« September 2009 | Main | November 2009 »

October 2009

映画「THIS IS IT」

Thisisit マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」(←音出ます!)を見てきました。行って良かったです~。ネタバレバレですのでお気をつけ下さい。

まず、編集が素晴らしい。ファンが見たいと思う映像が、次から次へと出てきます。舞台監督と映画監督が同じ方なので、このコンサートを知り尽くしているからこそできたんでしょうね。

リハーサルを編集した映画とはいえ、本番さながらの舞台映像でした。こんなにすごいコンサートをマイケルはやろうとしていたんだと、つくづくその死が惜しまれます。

映画はコンサートのメイキングビデオみたいな作り方なのですが、メイキングだけで本番が無い、というのが本当に残念です。また、オーディションの風景も少し紹介されていて、まるで「コーラスライン」みたい!合格者の興奮ぶりからも、マイケルの偉大さが伝わってきました。

映画からは、マイケルのこだわり、妥協をしない完全主義者なところがよくわかります。音へのこだわりや、テンポなど、入念に打ち合わせながらコンサートを作り上げて行く様子が映し出されていました。

それから、マイケルの人柄もすごくよくわかります。喋り方だけでなく、性格もおだやかだし、スタッフや共演者に対してとても敬意を持って仕事をしていました。でも、音楽に対しては本当に情熱的で、このコンサートにかける意気込みが伝わってきました。

コンサートは本当に細かいところまで凝っていました。実際にコンサートで使う予定だった映像も、撮影の様子を織り交ぜながら紹介されていました。「スリラー」の3Dバージョンも撮影途中だったみたいですが、ディズニーランドのホーンテッドマンションを思い出すような演出もあり、完成品が見られないのが残念です。

映画のラスト近くでは、マイケルがコンサートへの情熱を語るシーンがありました。自分達はやり遂げるんだ、ファンが喜んでくれるステージを作ろう、というようなことを言っていました。そして、コンサートには、人への愛や、地球の環境問題に対するメッセージがこめられていて、きっと自分達はこの地球を変えていくことができる、と未来への希望が強く感じられました。

映画の中では、この後マイケルが亡くなってしまう事には一切触れていませんでした。ですから、見終わった時に、悲しみより勇気をもらえるようなエンディングになっていたと思います。

あれだけの情熱を注いでいたのだから、本当にコンサートをさせてあげたかった。そしてコンサートをやり遂げていたら、私たちもその映像を見る機会があったかもしれません。メイキングでもこんなに素晴らしいのですから、本番は・・・と思うと残念でなりません。

映画を見たついでに少しだけ余談を・・・。私はマイケルの熱烈なファンだったわけではありませんが、80年代前半に大学生活を送り、洋楽に興味を持って「ベストヒットUSA」を楽しみに見ていた世代として、マイケル・ジャクソンの音楽はとても身近な存在でした。

80's musicは全般的に好きですが、特にマイケルに関してはこんなエピソードがあります。

84年に初めてカリフォルニアでホームステイをした時のこと。多分私が行った直前に、LAでマイケルのコンサートがあったんだと思います。ホストファミリー(当時30代後半)の方が、マイケルのコンサートに行った!!と興奮して話してくれました。その時、チケットが手に入らなくて、プレミアが付いてめちゃくちゃ高いチケットを買ったと言っていました。

当時は1ドル=240円くらいだったし、日本では金券ショップとか周りになかったので、額面より高いチケットというのが理解できずに驚いた記憶があります(野球場前でダフ屋は見たことありましたが)。

もし私がもう少し早く行ってたら、コンサートに連れて行ってもらえたかな(笑)。

もう一つは、同じステイ先でのことですが、親戚中で集まるから、と言って誰かのお宅にお邪魔したのですが、その時親戚中で「スリラー」のメイキングビデを鑑賞しました。大人も子供も夢中になって見ていたので、マイケル人気ってすごいなあと実感しました。

そして私も、アルバム「スリラー」のカセットテープ(レコードはかさばるので)を自分用に買って帰りました(笑)。

というわけで、私の余談は余分でしたが、この映画オススメです。公開期間が2週間と短いので、是非お早めに、大きなスクリーンで見て欲しいと思います。

| | Comments (0)

開拓おかきと大師巻

Photo 明日まで近所のデパートで北海道物産展をやっていますが、開店後30分で売り切れてしまうという、北菓楼の「北海道開拓おかき」を義妹が買ってきてくれました。

材料にこだわった揚げあられで、北の海の幸を使った味付けがしてあります。私がいただいたのは秋鮭味。あられの他に鮭チップも入っていて、食べだしたら止まらないおいしさでした。

