« 開拓おかきと大師巻 | Main | 映画「サイドウェイズ」 »

映画「THIS IS IT」

Thisisit マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」(←音出ます!)を見てきました。行って良かったです~。ネタバレバレですのでお気をつけ下さい。

まず、編集が素晴らしい。ファンが見たいと思う映像が、次から次へと出てきます。舞台監督と映画監督が同じ方なので、このコンサートを知り尽くしているからこそできたんでしょうね。

リハーサルを編集した映画とはいえ、本番さながらの舞台映像でした。こんなにすごいコンサートをマイケルはやろうとしていたんだと、つくづくその死が惜しまれます。

映画はコンサートのメイキングビデオみたいな作り方なのですが、メイキングだけで本番が無い、というのが本当に残念です。また、オーディションの風景も少し紹介されていて、まるで「コーラスライン」みたい!合格者の興奮ぶりからも、マイケルの偉大さが伝わってきました。

映画からは、マイケルのこだわり、妥協をしない完全主義者なところがよくわかります。音へのこだわりや、テンポなど、入念に打ち合わせながらコンサートを作り上げて行く様子が映し出されていました。

それから、マイケルの人柄もすごくよくわかります。喋り方だけでなく、性格もおだやかだし、スタッフや共演者に対してとても敬意を持って仕事をしていました。でも、音楽に対しては本当に情熱的で、このコンサートにかける意気込みが伝わってきました。

コンサートは本当に細かいところまで凝っていました。実際にコンサートで使う予定だった映像も、撮影の様子を織り交ぜながら紹介されていました。「スリラー」の3Dバージョンも撮影途中だったみたいですが、ディズニーランドのホーンテッドマンションを思い出すような演出もあり、完成品が見られないのが残念です。

映画のラスト近くでは、マイケルがコンサートへの情熱を語るシーンがありました。自分達はやり遂げるんだ、ファンが喜んでくれるステージを作ろう、というようなことを言っていました。そして、コンサートには、人への愛や、地球の環境問題に対するメッセージがこめられていて、きっと自分達はこの地球を変えていくことができる、と未来への希望が強く感じられました。

映画の中では、この後マイケルが亡くなってしまう事には一切触れていませんでした。ですから、見終わった時に、悲しみより勇気をもらえるようなエンディングになっていたと思います。

あれだけの情熱を注いでいたのだから、本当にコンサートをさせてあげたかった。そしてコンサートをやり遂げていたら、私たちもその映像を見る機会があったかもしれません。メイキングでもこんなに素晴らしいのですから、本番は・・・と思うと残念でなりません。

映画を見たついでに少しだけ余談を・・・。私はマイケルの熱烈なファンだったわけではありませんが、80年代前半に大学生活を送り、洋楽に興味を持って「ベストヒットUSA」を楽しみに見ていた世代として、マイケル・ジャクソンの音楽はとても身近な存在でした。

80's musicは全般的に好きですが、特にマイケルに関してはこんなエピソードがあります。

84年に初めてカリフォルニアでホームステイをした時のこと。多分私が行った直前に、LAでマイケルのコンサートがあったんだと思います。ホストファミリー(当時30代後半)の方が、マイケルのコンサートに行った!!と興奮して話してくれました。その時、チケットが手に入らなくて、プレミアが付いてめちゃくちゃ高いチケットを買ったと言っていました。

当時は1ドル=240円くらいだったし、日本では金券ショップとか周りになかったので、額面より高いチケットというのが理解できずに驚いた記憶があります(野球場前でダフ屋は見たことありましたが)。

もし私がもう少し早く行ってたら、コンサートに連れて行ってもらえたかな(笑)。

もう一つは、同じステイ先でのことですが、親戚中で集まるから、と言って誰かのお宅にお邪魔したのですが、その時親戚中で「スリラー」のメイキングビデを鑑賞しました。大人も子供も夢中になって見ていたので、マイケル人気ってすごいなあと実感しました。

そして私も、アルバム「スリラー」のカセットテープ(レコードはかさばるので)を自分用に買って帰りました(笑)。

というわけで、私の余談は余分でしたが、この映画オススメです。公開期間が2週間と短いので、是非お早めに、大きなスクリーンで見て欲しいと思います。

|

« 開拓おかきと大師巻 | Main | 映画「サイドウェイズ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 開拓おかきと大師巻 | Main | 映画「サイドウェイズ」 »