2009 at 08:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 最高の幸せ!「ラ・カージュ・オ・フォール」(1/18マチネ)観劇 | Main | 初めてのバレエ鑑賞 レニングラード国立バレエ「ジゼル」ーミハイロフスキー劇場ー(1/22) »