« February 2009 | Main | April 2009 »

March 2009

洗濯機買い替えます

我が家は4年くらい前から、ドラム式の乾燥機付き洗濯機を使っていますが、不満たらたら~でした。

何が気に入らないかというと、

☆洗濯も乾燥も時間がかかる。

☆乾燥機を途中で開けられない。中を見て、もう乾いていると思って止めても、中が冷めなければ開けられません。そして、乾燥しすぎでくちゃくちゃになっている。

☆洗濯物の多い我が家、雨の日など、乾燥機が回っていると、次のお洗濯ができない。

☆本当にきれいになっているのか疑っています(笑)。ハンカチをたたんだまま洗うと、たたんだまま出てくるので。

☆しばらく使っていると、洗濯物が臭うようになってしまいますが、市販の洗濯機クリーナーでは不十分で、専用のクリーナー(高い!)を使って15時間くらい洗浄しないといけない。頻度は年に1回くらいだそうですが、我が家は使用回数が多いのか、1年持ちません。

☆タオルがごわごわ。顔を拭くと痛い(笑)。

お友達に聞くと、うちのような不満は無い人もいるので、好みの問題なんだと思います。我が家ではどっぷり水に浸して(特にすすぎは念入りに)したいので、ドラム式は好きではありませんでした。

でも、4年では買い替えはもったいないし(実は、使い始めてすぐに不満が出てきました)、壊れる様子もありませんでしたが、この度めでたく、会社の洗濯機が壊れてしまったので、我が家のを会社で使うことにして、うちは従来型の普通の洗濯機を買うことにしました。

よかったよかった。めでたしめでたし。^^

| | Comments (0)

「レ・ミゼラブル」(3/29 千秋楽)観劇

329 名古屋レミゼ、終わってしまいました~。始まる前は「またレミゼ」と不謹慎なことを思っていましたが、1度見てしまうとやっぱり生活がレミゼ一色に(オーバーです)。あっという間の1ヶ月。終わってしまうと本当に寂しいですね。

昨日は遠征組も多かったとみえて、劇場内のコインロッカーに空きがありませんでしたよ。やっぱりね。山口さんだし、千秋楽だし、みんな見たいですよね。

私はいつも後から「もう1度見たい」病にかかってしまい、今回も最初から千秋楽のチケットを取っていたわけではないのです。でも、運よく譲って下さる方がみつかり、2階バルコニー席という、初体験の席で見ることができました。ちょうど、1階の真ん中の通路の真上あたりの席で、バリケードの上の方が1階席からより近く感じられました。

千秋楽キャスト

ジャン・バルジャン 山口祐一郎

ジャベール     今 拓哉

エポニーヌ      坂本真綾

ファンテーヌ    山崎直子

コゼット        菊地美香

マリウス               泉見洋平

テナルディエ            安崎 求

テナルディエの妻     森公美子

アンジョルラス        東山義久

今回も東山君中心のレポになります。^^;

バルジャンが「彼を帰して」を歌うシーンですが、ライトはバルジャンと横になるマリウスに当たるので、バリケードを守る学生達は暗くてよく見えません。

先日見たときも、バリケードの上の方(アンジョルラスがいる)が気になりながらも、舞台の真ん中を見ていましたが、今回はしっかりアンジョルラスを見ました。双眼鏡で。

曲のどのあたりか忘れましたが、アンジョルラスは何か考え込むように下の方をじっと見てるんですね。その後、手にした銃を額に当てて、何か祈るような仕草をするんです。それから空を見上げて、悩みながらも決意を固めたみたいな、そんな様子でした。

ライトが当たらなくて、普通ならまったく目に入らないのに、東山君はこんな演技をしていたんですね~。ますますステキheart04

もしかしたら、他の学生さん達もそれぞれの演技をしていたのかもしれませんが、数回通っただけで全部把握するのは絶対無理です(汗)。私も20年間で10回くらい見ましたが(まだまだ少ないですね~)、今回初めて気づきました。レミゼって、やっぱり奥が深いですね~。

結婚式での東山君は、白いカツラを着けた給仕の役で、テナルディエ夫妻の曲に合わせてその場でステップを踏んでいました。

22日の時は、もう一人の白カツラの人にステップを教えてあげてるみたいで、最後は二人並んでスキップしながら退場しましたが、29日はもう一人の人がなかなか来なくて、その間一人で踊っていました。で、もう一人がやってきて「どうやるの?」みたいな感じで東山君の足元を覗き込んで、それから二人で仲良く退場しました。

日によって、少しずつ違うんですね。

そうそう、この日のテナルディエ夫妻は、バルジャンとの交渉の時、名古屋弁バージョンになっていました。で、バルジャンを引き止めようとするシーンで、モリクミさんが体を張って(笑)、山口さんにしがみつくような格好になり(お相撲みたいだった・・・)、ほとんど笑ってましたね。山口さんも必死で笑いをこらえている感じで。

なんか、千秋楽っぽくていいなあ~って思いました。

そして、千秋楽の舞台挨拶がありました。司会は安崎さんでしたが「マリウス役の・・・」と自己紹介を始めたので大爆笑。私の聞き間違いでなければ、この日がレミゼ2395回目の公演だったそうです。もうすぐ2400回なんですね!すごい!!

