« もうツクツクホウシが | Main | 「ダンス・オブ・ヴァンパイア」(8/10 マチネ)~クコール劇場編~ »

「ダンス・オブ・ヴァンパイア」(8/10 マチネ)登城 ~本編感想~

Photo 8月8日に娘の部活の発表がイクスピアリでありました。イクスピアリまで行ったら、私の心は当然「夢と魔法の王国」に誘われ、シンデレラ城の帰りには、劇城へと誘われ・・・。3年ぶりの「ダンス・オブ・ヴァンパイア」、今回はミュージカル観劇が5年ぶりの息子も一緒に行きました。

入り口ではお盆スペシャルデーということで、普段はパンフレットにおまけで付いてくる団扇を全員に配っていました。なのでパンフのおまけはヴァンパイアのステッカー。この時点で既にトクした気分に(笑)。

ロビーではキャストの写真を撮りまくり、いよいよ客席へ。あ~ワクワクする~~。

この日のキャストは、サラが知念ちゃん、アルフレートが浦井君でした。3年前と8月終わりのアルフも浦井君なので、欲を言えば泉見君で見てみたかったけど、贅沢は言いません。

でも、浦井君、ちょっとお太りになりました?春に「回転木馬」で見たときより、明らかに顔が丸かったです。^^; 

浦井アルフ、すごく良かったです。特にヘルベルト(吉野さん)に襲われそうになって逃げまくるシーンは、演技とは思えない必死さと滑稽さで会場の笑いを誘っていました。

知念サラは今年初登場。歌も安定してるしうっとりするほど美しく、知念ちゃんバージョンのCDが欲しくなってしまいました。

石川禅さんの教授も良かったです。禅さんの3枚目役は、もしかしたら初めて見たかも。コミカルな演技も前任者の市村さんに負けないくらい面白かったです。歌はもちろんお上手なので、やっぱり禅さんバージョンのCDも欲しい。ただ、霊廟のシーン、前回は市村教授は何かにひっかかって宙ぶらりんになってしまったはずですが、禅教授は、棒のようなものにしがみついてその棒がくるっと回転してしまい、後にも先にも行けなくなってしまう、という設定でした。このシーンは前回の方が面白かったかな。

山口さんは、多分伯爵のキーが合っているんでしょうね。不安を全く感じさせず、どこまでも伸びるロングトーン。すごいです。前回は囁き声が少し気になりましたが、私自身ちょっと慣れてきたせいか全く気になりませんでした。むしろ、歌い上げる所とのコントラストがはっきりしていて良かったと思います。

そして、今回もお目当ては吉野さんのバカ息子、じゃなくてヘルベルトの入浴シーン(笑)。前回は心の準備ができていませんでしたが、今回は双眼鏡でしっかり見ましたよ。^^; このシーンは本当に大爆笑。浦井君や禅さんとの息もぴったりで、ますます見ごたえ十分でした。

2006年ヴァンパイアの感想はココココココです。ご参考までに。

|

« もうツクツクホウシが | Main | 「ダンス・オブ・ヴァンパイア」(8/10 マチネ)~クコール劇場編~ »

「ミュージカル」カテゴリの記事

舞台」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« もうツクツクホウシが | Main | 「ダンス・オブ・ヴァンパイア」(8/10 マチネ)~クコール劇場編~ »