今日の午後行ってみましたが、開拓おかきは当然売り切れでした。でも、同じ北菓楼のシュークリーム「夢不思議」をゲットできました。^^

Photo_2 開拓おかきを食べながら思い出したのが、横浜の友達からいただいた「大師巻」です。こちらも優しい塩味の揚げあられで、パリッとした海苔に巻かれています。私がいただいたものは、1個ずつ包装したものが可愛い巾着袋に入っていました。

子供達が「おいしい!!」と言って、あっという間になくなってしまいました(笑)。

どうやら我が家は揚げあられが好きみたいです。

| | Comments (0)

映画「沈まぬ太陽」

Photo_3 「沈まぬ太陽」(←音出ます!)を見てきました。この作品が、どこまで事実かどうかはわかりませんが、墜落事故は紛れも無い事実。リアルタイムであの事故を知っている者にとっては、かなり重い映画でした。

以下、多少ネタバレもありますので注意して下さい。

「123便」と聞いただけで、私たちはその飛行機の行く末がわかっているので、今ここにいる人たちは・・・と考えると、もう目がうるうる状態に。

事故の年、大学のゼミで一緒だった友達が、あの会社に入社したんです。入社後わずか4ヶ月で事故が起きてしまうのですが、当然、事故現場近くに何日も何日も詰めていたそうで、本当に辛くきつい日々だったと言っていたのを思い出しました。

「沈まぬ太陽」は御巣鷹山の事故だけでなく、事故を前後にあの会社から不当な扱いを受けた主人公、恩地元の会社人生を中心に描かれています。僻地を転々とさせられた後、事故の遺族係として奮闘しますが(このあたりは事実と違うみたいです)、自分の辛い人生すら、事故で亡くなった人達や遺族の辛さの比ではないと気づき、再び飛ばされたナイロビの地では安らぎすら感じる、と言っていました。

映画を見て思ったんですけど、何か正直者がバカを見るって、正に彼の人生ですよね。事故の後、会社はちゃんと浄化され立ち直ったのか、最近の経営悪化のニュースを見ると疑問に思ってしまいます。

そうそう、今、TVで「不毛地帯」も見ていますが、唐沢君の役の人が別名で登場していました。

長い映画でしたが、休憩もあったのであまり疲れませんでした。

| | Comments (0)

吉例顔見世 「通し狂言 仮名手本忠臣蔵」(10/24 夜の部)観劇

Photo_2 御園座で顔見世を見てきました。今年は「通し狂言仮名手本忠臣蔵」です。本来なら昼、夜通しで見たかったのですが、ご招待チケットなので夜だけの観劇です。

出演者の顔ぶれが豪華です。大御所團十郎さん、先日シネマ歌舞伎で見たばかりの仁左衛門さん、、橋之助さん、福助さんなどなど。

0910_title_s02 夜の部1幕目、「六段目 与市兵衛内勘平腹切の場」。仁左衛門さんの演技に圧倒されました。

舅を殺してしまったと早合点し、腹を切ってしまった勘平(仁左衛門)。その後疑いが晴れるも手遅れとなってしまいますが、討ち入りの連判状に名前を入れてもらえることになり、安堵の表情を浮かべ絶命します。死を目前にした勘平の心の変化を、仁左衛門さんは表情の変化で見事に表していました。舅殺しの罪悪感と絶望感、疑いが晴れて安堵し、元主君の仇討ちの仲間に加えてもらえることになり、死に際には微かに笑みさえ浮かべていました。表情の変化が本当に美しく絵になる方だと思いました。

2幕目は、「七段目 祇園一力茶屋の場」。團十郎さん演じる大星由良之助のぐでんぐでんに酔っ払っていたのに、キリッとしたご家老の表情に戻るところなど鮮やかな変身振りです。やはり目力のある方だけに、演技に説得力があるなと思いました。

この七段目は、橋之助、福助兄弟(弟兄)が演じる兄、妹のやり取りも見せ場の一つで、ドラマチックな展開に目が離せませんでした。

3幕目はいよいよ討ち入りの場です。前2幕が100分だったのに対し、3幕目は約15分間という短いものでしたが、討ち入りということで緊張感のある場面でした。雪の積もった庭も美しく、橋の上での立ち回りもすごく迫力がありました。

「忠臣蔵」はやっぱり面白いですね。いつかまた機会があれば、今度は昼の部をみたいですね。

| | Comments (0)

カフェのランチみたい

Photo お友達が「ロールケーキをもらったから食べにきて」と、お昼ご飯までご馳走してくれました。

写真のパスタ、彩りも美しく味も良く、まるでカフェランチみたい。海老とアンチョビ、トマト味のパスタです。

私がパスタを作ると何だかまずいし、ありあわせの物でちゃちゃっと作ることができないので、本当にありがたくいただきました。

ごちそうさまでした。^^

| | Comments (0)

ドラゴンズ、1st ステージ突破!!