最初に紹介されたのが「愛する妻」のモリクミさんでした。モリクミさんは名古屋公演2度目の参加だとか。え~?そうでしたっけ??なんだかずっとやっていらっしゃるような印象です。長いこと名古屋公演が無かった頃にレミゼに参加されたんでしょうね。

名古屋はおいしいものがたくさんあるっておっしゃってましたが、ダイエットに成功して、ウェスト18センチも細くなったそうですよ。見えませんね(笑)。

次は東山君の挨拶でした。東山君は今回の名古屋公演のみの参加で、これから始まる旅公演や帝劇は不参加なんだそうです。そしてこの日がアンジョルラス136回目だったそうです。見られて幸せ~。本当にステキだわheart04

この時点で私はすっかり舞い上がってしまったので、後の挨拶はあまり覚えていません。^^; 最後にモリクミさんが、旅公演では砦はあるのでしょうか?どうなるのか出演者にもわかりません、とおっしゃっていました。砦の無いレミゼ?考えられません~。

ところで、うちの娘はすっかりレミゼにはまってしまいましたが、帝劇のチケットを買うために、今からバイトでお金をためるんだそうです。私の宝物のレミゼの本も貸してやる予定です。私自身は帝劇でレミゼは無いだろうな・・・。見たいけど、節約節約。

でも、気が変わって・・・となりそうで心配です(笑)。

| | Comments (2)

行列のできるかりんとう

Photo 26日に東京から名古屋へ帰るとき、新幹線発車までかなり時間があったので、地下のグランスタに行ってみました。お目当ては日本橋錦豊琳のかりんとうです。

ここのかりんとうは、お土産でいただいて食べたことはありましたが、去年何度か東京へ行ってもいつも長い行列ができていて、並んでいたら列車に乗れなくなりそうなので買ったことはありませんでした。

お店まで行くと、行列が無い!?朝の8時半頃だったので、まだ列ができていなかったみたいです。

種類が多いし、どれにしよう~と悠長に物色していたら、私の後ろに列ができ始めました。なかなか決まりそうもないので、後ろの方たちに先に行ってもらい、やっと選んだと思ったら「お一人様15袋まで」ですって!

えぇ~!!足りないじゃん。でも、もう1回並んだら買えると言われたので、2回並んで最大30袋を購入しました。^^

ここのお店の1番人気は「きんぴらごぼう」だそうです。袋を開けると、ごぼうのいい香りがしてきます。味はきんぴらごぼうそのものの味で、ピリッと甘辛。止まらなくなります。

2番人気は「むらさきいも」だそうです。女性の中では1番人気だとか。むらさきいものほんのりした甘さが絶妙で、こちらも食べだすと止まりません。

今回はいろんな味が買えたので、味見するのが楽しみです。

| | Comments (4)

表参道ケーキラスク

Ca380003 東京駅の中を通ると、東京銘品館というお土産屋さんがあります。常設のお店の他に、入り口にはいつも新作や限定物を売るコーナーがあって、「今日はどんなお土産があるかな?」と東京へ行くたびに楽しみにしています。今までこのブログで紹介した「東京ポテショコラ」「しょこらね」「さくらパイ」もこのコーナーで買いました。

今回は、先日娘が買ってきてくれた「ブラウニー」を買うつもりでしたが、残念ながらお店は出てませんでした。

代わりに売られていたのがユーハイムの「表参道ケーキラスク」です。ちょっと派手なパッケージに入っていて、24日の夕方、WBC優勝に関してインタビューされていたおばさんが、ここの袋を持っていたのをTVで見ました(笑)。

普通のラスクがパンでできているのに対して、これはケーキが素材になっているということなのかしら?とっても軽い口あたりで、サクサクっといくらでも食べられます。

Photo この表参道ケーキラスクを食べながら、私は「どこかで食べたことがある味だわ・・・」と考えて思い出しました!!子供の頃に大好きだった泉屋のサボイフィンガー64にとてもよく似た食感だったのです。お口の中に入れるとすーっと溶けてしまうような軽いクッキー。泉屋の方が少し固めかな?最近食べてないので、また食べてくなってしまいました。

素朴なお菓子は飽きが来なくていいですね。

| | Comments (0)

「レ・ミゼラブル」(3/26 マチネ)観劇

326 今日のレミゼはニュースが3つ!

その1 カーテンコールの花が、何と2階席に届きました!!投げたのは藤岡マリウス。すごい~!!ビックリしました。

その2 山口バルジャン裁判のシーンで♪ニーヨンロクゴーサ~ンの「サーン」の部分をオクターブ上げて歌いました。先日の山口さんの調子がイマイチっぽかったので、びっくり。しかも初めて聞きました。今日の山口さんは好調だったので嬉しかったです。

その3 ガブローシュの投げたカバンが、久しぶりにキャッチされました。今年のレミゼでも4年前のレミゼでも、キャッチするのを見ていないので。思わず音の出ない拍手をしてしまいました。お隣の席のリピーターさんも音なし拍手してました。

本日のキャスト

ジャン・バルジャン  山口祐一郎

ジャベール      岡幸二郎

エポニーヌ      知念里奈

ファンテーヌ     シルビア・グラブ

コゼット       神田沙也加

マリウス       藤岡正明

テナルディエ     三谷六九

テナルディエの妻   田中利花

アンジョルラス    原田優一 

山口さん  今日はすごく良かったです。22日ソワレでちょっと声が出しにくそうな感じでしたが、今日は迫力もあったし、山口さんらしさがすごく出てました。東京から戻って来る間も、新幹線の中でずっと山口バージョンを聞いていましたが、CDに負けない歌声でした。

先ほども書きましたが「24653~」は予期していなかったので、ホント、びっくりしました。ちょっと小さめの声になってしまったのが残念。

藤岡君  太りましたね~(笑)。元々、ぽっちゃり体型でしたが、2004年レミゼで見たときよりも、去年サイゴンで見たときよりも、かなり丸くなっちゃって(笑)。しかもマリウスの髪型がポニーテールだったので、これにもびっくり。今まで見たことあったかな?ポニーテールのマリウス。

カーテンコールでは、育三郎君や泉見君は途中でコゼットをほったらかしにしていましたが(笑)、藤岡君は最後までコゼットをエスコートしてましたよ。偉い!

