« 覚書き お芝居2つ | Main | Happy Birthday! »

映画「宮廷画家ゴヤは見た」

Photo 先日、星ヶ丘三越で「宮廷画家ゴヤは見た」を見てきました。タイトルに「ゴヤ」の名前が出てくるので、ゴヤの人生とか、ゴヤの作品についての映画かと思っていましたが、ちょっと違っていました。

原題は「Goya's Ghost」ですが、実際ゴーストは出てこないので、邦題の方が映画の内容を表していると思います。ゴヤの目を通して、当時のスペイン社会が描かれています。

何かね、暗~い時代でしたね。権力者はコロコロ変わるし。特に当時のカトリック教会の有様には驚きました。異教徒を排除する方法とか、かなり残酷でした。映画で描かれているストーリーの中心部分はフィクションだと思いますが、あり得る話なのかもしれません。

ゴヤ自身は、自分が無力だとわかっているから(捉えられた女の子一人を助けることすらできない)、絵の中で世の中に訴えかけていたのかもしれませんね。

ゴヤ役のステラン・スカルスガルド は、「マンマ・ミーア!」や、先日見たばかりの「天使と悪魔」にも出演していました。ヘアスタイルが全然違うので、教えてもらっていなければ気づかなかったかも(笑)。

|

« 覚書き お芝居2つ | Main | Happy Birthday! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

きゃらめるさんのブログを朝見て、
スポーツクラブに行くのをやめて、急遽見てきました〜。
面白かったです! 教えてもらって感謝です。

架空の人物らしいですが、主役の神父の人生、おもしろすぎ(笑)!
まさにジェットコースター人生ですね。

Posted by: あき | May 27, 2009 at 01:54 PM

>あきさん

素早い行動でしたね!(笑)

主役の神父、全然同情できないけど、面白い人生を送ったね~と笑ってあげればいいんですね。^^;

実在の人物が出てくると、フィクションでもなんかすごく重く受け止めてしまいがちです。昔の人は残酷だわ。

Posted by: きゃらめる | May 27, 2009 at 09:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 覚書き お芝居2つ | Main | Happy Birthday! »