« 「パイレート・クイーン」(1/9 マチネ)観劇 | Main | 幸先いい、年女 »

映画「私の中のあなた」

Photo 星ヶ丘三越に「私の中のあなた」を見に行ってきました。

今回は13:00の回を見ましたが、何と満席!係りの方が空席を数えて、めいっぱいお客さんを入れてました。

この映画は、涙無しでは見られません。でも、ただのお涙頂戴ものでは無く、最後に明らかになる事実に驚かされます。

主人公のアナは、姉のドナーになるために、遺伝子操作をして生まれた試験管ベビー。生まれながらにして背負った宿命と、わずか11歳なのに何度も移植手術のために痛い思いをしてきます。そして、これ以上ドナーになることを拒否するために、自分の両親に対して訴訟を起こすのですが・・・。

しっかりもののアナ役は、「幸せの1ページ」でもしっかりものの娘役だった、アビゲイルちゃんが演じていました。キャメロン・ディアスがお母さん役というのも、軽くびっくり。もうそんなオトシなんですね!?

姉のケイトが治療で苦しむシーンは、見ていて結構きつくて、思わず目をそらしてしまうことも。でも、現実には病気で苦しんでいる人がいるのも事実。色々考えさせられてしまいました。

ただ家族の楽しい思い出のシーンもいっぱい出てくるので、そんなシーンではこちらも笑顔が浮かびます。ケイトがめいっぱいおしゃれをして、病院で知り合ったボーイフレンドとパーティに行くシーンなんかは、写真を撮りまくる母親目線で見てしまって、嬉しさと寂しさが心の中で交錯するような、複雑な気持ちになりました。

そして、子供達は親の知らない間に成長しているものなんだと、自分と子供達とを少し重ね合わせて考えてしまいました。

可愛そうなだけではなく、生きる勇気と希望をもらえる映画だったと思います。

|

« 「パイレート・クイーン」(1/9 マチネ)観劇 | Main | 幸先いい、年女 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「パイレート・クイーン」(1/9 マチネ)観劇 | Main | 幸先いい、年女 »