そして、お花が二階席に届いたのにはアッパレ!!です。

神田沙也加ちゃん  彼女を見るのは「ウーマン・イン・ホワイト」に続いて2度目でした。ウーマン・・・の時は音も不安定で声もか細かったので、それと比べるとすごく上手になったと思います。ただ、マリウス、エポニーヌとの三重唱など、他の人と声が重なるとかき消されてしまう・・・。特に藤岡マリウスの声が大きいので、コゼットの声が聞こえない~(笑)。

それからメイクがちょっとキツイかな。特に眉の描き方のせいか、いつも眉間にシワ寄せてるみたいな顔になってました。カワイイのにもったいないと思いました。

知念ちゃん  他のエポニーヌの方の歌い方が、割と島田歌穂さんっぽい歌い方のような感じがしますが、知念ちゃんのエポはちょっとタイプが違うような気がします。うまく表現できないんですけど、何か違ってて、それはそれで個性があっていいなあと思いました。

原田君  私は東山アンジョにぞっこんなのですが(笑)、原田アンジョもいいですね~。見た目にも美しいし。^^

東山君は砦に駆け上って、旗を取る前に、ちょっと振り返ってみんなの方を見て笑ったんですけど、原田君は駆け上ってすぐに旗を取りました。アンジョルラスの演技を細かく双眼鏡で見たのは初めてですが、役者さんによって違いがあるんですね。

そうえいば、アンジョルラスのリボンの色ですが、東山君は黒、原田君はえんじっぽい赤でした。松原君は、確か赤だったと思います(ちょっと自信ない)。衣装はみんな同じだと思っていたのですが、少し違うんですね。

今日の観劇も最初から予定していたわけではないのですが、タナボタ式にお友達にチケットを譲ってもらいました。おかげでいろんなキャストで見られて嬉しいです。Mさん、ありがとうございました!

次は千秋楽だ~。

| | Comments (2)

WBC二連覇!!

今、東京に来ています。今日ほど携帯にワンセグ付いててよかったと思ったことはありません(笑)。

新幹線の中でもずっと見ていましたが、トンネルの中はさすがにダメですね。でも、トンネルを出ても受信できない状態が続いていて、ふと斜め前の席の人を見ると、彼のワンセグは映ってる・・・。そこで初めて気付きました。エリアが変わってたんですよ。

東京に着いてからも、今日はワンセグ見てる人が多かったと思います。娘と待ち合わせのカフェでは、隣の席のおばさんと盛り上がってしまいました。おばさんも次に携帯を買うときはワンセグにするそうです(笑)。

それにしても、9回に同点にされた時は、ダルビッシュまたか~と思いましたが、勝てて良かった!

そうそう、今回の東京は友達も観劇も無しです。ひたすらオシゴト。

| | Comments (0)

「レ・ミゼラブル」(3/22 ソワレ)観劇

322 昨日から東山君heart04ラブモードになっています。

昨日のレミゼは、チケットを買う時に、1回だけの観劇のつもりで買った日でした。ですから考え抜いた末のキャスト。東山君は絶対はずせなくて、新妻聖子ちゃんも見たくて、できれば山口さんvs岡さんで、と考えたら次のようなキャストになりました。シルビアさんとモリクミさんは諦めたのですが、後で譲ってもらったチケットでシルビアさんもモリクミさんも見られたので結果オーライです。

ジャン・バルジャン  山口祐一郎

ジャベール     岡幸二郎

エポニーヌ      新妻聖子

ファンテーヌ     山崎直子

コゼット       菊地美香

マリウス       泉見洋平

テナルディエ     三谷六九

テナルディエの妻   田中利花

アンジョルラス    東山義久

昨日は双眼鏡で東山アンジョばかり追いかけて見てました。^^; 4年前はストレートヘアーを後ろで結んだ髪型でしたが、今回はパーマのかかったショートヘア。とっても似合ってて、前よりもかっこよかったです。

エポが死ぬシーンとか、砦で戦うシーンとか、ABCカフェのシーンとか、東山アンジョは一体どんな表情をしているんだろうと、そればかり見ていたので、肝心のメインの演技をかなり見落としてしまったような気がします。^^;

7日に観劇した時、結婚式のシーンで、何か見落としているような気がして、私の4年前の日記を読み返してみたら、なんとアンジョルラスのウェイターは必見って書いてあるじゃないですか!

7日はそんなことすっかり忘れていて育三郎マリウスばかり見ていましたが、今回はちゃんと東山君に注目しました。見落とさなくて良かった~。忘れっぽいので、こういう時にブログに書いておくと、後々役立ちます(笑)。

で、7日に一緒に見た娘にも教えてやろうと思い、CDに付いてる香盤表を見せたら、何で見る前に教えてくれなかったの!と叱られてしまいました(笑)。でも、彼女はレミゼはまだ2度目の初心者。よそ見してたらいけないと思うんです(←言い訳)。私もこの20年間でまだ観劇10回に満たないひよっこなので、学生の名前も全然わからないし、よそ見してる場合じゃないんですけどね・・・。^^;

東山君のことばかり書いてますが、他のキャストのことも少し。あんまり目に入ってないんですけど。^^;

山口さん  調子が悪そう・・・という話を聞いていたので、ちょっと心配していました。確かに、声に艶が無い。なんか、喉を締め付けるような苦しそうな感じがしました。小さく歌うところは、最近ちょっと気になってるささやき声で、いわゆる山口さんらしさがあまり見られなくなったような気がしました。それでも、ちゃんと歌えてしまうところはさすがだと思います。