やっとこさ、勝ちました。2nd ステージ進出です。

CS三連戦、結構もたついていてヤキモキしました。楽天みたいにポンポンッと勝ち進んで欲しかった。

タツノリの胴上げは見たくないので、絶対に勝って欲しいです。

| | Comments (0)

また買ってしまったユニクロ

10月16日に星ヶ丘テラスにユニクロができました。今まで、わざわざ瑞穂区まで買いに行ってたので、近くにできて便利~。しかも、新しいユニクロは、今まで行ったことのあるお店の中で1番広いです。

私は大抵、期間限定で安くなっているものしか買いませんが、安いので買いすぎちゃうのも事実。それに、1年着ても全然痛まないので、毎年同じようなタートルとかカッターシャツとかが増えてしまうんですよ~。

まだ着られるから捨てるのももったいないし、でも、たんすの中で邪魔になるし。

ユニクロはリサイクル活動もやっているみたいなので、1度それに出してみようかな。

| | Comments (0)

サル、本日捕獲!

たった今、動物園の広報車が「本日1:20に捕獲しました」と言って通って行きました!

今朝も動物園の人、うちの前で見張っていたけど、ご苦労様でした~。通行止めも解除です。めでたしめでたし。^^

| | Comments (0)

シネマ歌舞伎 「怪談 牡丹灯篭」

Photo シネマ歌舞伎「怪談 牡丹灯篭」を見てきました。元々は中国の古い怪談を三遊亭円朝が落語にし、それを元に歌舞伎として上演された作品のようです。

落語が元になっているので面白いです。特に、玉三郎と仁左衛門が演じるお峰&伴蔵夫婦のやり取りが軽妙かつ絶妙です。

幽霊を怖がるシーンや、二人の夫婦喧嘩のシーン。会場でも度々笑いが起きていました。玉三郎が早口で夫を罵るところなんて、怖いオバサンでしかありません(笑)。

お露さんという女性が、新三郎さんという男性に恋焦がれて死んでしまって幽霊となって出てくるところは、先日見た「牡丹亭」にも通じるところがありますが、中国にはこの手の話が多いのでしょうか?

結末はともかく、途中までは笑いたっぷりですごく面白かったです。

| | Comments (0)

動物園からサルが逃げたじゃない~

Photo 今日、うちの近所の動物園からサルが逃げ出したそうです。日が暮れてしまったので、捜索は打ち切り!只今、家の前の山(というか森?)が立ち入り禁止になってます。

今年の夏には、緑区でサルが子供を襲ってケガさせた事件がありました。家の外に出て、サルと目が合わないか心配です。

| | Comments (2)

「新・三銃士」が面白い!

Photo 今日からNHK教育テレビで始まった連続人形活劇「新・三銃士」、かなり面白いです!

三谷さんも私も、あの名作「新八犬伝」を見ていた世代ですからねえ。やっぱり人形劇、好きなんですよね(笑)。今から35年前の夕方、三谷さんもTVの前で「新八犬伝」を見ていたんだ~、と思うと、何だか嬉しくなってしまいます。

ちなみに私が好きだったのは、「新八犬伝」、「プリンプリン物語」、「紅孔雀」です。

今日は総合テレビで放送直前スペシャルもやっていたし、NHKも14年ぶりの人形劇ということで、力入っているみたいです。

まだ第1回を見ただけですが、人形の動きの繊細さと大掛かりなセット、脚本の面白さと声優陣の豪華さにワクワクしながら、童心に返って見てしまいました。

しばらくは月~金まで放送されるみたいなので、見逃さないように毎日予約を入れました。^^

放送は教育テレビで18:00~18:20ですが、10月17日(土)15:00~16:40に5話分まとめて再放送されるみたいなので、見逃した方は要チェックですよ~。^^

| | Comments (6)

映画「パリ・オペラ座のすべて」

Photo タイトルに惹かれて「パリ・オペラ座のすべて」(←音出ます!)を見てきました。3時間近いドキュメンタリーは、私のような未熟者には長過ぎました。^^;

まず、バレエの基礎知識が全く無いので、専門用語がわかりません。なので、カタカナで書かれている名前が、バレエの技のことを言ってるのか人の名前なのか、または作品名とか他のことを言ってるのかよくわかりませんでした(←見る資格無しですね^^;)。

