« 自分のアドレスからメール、その後 | Main | 「回転木馬」(4/11 マチネ) 観劇 »

映画「ヤッターマン」

Photo 映画版「ヤッターマン」見てきました!^^

タイムボカンシリーズは中学生の頃から見ていたので、ヤッターマンもすごく懐かしかったです。

アニメの実写化ということで、アニメを見てた人にはそのイメージが強く残っていますが、よくもまあここまで再現できたものだと感心してしまいました。

以下、少しネタバレがありますのでご注意下さい。

冒頭のシーン、渋谷をもじった渋山(?)でヤッターマンとドロンボー一味が戦っています。その破壊された建物のところどころにネタが散らばってました。目に付いたのはアクビ娘の絵(ポスターか看板?)とか壊れたみなしごハッチの像。この場所が「ハッチ公前」だったんです(笑)。両方ともタツノコプロのアニメですよね。それから、変な伊勢えびのバーガーの看板もありました。でも、元ネタはわかりません。 ^^;

登場人物やメカは、ビジュアル的にはアニメのまんまですね。ヤッターマンが変身するシーンや決めポーズ、決め台詞までもが、アニメに忠実に再現されていて作り手のこだわりを感じました。

登場人物の中では、私は特に生瀬さんのボヤッキーが良かったと思います。表情とか、声とか、雰囲気とか。さすが生瀬さん。

注目の深キョンのドロンジョ様は、最初、若すぎるのでは?と思ったんです。でも、よくよく考えてみたら、ヤッターマン放映当時、私はまだ10代。ドロンジョ様のことをすごいオバサンだと思って見ていたので、仕方ないですね(笑)。

調べてみたら、ドロンジョ様って24歳の設定なんですね。知らなかった~。30歳くらいかなって思ってました。小原乃梨子さんの声が色っぽかったので、そう思えたのでしょうか?

深キョンのドロンジョ様は、声がちょっと幼く感じてしまう時もありましたが、全体的にはいい感じ。小原ドロンジョの方がヒステリックで女王様っぽかったような気がしますが、深キョンドロンジョも美しくていいと思います。

そうそう、映画には小原乃梨子さんご本人がご出演されてました。トンズラーの声のたてかべ和也氏と、アニメ総監督の笹川ひろし氏と一緒に。3人で出ていらっしゃったので、私はてっきりボヤッキーの八奈見乗児氏かと思ったのですが、声が違っていたので後で確認したら、笹川氏でした。

映画ではアニメの主題歌もちゃんと使われてました。ドロンボのテーマ曲(?)も、3人の踊りつきだったので笑えました。作曲の山本正之氏は、名古屋人にとっては「燃えよドラゴンズ」作詞作曲をされた方として超有名ですよね。

アニメで使われていた「今週の・・・」というフレーズ(例えば、「今週のビックリドッキリメカ」とか)がそのまま使われていたのもおかしかったです。だって、今週のって言われても、映画版には今週も来週もないですよね。

でも、最後の最後に「来週の予告編」があるんですよ。本当に、来週の分が見られるといいのに。

|

« 自分のアドレスからメール、その後 | Main | 「回転木馬」(4/11 マチネ) 観劇 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自分のアドレスからメール、その後 | Main | 「回転木馬」(4/11 マチネ) 観劇 »