そういえば、今WBCやってますよね。何か、山口さんとこの間までのイチローの姿がかぶってしまって・・・。みんなの期待が大きいし。イチローは復調しつつあるので、山口さんも千秋楽に向ってがんばって欲しいです。

岡さん  威厳と気品のあるジャベールです。禅さんの方が人間臭い感じがしました。歌はもちろん素晴らしい声で、山口さんもこれくらい歌えるはずなのに・・・と思ってしまいました。

泉見君  かわいい。育三郎くんとおぼっちゃまぶりを張り合えますね(笑)。歌も上手だし、彼のマリウスも好きです。

菊池美香ちゃん  背が小さくてかわいい!歌も上手でした。

田中利花さん  お上手だし、迫力あるんですけど、モリクミさんみたいに笑いが起こらないのは何故?モリクミさんが特別な存在なのかもしれませんね。

聖子ちゃん  今回も良かった!せつなくていじらしい、可愛そうなエポニーヌでした。聖子ちゃんはこの日がひとり千秋楽で、舞台挨拶がありました。地元(稲沢)出身で、私も少しだけ稲沢の血が流れているので、とっても親しみを感じます。

私の観劇はあと1回!のはずでしたが、やっぱりもう1回東山君が見たくて、千秋楽のチケットをゲットしてしまいました。^^;

節約しなくちゃ、と思って1回のみの観劇のはずが結局4回に・・・。こんなことなら最初から千秋楽のチケットを手配しておけば良かったです。いつも同じ失敗を繰り返しています(汗)。

| | Comments (0)

今日から再放送「デスパレートな妻たち3」

Photo 4月8日から、待ちに待った「デスパレートな妻たち4」が始まります。嬉しい!!それに先立って、シーズン3の再放送が今日から始まります。シーズン3なんて、一体いつ見てたのか、もうすっかり忘れるくらい前の話なので、再放送見ようかしら?

BS2の水曜夜11時の海外ドラマ枠は、この前まで見ていたBBCの「ステート・ウィズイン」や、去年の「ステート・オブ・プレイ」が両方とも政治もので、私の頭ではうまく消化できないくらい難しい話だったので、お気楽なデスパレートが始まるのが本当に楽しみ。

でもNHKの海外ドラマっていつも吹き替えなのが不満。オリジナルの声と全然違う人もいるので、オリジナルの声を聞いた時にビックリしてしまいます。あれ、何とかして欲しいです。

| | Comments (0)

いいかも。パソコン用メガネ

Photo 少し前に通販でパソコン用メガネを買いました。私はまぶしいのがダメで、パソコンのモニターもとてもまぶしく感じます。画面を暗くすると見えにくくなってしまうし、パソコン用のメガネが欲しいなあ・・・と思っていました。

何年か前にシニアグラスを作った時、メガネ屋さんで聞いてみましたが、その店では特にパソコン用は作っていないとのこと。ネットでそんなレンズがあることを知っていましたが、色の入ったレンズでがまんすることにしました。

でも、パソコンやるには、シニアグラスじゃなくていいんです。それにシニアグラスだと、他のことをする時に、いちいちメガネをはずさないとかえって見にくいですよね。

今回買ったメガネは、有害な光線をカットしてくれるみたいですが、私にはまぶしくないだけでもありがたいです。度が入っていないので、車の運転や、お買い物(スーパーとか家電ショップって、私には光が強すぎるのです)する時とか、結構いろんなシーンで活躍しています。

ネットで調べたらこのレンズ、結構高いみたいなので、よい買い物ができたかな~と思っています。

| | Comments (0)

天童よしみ特別公演(3/16 夜の部)観劇

Photo_3 御園座の「天童よしみ特別公演」を見ました。天童よしみ公演は2度目です。1度目は3年も前のことらしいです。びっくり。

前半のお芝居は「紅頭巾 弁天小僧」です。よしみちゃんが紅頭巾の格好をすると、忍たま乱太郎の「くの一組」みたいで笑えます。刀も短い~って、ご自分でネタにしていました(笑)。

前回の自分のブログを見るまで忘れていましたが、あの加勢大周が出ていたんですね~、そういえば。

今回はフックンと、新田純一、汀夏子、穂積隆信、浅利香津代が共演でした。

Photo_2 後半の歌謡ショーはダンサーさんの登場も楽しみです。幕が上がり、なんだか怪しげな、アラジンみたいな格好のダンサーさんが登場。踊りも変だし(笑)、狭くて踊りにくそう・・・。すると、奥からクレオパトラに扮したよしみちゃん登場!!ナメたらあかん~!!!

今回も、10年前のラ・カージュにご出演されていた浅野元さんと春田優雅さんが出ていらっしゃいました。しかもお二人が1番目立っていて、大体いつも真ん中で、最後はよしみちゃんをエスコートして1度下がり、衣装を替えて3人で登場!素敵でしたよ~。

ラ・カージュだとメイクが派手で、誰が誰だかわからなくなってしまいますが、今回のお二人は私でもすぐわかりました。

それにしても、天童よしみはやっぱり歌がうまい!それに、客席が見えるのか、手を振る人がいると、ちゃんと手を振ってくれるんですね。あれはすごく嬉しいでしょうね~。私は恥ずかしくて振りませんが。^^;

弁天小僧の袖がキツくて抜けなくても、衣装が少々似合わなくても(笑)、愛嬌たっぷりで憎めないですよね~。またご招待チケットをいただけたら見に行きたいです。

| | Comments (0)

初めて!堂島ロール

Photo 友達から教えてもらい、日経プラスワン「ロールケーキランキング」で1位になった堂島ロールを、やっと、やっと食べることができました!