私はこの作品を見れば、本当にオペラ座のすべてがわかるだろうと思って出かけたのですが、わかったのは主に、オペラ座が古典だけでなくコンテンポラリーにも力を入れているんだと言う事。実際、それを力説する芸術監督さんの姿は頻繁に画面に登場しました。

後は練習風景とその本番の場面が出てきて、それはなかなか興味深く見られたのですが、取り上げられた作品があまりにも奇抜で・・・。特に「メディアの夢」という作品は、子供を殺して血まみれで女性が踊るんですよ。ちょっと私には理解できない世界でした。

バックステージものなので、ダンサーの舞台裏の姿や、スタッフにもっとスポットライトが当たるのかと思っていましたが、割と淡々と日常風景を写しているだけで、説明も無いし、やはり基礎知識が無いとよくわからないし、興味を持って見ることができないかも・・・。

オペラ座の屋上のミツバチとか、地下の水路とか、衣装さんとか、一通りスクリーンには映し出されていましたが、それだけなんですね。もう少し、説明が欲しかったです。あ、その辺は「世界ふしぎ発見」の得意分野でしょうか(笑)。

最近のバックステージものでは、やはり「コーラスラインにかける夢」がとても良かったし、あんな作品を期待していたので、それも今回の私の敗因だと思います。

| | Comments (2)

映画「ココ・アヴァン・シャネル」

Photo_2 続いて「ココ・アヴァン・シャネル」(←音出ます!)を見ました。

8月に見た「ココ・シャネル」と比べると、ちょっとわかりくいかもしれません。というのは、「ココ・シャネル」がココの生涯を描いていて、どのように女性をコルセットから解放するようなファッションを生み出したのか、ということがすごくわかりやすかったのに対し、「ココ・アヴァン・シャネル」は若い頃のシャネルの恋愛、私生活をかなり重点的に描いていたように思います。

それから、ココを取り巻く男性も、「ココ・シャネル」の俳優さんの方がかっこよかった。てか、今日の俳優さんはオジサンでした。^^;

かなり早い段階で眠くなってしまったので、あまり大きな声では言えませんが(汗)、この2つの作品、とても同じ人を題材にしたとは思えないくらいストーリーも違っていて、ちょっと戸惑ってしまいました。

シャネルのことをさらっと知りたいなら、「ココ・シャネル」の方がわかりやすいし面白いと思いました。

| | Comments (0)

映画「カムイ外伝」

Photo ミッドランドスクエアシネマの1000円クーポンがあったので、ダブルヘッダーしてきました!

まず1本目は「カムイ外伝」。

見る前に2つ楽しみにしていたことがありました。脚本がクドカンだということと、「ダンス・オブ・ヴァンパイア」で影伯爵を演じられたダンサー森山開次さんのダンスが見られるということ。

クドカンの脚本なので、いつものようにおちゃらけたシーンがたくさんあるのかなと思っていたら、最初から最後まで、かなりシリアスな内容でした。緊張感のあるシーンが続くので、こちらも最後まで気を張って見ていました(笑)。

ところどころ、ツッコミを入れたくなるシーンもありました。この程度ならネタバレにはならないと思いますが、気になる人は読まないで下さいね。

例えば、大きな船の出てくるシーンがあったんですけど、すごく突然登場したんですね。でも、あんな大きな船、そばまで来なくても気づくよね~とか(笑)。

カムイ一人追いかけるのに、あんなにたくさんの追い忍を送り込まなくても・・・とも思いましたよ。他にやること無いのか~とか(笑)。

森山開次さんのダンスシーンは、衣装こそヴァンパイアの時とは違いますが、開次さんらしいダンスだったと思います。でも私は未熟者なので、ダンスしていない開次さんがどこにいるのかわかりませんでした。メイクも違ったしね。

子供の頃にやっていたアニメ版の「カムイ外伝」は、主題歌以外ほとんど記憶にありません。なので先入観無く見ることができました。面白かったけど、残酷なシーンはちょっと苦手でした。

| | Comments (0)

覚書き カヅラカタ歌劇団TV出演

カヅラカタ歌劇団公式HPからの情報です。自分が忘れないように、ここに書かせていただきます。^^;

明日10月8日(木)、夕方4:49からの中京テレビ「ニュースリアルタイム」でカヅラカタ歌劇団が特集されるそうです!ファン必見ですね。

夕方家にいないかもしれないので、予約しておきました。

でも、台風のニュースで放送日が変更になる可能性もあるみたいです。

☆ 10/8 追記 ☆

今日の新聞の番組欄を見てびっくり!中京テレビ、力入ってるな~。きっと、私と同じく熱烈なファンなのね(笑)。

以下、今日の「ニュースリアルタイム」の番組欄から書き写しました。

「特集 華麗な衣装に身を包み歌い舞うのは男子校生 その名も”カヅラカタ歌劇団” 舞台に上がる息子の化粧は母親が・・・ 男だらけ”ベルサイユのばら”に観客大興奮 母の目に涙」

| | Comments (6)

インフルエンザ・猛威!

