« 印獣(11/28 マチネ)観劇 | Main | 京都限定「茶の菓」 »

「アイーダ」(METライブビューイング)

Photo_2 今シーズンのMETライブビューイング第2弾「アイーダ」を見てきました。

出演者の皆さまは、いかにも「オペラ歌手」という体型の方々でしたが、その歌声は素晴らしく、聞きほれてしまいました。

「アイーダ」の凱旋の曲は、サッカーの応援ですっかりお馴染みですが、私が初めて聞いたのは中学1年生の時。合唱大会で中3の先輩方が歌われて、見事優勝したのを覚えています。間奏のアイーダトランペットのメロティーはピアノの連弾で、合唱とピアノと、両方が心に響いてきました。

その後TVで舞台中継を見ようとしたことがありますが、年齢的に無理だったのか、途中でやめてしまいました。でも、舞台上に象がいたような気がしています。

今回のMETでは象はいませんでしたが、本物の馬は出ていました。このシーンには、一体何人の人が出ているの?というくらい大勢の人が舞台上にいます。豪華絢爛な場面に鳥肌が立ちました。

幕間のインタビューでやっていましたが、この大勢のエキストラ、いろんな人たちが出ています。今回のインタビューでは3人のエキストラを紹介していましたが、一人はジャーナリスト、一人は医療関係、もう一人はMET専属のエキストラでした。3人ともオペラが大好きで参加しているとか。オペラにはこんな参加の仕方があるんですね。知りませんでした。

今年はThe Musical 「アイーダAIDA」も大阪で見たので、オリジナルとの比較ができました。オペラの方が、登場人物の心情を歌で語るシーンが多いので、今何を思っているかがよくわかりますね。それから以前見た劇団四季のアイーダは、オリジナルとは設定がかなり違うこともわかりました。どのバージョンも、3人の三角関係が中心ではありますが。男女のドロドロした話は、やっぱり面白いですね。

余談ですが・・・、小学生のとき、名古屋まつりで「英傑行列」を見た時のこと。馬が突然立ち止まったかと思うと、その場で大きい方を・・・。本物の動物を登場させるのは大変なんでしょうね・・・。

|

« 印獣(11/28 マチネ)観劇 | Main | 京都限定「茶の菓」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 印獣(11/28 マチネ)観劇 | Main | 京都限定「茶の菓」 »