御園座や名古屋ミュージカル劇場の帰りに、交差点の向こうに見える長い行列に怖気づき、絶対根性ないから並べない・・・と思っていました(笑)。

今回私が並んだのは、伏見店ではなく、去年オープンしたミッドランドスクエア店です。お店の壁に沿って行列ができ、角を曲がって更に列が折り返していましたが、結構スムーズに列が進み、30分以内で買うことができました。

憧れの堂島ロールは、中のクリームがたっぷり。ちょっとなめてみると、甘さが控え目な感じです。外のスポンジはふわふわ~。黄色いケーキは、ぐりとぐらの巨大たまごのケーキを連想してしまいます(笑)。スポンジが少し甘めで、表面にパウダーシュガーがかかっているので、甘さ控え目の生クリームとのバランスがとてもいいと思います。あんなに生クリームたっぷりなのに、しつこくないんです。

そういえば、先日会社に某証券会社の方がみえたんですけど、堂島ロールの話になりました。その人、伏見のトヨタFS証券の前に行列ができているのを見て、「行列のできる証券会社って、一体何を売ってるんだ?」と、同業者として焦ったそうなんです。伏見店はトヨタ証券のビルの1階にあるのです。

そして、名駅といえば、同じく日経プラスワン「バームクーヘンランキング」で1位になったクラブハリエもお店があって、こちらもいつまでたっても行列が絶えません。私は前に1度買ってきてもらったことがあるので並ばないけど、おいしいものをゲットするには苦労が伴うものなんですね(笑)。

| | Comments (0)

激安まんじゅう発見!!

Photo 御園座地下の食堂街で、激安まんじゅうを発見しました。

写真のおまんじゅう、1パック10個入りですが、いくらだと思いますか?何と、1パックで110円なんです。2パック買ってもたった220円!!

お店の名前は古味知庵。御園座店はどうやら去年の9月にオープンしたみたいですね。大須にも8月にオープンしていたようです。以前TVで「10円まんじゅう」というのを見たことがありますが、このお店だったのかしら?名古屋で買えるとは知りませんでした~。

おまんじゅうはいろんな種類がありましたが、私はみたらしとさつまいもを買いました。うちの息子があんこが苦手なので、今回はあんこの入っていないものから選びました。

みたらしは、中にたれの入っているタイプで、以前に大阪で買ったものと似ています。でも値段が全然違う(笑)。

味はいいです。おいしいですよ!1個10円(正確には11円ですね)だなんて、何だか申し訳ないくらいです(笑)。

御園座の地下にありますが、劇場の外になるので、観劇しなくても買えます。伏見に行ったらちょっと寄ってみてもいいかも。

| | Comments (0)

シネマ歌舞伎「連獅子」「らくだ」

Photo ミッドランドスクエアで、シネマ歌舞伎「連獅子」「らくだ」の2本立てを見ました。名古屋には来ないかなと心配していたので、来てくれて良かったです。

ネタバレがありますので、2本目の「連獅子」の感想を先に書きますね。

「連獅子」は、2005年の勘三郎襲名披露で、花道横の席で見たことがあります。あの迫力ある舞台をもう1度見たいと思っていたので、今回のシネマ歌舞伎は本当に楽しみでした。

「連獅子」の1番の見所は、勘三郎親子3人が並んで髪を振り回す場面だと思います。一体何回、回しているんでしょうね?カツラが重そうだし、髪が長いし、とっても大変なのは誰が見てもわかりますが、全くふらつくこともなく、見事に回しきる姿は感動ものです。隣りの席のおばあさんも、感動して泣いていました。勘三郎さん、あのお歳ですごい体力です。

そして私は、もう1ヶ所楽しみにしていた場面がありました。それは、獅子の衣装に替えた3人が花道から登場するのですが、一度戻ってしまうんです。その戻り方が、後ろ向きにものすごいスピードで、3人縦に1列に並んだまま下がって行くんですね。

2005年に花道の真横でそれを見て、すごいな~と思ったものですから、今回も楽しみにしていました。

ところがその場面は、3人を割と大写しにしていたので、花道をサササ~っとバックする様子は、ほんの少しだけだったんです。

山田洋次監督が編集されているので、どんな映像になっているのかも期待していたんですけど、そこだけは私の好みとはちょっと合わなかったようです。

次は「らくだ」の感想ですが、ネタバレしてますのでご注意下さい。

1本目の「らくだ」は落語が元になっている歌舞伎で、爆笑ものでした。私はそんなに歌舞伎をたくさん見ているわけではありませんが、「らくだ」は今まで見た中で1番笑えます。吉本新喜劇より面白いです。

「らくだ」と呼ばれる馬太郎という男が、フグに当たって死んじゃうんですけど、それを弔ってやろうと、ヤクザな友達、半次(三津五郎)が屑屋の久六(勘三郎)を巻き込んで、馬太郎の大家からお通夜にお酒と煮しめを出させようと企てます。

で、予想通り断られたので、死んだ馬太郎を担いで大家の家に乗り込み、「カンカンノウ」を死人(しびと)に踊らせるというわけですが、そのやり取りが本当に面白いです。

死人の動き(本来動かないはずですが^^;)も絶妙のタイミングだし、気味悪がる勘三郎の表情や台詞に大爆笑。だって、死人を背中に負わせられて、その頬がぴたっと自分の頬にくっついてくるんです。ぞっとしますよね(笑)。

大家とそのおかみさんのおびえ方も滅茶苦茶笑えました。おかみさんなんて、逃げようとして、勢い余って玄関から勘三郎を飛び越えて落っこちてしまったので、勘三郎も三津五郎も笑いをこらえるのに必死でした。