他の地域より流行がちょっと遅れていたこの地方のインフルエンザ、かなり流行っているようです。あちこちの学校で、学級閉鎖だの、学校閉鎖だの、と聞こえてきます。

うちの息子の場合、先週の学年閉鎖から、とうとう学校閉鎖になってしまいましたsweat01 これで、まるっと1週間休みで、その先のことはその時にならないとわかりません。

私自身は感染済みなので、今は平気でいられます。あの時かかっておいて本当に良かったsweat01sweat01

でも、季節性のインフルエンザの流行も怖いので、例年通り予防注射は打つ予定です。予約しなくっちゃ。

| | Comments (2)

お値打ち!ファミリーセール

今年も去年に引き続き、某アパレルメーカーのファミリーセールに行ってきました。

今回は私のコートとジャケット、息子の服を3着買いました。

中でも超お値打ちだったのは、息子用の黒のニットです。3150円で買ったんですけど、定価が24000円!!2万円儲かった気分です(笑)。息子に2万円もする服は買ってやれませんが、3000円なら普段ジャスコで買う服より安いし、リッチな気分になれるし、本当に上手な買い物をしたと自画自賛(笑)。

デザインも、一応気に入ってくれたのでほっとしました。付き返されたら私が着るつもりでした。^^;

| | Comments (0)

シネマ歌舞伎特別編「牡丹亭」

Photo シネマ歌舞伎特別編 坂東玉三郎・中国昆劇合同公演「牡丹亭」を見てきました。

前半は、昆劇の故郷・蘇州での上演を前に、玉三郎の講演会や記者会見、中国人との練習風景など取り上げたドキュメンタリーでした。

玉三郎のような名女形でも、昆劇という、歌舞伎とは全く違う舞台芸術を前に、かなり苦労をされている様子がわかりました。特に言葉の問題は乗り越えることができない、とおっしゃっていましたが、幸か不幸か日本人には蘇州語はわからないし、標準語を話す中国人でさえわからないみたいでした。発音の練習風景も出てきて、常にテープを聞いたりして耳で覚えようとしていましたが、本番の舞台を見る限り、他の役者さんと全く同じように台詞を言っているように聞こえました。努力の賜物ですよね。

中国の学生を前にした講演会では、質疑応答の中で「昆劇の衣装は歌舞伎の衣装より袖が長いが、苦労しなかったか?」という質問があり、それに対する答えは「自分達役者は、衣装は体の一部だと考えていて、そうなるためには稽古の回数を重ねるしかない」でした。本編を見てわかりましたが、昆劇の衣装は袖口から長い布が伸びていて、それを垂らしたり袖口で畳んだ状態にしたり、かなり扱いにくそうな衣装ですが、確かに、体の一部になっていました。

また、昆劇の台詞回しは独特のトーンがあって、歌っている、というより、声で楽器を奏でているというような印象を受けました。あの台詞回しは、口承でなければ後世には残せないのかも。世界無形文化遺産に登録されているそうです。

ドキュメンタリーの中では、昆劇の指導を受けたお礼に、玉三郎が中国の役者にお稽古をつける場面がありました。このような文化交流ができることは、本当に素晴らしいと思いました。古くから伝わる文化・伝統をお互いに理解しあうことで、国と国の壁が取り払われたような気持ちになれました。

「牡丹亭」本編は、不思議なお話だと思いました。夢の中で会った青年を恋しく思うあまりに、病死してしまう杜麗娘(とれいじょう)。その後、実在した夢の中の青年、柳夢梅(りゅうむばい)との不思議な巡りあわせで生き返る・・・というものです。なかなかこんなお話、無いですよね。

杜麗娘役の玉三郎は、美しかったです。昆劇では、先程も触れた独特の台詞の他に、歌と踊りもあり、今で言うミュージカルみたいですね。とても日本人が演じているとは思えない、素晴らしい演技でした。

それにしても、あの台詞回しは、かなり睡魔を誘うこと間違いなしです(汗)。

| | Comments (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »