« うまくいくかな?トレーシー・メソッド | Main | 覚書き トニー賞など »

「ゲーム・オブ・ラブ~恋のたわむれ~」(5/31 マチネ)観劇

Photo

出演:岡幸二郎/今井清隆/寿ひずる/彩輝なお/紫城るい/菊池美香/治田敦

台本・作詞:トム・ジョーンズ 

音楽:ジャック・オッフェンバック 
編曲・補曲:ナンシー・フォード

原作:アルトゥア・シュニツラー 
翻訳・訳詩・演出:勝田安彦 

久しぶりにミュージカルの舞台を見てきました。岡さん&今井さんご出演の「ゲーム・オブ・ラブ」です。名古屋は今日1日だけの公演でした。私はレミゼ公演中に、迷った末にチケットを取りましたが、既にほぼ完売の状態でした。やっぱりチケットは早めに買わないと。

「ゲーム・オブ・ラブ」は、軽いタッチのラブコメディです。岡さん演じるプレイボーイのアナトールの恋のエピソードを、友人のマックス(今井さん)が語ってくれるというオムニバス形式で、5つのエピソードから成り立っています。

5つのエピソードそれぞれに、5人の女優さんが登場しますが、中でも「寿ひずるさんの巻」が面白かったです。

場面はアナトールの結婚式の朝、彼の部屋に介添人のマックスがやってきます。そこに、アナトールの元カノ=女優のイローナがいてびっくり。そして、当然修羅場を迎えるのですが、イローナはナイフで高価な絵を切り裂いたり、彫刻の胸像の頭をもぎ取ったり。その頭をマックスめがけて投げたら、本当に今井さんのスネ辺りに当たってしまって、今井さんが「本当に痛い・・・」と言ってました(笑)。

こんな場面になると、最近は舞台上で笑いをこらえる俳優さんをよく見かけますが、寿さんの顔つきはずっと真剣なままでした。ある意味新鮮で、ちょっとした感動でした。

この「寿ひずるさんの巻」は、今井さんや岡さんの歌もすごくコミカルで、こわいこわい寿さんとの3人の合唱が良かったです。

音楽はオッフェンバックで、私が知ってる曲も出てきました。曲名は出てこないけど(笑)。

なかなか楽しいミュージカルでしたよ。

|

« うまくいくかな?トレーシー・メソッド | Main | 覚書き トニー賞など »

「ミュージカル」カテゴリの記事

舞台」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« うまくいくかな?トレーシー・メソッド | Main | 覚書き トニー賞など »