うまいなあと思ったのは、おかみさん(彌十郎)が「痛いのはもういやだよ」と言ったり、次の場面で、勘三郎が早速前場面をネタにして観客を笑わせたこと。さすがですよね。

そして、死人役の亀蔵さんも見事な演技でした。ずっと目を閉じて、力を抜いたような演技は大変だったと思います。時にはかなりの勢いで倒れ掛かり、時にはズルズル引きずられ、痛くないのかなあ・・・と思いながら見ていました。

今日の客席は結構埋まっていました。2000円で歌舞伎が楽しめるわけですから、絶対オトクだと思います(毎回言ってますね ^^;)。是非是非、1度ご覧になってみて下さい。

| | Comments (0)

福臨門酒家 平日限定飲茶

Photo 友達が埼玉から帰ってきたので、英語のレッスンをお休みして平日ランチに行きました。お店を予約した後、英語友達から「天使のチョコリングを買ってきたから明日(13日)持って行くね」とメールが入り、ちょっと残念でした(笑)。

突然だったので、集まれたのは帰省中の彼女と友達もう一人と私だけでした。友達が帰って来ると、普段は行けないようなお店に行けるのが嬉しいです。

今回は、ミッドランドスクエア41階の福臨門酒家に行きました。このお店は前に紹介した、名古屋のグルメ社長さんのブログで高得点だったので気になっていました(グルメ社長さんは、夜の高いコースでしたが)。

出てきた点心は、どれもしっかり味が付いていてタレ無しでたべられるものがほとんどでした。私は最初の方に出てきたスープの中の水餃子のエビがプリプリだったのと、最後のマンゴープリンが特においしいなと思いました。

席はせっかく窓側の眺めのいい席を用意して下さいましたが、あいにくのお天気で残念。

すごくおいしくて、私は結構おなかが膨れましたが、友達2人には足りなかったみたい(笑)。確かにメインディッシュとか、麺類、ご飯類はありませんでしたから、男性だと全然足りないかもしれませんね。あ、友達は二人とも女性ですが。^^;

それで食後のデザートに文の助茶屋に行きました。もちろん、私もしっかり食べましたよ。

| | Comments (0)

目が痛い~

アレルギー体質で、一年中あちこちカユイ私。花粉症の季節も、特に悪化するわけではなかったのですが、このところ目が痒くてゴロゴロした感じがしてました。

で、昨日からのゴロゴロ感が取れないままだんだん痛くなってきて、夕方には目が開けられない状態に。痛いので鼻水まで出てくるし(笑)。

かかりつけの眼科は夕方はやっていないので、家族の通う目医者さんに連れて行ってもらったら、目にかなり傷が付いていて、やっぱりアレルギーが原因だとか(泣)。

2~3年前にも同じような症状になり、あの時はよく見える方の目がやられて(しかも運転中)、必死の思いで家まで帰ったっけ・・・。

治療をしてもらい、ようやく痛みが取れてきましたが、しばらく通院するように言われてしまいました。この季節の眼科って、混んでるからいやなんだよね~。予約制じゃないらしいし。

明日は埼玉から帰ってくるお友達に会う約束があるし、明後日は子供の学校の行事があるし、何かと忙しいんだけど、見えないのは困るので目医者にも行こう。あ~、ユウウツ.。

| | Comments (2)

めざましテレビで紹介されたブラウニー

Photo 先日娘が帰ってくる時に、おみやげは何がいいか聞かれたので、自分が食べたいものを買ったら?と言ったところ、コートクールのブラウニーを買ってきました。

お店は恵比寿にあるみたいですが、東京駅に出てたようです。たまたまだったのかしら?

ホームページを見たら、1本300円もしてるっ!高っ!!でも、おいしいです。

表面はさっくりした生地で、全体的にはもっちりとした食感。チョコレートがほろ苦く、甘さもあるし食べやすいです。

1本ずつパッケージしてあって、そんなに大きくありませんが、1本300円もするなら、大事に味わって食べないともったいないです(笑)。

東京は、まだまだ知らないおいしいものがいっぱいありそうですね。

(3月13日追記) 今日、帰省している友達にブラウニーの話をしたら、彼女もこれを買ったとか。「1本300円なんて高いね」と言ったら、日持ちのするのとしないのがあって、日持ちしない方がもっと大きくて多分300円なのでは?と言ってました。

娘が買ってきたのはもっと安かったわけです。安心しました(笑)。

| | Comments (0)

育三郎くんファンクラブ

入会しましたsign03 娘が・・・lovely

入会金なし、年会費1936円=イクサブロウなんですね(笑)。

12月のラ・カージュで、育三郎くんのジャン・ミッシェルにメロメロになり、今回の帰省も育三郎くんを見に帰ってきたようなものです。帰ってきて本当に良かったと申しておりました。

これからは育三郎くんが出てる舞台のチケットは、娘に取ってもらえるのかな?でも、ラ・カージュはもうやりませんね。残念。

てか、うちのパソコン、「いくさぶろう」を変換してくれないのよ。ったく。

| | Comments (0)

またまた北海道物産展に行ってしまいました

松坂屋でやってる北海道物産展に、帰省中の娘と、義妹と一緒に行ってきました。

Photo_2 まず、花畑牧場の「生キャラメルソフトクリーム」の列に並びました。生キャラメルは通販で買えますが、ソフトクリームは買えないので。10分くらい並んで買うことができました。で、お味は?

