« 京都限定「茶の菓」 | Main | 「オペラ座の怪人」(12/6 マチネ)観劇 »

DVD「グーグーだって猫である」

Photo ハードディスクにたまったドラマや映画を消化中。前から気になっていた「グーグーだって猫である」を見ました。

大島弓子さんの自伝的なエッセイが原作ですが、大島さんの漫画を読んだことがありません。この歳で珍しいですか?でも、絵の雰囲気とかは知っているので、映画も想像していた通り、なんだかふんわりあったかな感じの映画でした。映画の中で麻子先生が「みんなが元気になれる漫画を描きたい」と言ってましたが、先生の作品同様、この映画も心がほっこりする作品でした。

ところで、何故この映画を見てみたいと思ったかと言うと、舞台が吉祥寺だったから。娘が吉祥寺近くに住んでいるので、私も何度か行ったことがあります。でも、映画によく登場した井の頭公園には行ったことがないので、娘が卒業するまでに1度は行ってみたい場所です。

メンチカツのお店は、初めて吉祥寺に行った時に前を通りました。すごい行列ができていてびっくりしました。

吉祥寺にお住まいの楳図かずお先生も出てましたね。まことちゃんハウスも1度見てみたい(笑)。

この映画もそうなんですけど、最近映画のエンディングで、昔の会社の先輩の名前を見かけます。昔は全然違う部署でしたが、今は映画製作にも進出してるんだ~と、驚いています。

|

« 京都限定「茶の菓」 | Main | 「オペラ座の怪人」(12/6 マチネ)観劇 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 京都限定「茶の菓」 | Main | 「オペラ座の怪人」(12/6 マチネ)観劇 »