« 憧れのレストランにて | Main | 定期演奏会 »

「スペリング・ビー」(8/4 ソワレ)観劇

Spellingbee 「スペリング・ビー」を見てきました。

この作品は、今までの「観客参加型」とはちょっと違った趣向の、すごく楽しい作品でした。

どうやって観客が参加するかと言うと、まず開演前にエントリーして、その中から4人が選ばれます。たまたま、私の後ろの席の人が選ばれたのでわかったんですけど、係りの人が「おめでとうございます」と言ってやって来て要領を説明します。

第一幕で名前を呼ばれたら舞台に上がり、出演者と同じようにスペリングビー(スペリングの暗唱コンテスト)で問題を出されます。その時に「わかりません」とは絶対言わないように、と注意されていました。

私達観客は、スペリングビーを見に来た客(出場者の家族、親戚、友人など)という設定で、突然登場した安寿ミラさんに、客席でのマナーを注意されました。いつの間にか舞台は始まっていたのです!

客席を巻き込む作品って、下手すると取り残されてしまうこともありますが、この作品は出演者が芸達者な方ばかりだったので、すごく笑えました。それに選ばれた4人も変に照れることもなく、しっかり舞台に溶け込んでいました。

4人の人は順番に名前を呼ばれるんですけど、女性2人、男性2人。女性のうちのお一人が「小林綾子さん!」と呼ばれたので、「あら、おしんと同じ名前だわ~」と思って見ていました。

舞台上では、出演者に混ざって名前が呼ばれて舞台中央に立つのですが、その時に簡単なプロフィール(創作!)が紹介されるんです。

で、小林綾子さんの時に、「朝の連ドラのヒロインに似ているとよく言われます」と紹介していたので、双眼鏡で見てみたら、なんとご本人様でした!そういえば8月は御園座で「おしん」をやるんですよね。見にいらしてたんですね~。2度目に呼ばれた時は「学芸会で『おしん』をやりました」と言われてました(笑)。

小林さん以外のゲスト(素人さん)もなかなか会場を沸かせていましたよ。男性の1人は「シュワルツェネッガー」の綴りをちゃんと答えていたし、女子高生の子は、みんなが絶対答えられないだろうと思った単語を、(多分まぐれだけど)正解して拍手喝采でした。

間違えたスペラーは、今井さんからジュースをもらって肩を抱かれて退場しますが、最後まで頑張った女子高生はハグされてましたよ。

note  note  note ここからネタバレあります note note note

出演者は個性的な方ばかりでした。新妻さん、坂元さん、梶原さん、高田さん、安寿さん、藤井さん、今井さん、風花さん、村井さん。

でも、歌が始まった時、かなりビックリしたんですけど(特に、ミュージカルにはあまり出ていらっしゃらない方々には)、歌がビックリでも強い個性と演技力でしっかり補ってお釣りが来るほどでした(笑)。

特に注目は新妻さんと坂元さんでしたが、サカケンは突っ込みどころ満載で笑いました~。

このスペリングビーは学校の体育館が会場になってますが、体育館の天井からぶら下がっているロープがありますよね。サカケンがあれにぶら下がって出てくると、何か思い出しませんか?私は頭の中で♪心配ないさ~と歌が聞こえてきて困りました。^^;

サカケンの役は、昨年度の地区チャンピオンですが、会場の可愛い子にドキドキしてしまって、早々と退場になってしまうんです。

で、2幕の最初に客席でお菓子の売り子をやるんですが、「こんなのやりたくない!!」とか「最初に失格になったIさん(素人さん)がやるべきだ!!」と言って、私の後ろの席のIさんを睨みつけたり、その後の「下半身の歌」(←正しいタイトルではありません^^;)ではちょっと過激な振り付けだったり(お子様もいっぱい見てるのに~)、サカケンパワー炸裂。

極めつけは、ひょうきん族の懺悔の神様みたいな格好のキリスト像になって出てきて「イエ~ス」とか言っちゃってました。今後も注目です。サカケン。

新妻聖子ちゃんは、ちょっと淋しがりやの、ポワ~ンとした女の子の役ですんごく可愛かったです。ママのことを思って歌うシーンは、本当に涙を流していて、顔をくっちゃくちゃにして歌っていました。背も割とちっちゃいので、本当に子供みたいで可愛かったです。

他の出演者の方も、みーんな良かったです。名古屋公演1日だけなんて、本当にもったいない。たくさんの人に見て欲しかったと思いました。

|

« 憧れのレストランにて | Main | 定期演奏会 »

「ミュージカル」カテゴリの記事

舞台」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 憧れのレストランにて | Main | 定期演奏会 »