濃厚な生キャラメルに比べると、何てあっさり味。キャラメル風味はほとんどしません。くど~いキャラメル味が好きなきゃらめるとしては、かなり物足りなかったです。

ソフトクリームを食べた後は、スイーツを何種類か物色しました。

Photo まず、お馴染みの三方六。今回はチョコレート味が登場していたので両方買いました。手頃な値段で買えておいしいので、我が家では人気があります。

Photo_3 その次に、チラシを見て息子からリクエストのあった花月堂のロ-ルケーキを買いました。白、塩キャラメル、生キャラメルの中から生キャラメルロールを買いました。味は濃厚で私好みの味。でも、何故生キャラメルロールなのかがわからない・・・。キャラメルロールでいいのでは?と思ってしまいました。

Photo_4 最後に、フラノデリスのふらのふらんフロマージュを買いました。プリンとトマトジュレは売り切れでした。

このふらのふらんフロマージュ、かなりおいしいです。チーズケーキと言ってしまっていいのかしら?外側はサクサクっとした生地のチーズケーキ、真ん中はとろとろのカスタードクリーム。生キャラメルソフトに並んでいる時から、このタルトを焼くいいにおいが漂ってきたんです。ソフトの列に隠れてしまって、ちょっと気の毒な気もしましたが。

その後、お弁当などを買って帰宅。おなかいっぱい大満足でした。^^

| | Comments (2)

レ・ミゼラブル(3/7 ソワレ)観劇

ジャン・バルジャン 別所哲也

ジャベール     石川 禅

エポニーヌ     新妻聖子

ファンテーヌ    シルビア・グラブ

コゼット      辛島小恵

マリウス      山崎育三郎

テナルディエ    駒田 一

テナルディエの妻  森公美子

アンジョルラス   松原剛志

37_4 名古屋レミゼ始まりました~。チケット取る頃には、「またレミゼ。何でヴァンパイア来ないの?」なんて不謹慎なことを思いましたが、レミゼはやっぱりレミゼ、素晴らしいです。来てくれてありがとう!(笑)

昨日のチケットは、この日に行けなくなってしまったお友達から譲っていただきました。彼女が厳選したキャストだけあって、文句なし、パーフェクトな舞台でした。いや、出だし、「1815 ツーロン」と文字が映し出された後、パソコンの画面になってしまったのには興ざめでしたが・・・。

気を取り直して、いよいよ出演者が舞台の上に。もう、ここからはどっぷりレミゼの世界に浸ることができました。退屈なシーンなど全く無く、素晴らしい音楽に乗せてすごいスピードで話が展開して行きます。作品の底力と役者さんの熱気を感じます。

バルジャンは別所さんでした。別所バルジャンは1度見てますが、前回より格段に良くなっていました。バルジャンの苦しみ、悲しみがひしひしと伝わってきて泣けます。

石川さんのジャベールは、すごく熱くて迫力がありました。とにかく歌がお上手なので、ソロで歌うシーンは身震いするほどです。特に自殺のシーン、彼の苦悩、心の葛藤が突き刺さってくるようでした。

シルビアさん、新妻さん、モリクミさん、駒田さん。もう、完璧なキャスティングですね。

今回、特に注目したのはマリウスの山崎育三郎君。彼はこの前のラ・カージュでジャン・ミッシェルをやっていました。去年までは、和製IL DIVOと言われているESCOLTAのメンバーだったそうです。ということは、私、TVで見たことあるのですが、あれが育三郎君だったなんて全然知りませんでした(汗)。

ルックスもいいし、歌もうまいので、これからたくさんいい役をやって欲しいです。娘なんて、ラ・カージュ見て完全にノックアウトされてしまったので、今回レミゼを見に名古屋へ帰ってきて大正解だったと喜んでました。レミゼがなかったら、帰ってこなかったの?(笑)。

カーテンコールはちょっと笑えました。育三郎マリウス、最後までコゼットをエスコートしないとダメでしょ~(笑)。最後の方ではコゼット一人ぼっちで、プリンシパルなのに2列目にいましたから(汗)。

カーテンコールの最後で、別所さんがシルビアさんをお姫様だっこして、何度もポーズを取ってくれたのは見ていて楽しかったです。それを見たモリクミさんが「私も~」みたいな感じで、駒田さんがだっこしようとしましたが無理でした(笑)。

名古屋レミゼ、開幕したばかりなのに完成度が高いです。実はあと2回、行く予定があります。私自身が厳選したキャストで1回(昨日のキャストとあまりかぶってないのもラッキー)、お友達から譲ってもらったチケットでもう1回。今からとっても楽しみです。

| | Comments (0)

電子辞書 続き

G10001 一昨日、電子辞書のことを書きましたが、その後も毎日値段をチェックしています(笑)。そんなに急激に安くなるはずがないことは、わかっているんですけど。

そしたら今朝、セイコーからも新機種が出たという情報が。早速見てみたら、私のG10000の後継機種G10001が発表されたとか。でもセイコーはカシオよりお値段が高めです。ただ、画面の見やすさとか、キーの打ちやすさは優れているので、私はすごく気に入っています。

買う予定は全然無いんですけど、コンテンツを見るといいな~と思ってしまいます。

今は娘用のGF10000(カシオ)の値下げ待ち。新学期までには無理でしょうね~。

| | Comments (0)

激安パソコン!!と思ったら

Pc 昨日の夕食後、イオンから【150台限定】※万一品切れの際はご容赦下さい 【会員さま限定価格】ズバリ!24,800円というメルマガが届いていました。

興味津々、この値段ならもしかして買っちゃうかも・・・と思って見てみたら、既に完売。メルマガが届いた時間が夕方5:45頃だったので、夕飯作って食べてる間に売り切れてしまったってこと?

やっぱりお買い得だったのかしら?何となく、悔しい(笑)。

| | Comments (0)

電子辞書

Gf10000 去年の春、中学3年になった息子に電子辞書を買ってやりました。私としては中学生のうちは紙の辞書を使って欲しかったのですが、辞書を使う気配は全く無し。1年早いけど辞書を使ってくれるならと、その頃発売されたばかりのEX-Wordの中高生モデルを買ってやりました。ジーニアスの英和、和英、ロングマン、広辞苑、ロイヤル英文法、古語辞典、歴史辞典、百科事典などが入っているので、高校卒業するまでは十分使えると思っていたんです。

ところが、英語の塾の先生から「これでは足りん」と言われてしまったみたいで・・・。先生の、「複数の辞書で調べる」方針には、私も大賛成。でも親だから、うちの息子がそんなことしないって知ってるんです(笑)。

でも仕方なく、追加コンテンツの中から英和を買おうと思ったら、EX-Wordで追加できる英和はリーダーズ(プラスも)だけで、1つで1万円近くもするんです!!

せっかく先生が、正しい辞書の使い方を教えてれるんだし・・・と悩んだ末、もう1台電子辞書を買うことにしました。

ネットで探しまくって、英語強化型の2007年モデルを、5年保証を付けて約2万円でゲット(ここの楽天店で買いましたが、ドットコム店なら更に安いけどクレジットカードは使えません)。これなら中高生モデルに入っていないリーダーズやオックスフォード、英語活用辞典も入っているので、大学に入ってからも使えそうです。使ってもらわねば(笑)。

なんてことをしていて、あっと気が付きました。大学生の娘は、高1で買った辞書のままだったんです。彼女こそ、もっと内容が充実した辞書で勉強してもらわないと。

で、私が持ってるセイコーのG10000よりコンテンツが優れていると言われている、カシオのGF10000に決定したんですけど、まだ出たばかりで値段が・・・。

どうせ今は春休み中で絶対勉強なんてしないはずだから、もう少し様子を見てから買おうと思っています。早く値下がりして~!!(私も欲しい~!!)

| | Comments (0)

「名古屋初公演」って言いますが

Photo 劇団四季の「ジーザス・クライスト=スーパースター」ジャポネスクバージョン。この間届いたハガキにも、今日届いたアルプにも「名古屋初公演」って書いてあります。でも、私、名古屋でジャポネスクバージョンを見たことがあるんです。

20年以上前だったと思いますが、2日間の公演で、1日がエルサレムバージョン、もう1日がジャポネスクバージョンでした。ええ、2日とも見ました(笑)。

ジーザスが山口さん、ユダが沢木さん、マリアが野村さん、ヘロデが市村さんだったと思います。私はノーマルな方が好きだったんですけど(笑)。

ジーザスは私にとってはミュージカルおたく(←娘にそう言われてしまった^^;)への道へ引きずり込んでくれた作品。高校生のくせに自腹で2回、学校から1回見に行きました。その時は、ジーザスが鹿賀さん、ユダが滝田さん、マリアが久野さん、シモンが沢木さん。市村さんは出ていませんでしたが、あの舞台は本当に衝撃的でした。

今回、名古屋公演のチケットはまだ取ってないんです。どうしようか悩んでいます。大好きな作品なんだけど(昔は1番好きな作品でした)、鹿賀さんや山口さんの時のように満足できるかどうか・・・。前回見たときも、昔ほど感動できなかったし・・・。

悩むわ~。

ところで、四季と言えば「キャッツ」の千秋楽延長になったんですね。あんなに必死でがんばったのに、結構無理して日程組んだのに、何だかふ~ん、て感じ。

| | Comments (0)

映画「幸せの1ページ」

Photo 「幸せの1ページ」(原題Nim's Island)を見てきました。少しネタバレしてますのでご注意を。

ジェラルド・バトラーが出てるから見たいって思ったはずなのに、映画が終わるまでそのことをすっかり忘れてました(汗)。オペラ座の怪人の時と、雰囲気が全然違うんだもん。

ジョディ・フォスターが潔癖症で外出恐怖症のアドベンチャー小説家を、コミカルに演じています。彼女が島に一人で残されてしまった少女ニム(彼女の小説の大ファンで、作者はヒーローだと信じている)を助けに、決死の覚悟で12年ぶり(だったかな?)に自宅アパートから出て南の島へ向かいますが、そのアドベンチャーぶりが結構笑えてほほえましいです。

ニム役のアビゲイル・ブレスリンも可愛い。島に住んでるから、もう少し日焼けしててもいいかなと思ったけど、白人の日焼けはこんなものなのかしら?

ジョディ・フォスターがやっとこさで島に到着してからは、あれれっと思うくらい早く話が終わってしまいました。ここで、もう一波乱起きて、全部で2時間くらいの映画になってても良かったかな?(本編は1時間36分)

「幸せの1ページ」というタイトルなので、2ページ目以降が気になる・・・という終わり方でした。気軽に楽しめる映画だと思います。

| | Comments (0)

お得な買い物だと思ったのに・・・

先日、あるものを買おうとデパートへ下見に行きました。結構気に入ったものがあり、家でネット検索。すご~く安くなっているのを見つけたんです。

で、日を改めて最終チェックのために再びデパートへ行き、さんざんいじくりまわして(汗)、結局ネットで注文しました。

と、ここまでは良かったんです。その後、そのお店のメルマガが届くようになり、そこには「ポイント5倍!」とか「大バーゲン!!」の文字が・・・。

普段は一度買ったものをまたチェックなんてしないんですけど、ちょっと気になって見てみたら、なんと、私が買った値段より、更に4000円も安くなっているではありませんか!!しかもポイント5倍・・・。

今すぐ使うものではなかったので、かなりダメージ大きいです。知らなきゃよかった、ですね。

| | Comments (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »