« 覚書き ゲキXシネ レパートリー上映 | Main | 激戦でした。歌舞伎座チケット »

映画「タワーリング・インフェルノ」

Photo 先日BS2で放送していた「タワーリング・インフェルノ」をやっと見ることができました。74年の映画ですが、日本公開は75年。中学生になって英語の勉強が始まり、初めて字幕で見た洋画がこの映画です。

最初の洋画ということで、かなり細かいところも印象に残っています。例えば、冒頭、アメリカのタクシー(Yellow Cab)が出てくるシーンがありますが、字幕に「イエロータクシー」と出たんです。以来、私の中では「イエロータクシー」で定着してしまいました。言葉は正しく伝えないと(笑)。今回の放送ではそんな字幕は出てませんでしたが、字幕が必要ないほど今では誰でも知ってるってことでしょうか。

マックイーン演じる消防隊長がフィリップという名の少年に「君が女性二人を守って」と言った後の、少年の何とも頼もしげな表情もすごく印象に残っていて好きなシーンです。過酷な体験の中での彼の成長ぶりが表情に出ていると思いました。

映画の最後にO・J・シンプソンがフレッド・アステアに猫を渡すシーンがあるんですけど、今回もすごくジーンときてしまいました。このシーンで私はO・J・シンプソンのファンになったのですが、後々あんな騒動になってしまうとは・・・。残念です。

リチャード・チェンバレンはこの中ではとってもやなヤツを演じていたので印象が悪く、後々「シンデレラ」という映画で王子様で出てきた時もまったくときめきませんでした(笑)。

フレッド・アステアのことは、この映画を見た時には多分名前も知らなかったんだと思いますが、今見ると、ちゃんとダンスシーンがあるんですよね。なかなかニクイ演出なんですね。

この映画ではスティーブ・マックイーンとポール・ニューマンという二大スターが大活躍しますが、私はマックイーン派だったなあ。今見ても本当にかっこよくて。当時は渋好みだったのかもしれません(笑)。

35年以上も前の映画なのに、全く古さを感じさせない映画ですね。3時間近い長編なのに、全く退屈させるシーンが無く、最後まで手に汗握る大傑作だと思います。

|

« 覚書き ゲキXシネ レパートリー上映 | Main | 激戦でした。歌舞伎座チケット »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

懐かしい話をありがとうございますmovie

私も、当時、初めて自分の意思で「観たい!」と言って、父と行った洋画でした。
それまでは、唯一、「サウンド・オブ・ミュージックnotes」だけ、上映されるたびに観にいって・・・というより、観にいくものとして連れていかれていたように記憶してます。

マックイーン演じる消防隊長がフィリップという名の少年に「君が女性二人を守って」と言った・・・のシーンは、私も覚えています。
ブログ拝見していて、いろいろ思い出しました。

私は、この映画でポール・ニューマンが大好きheart04になりましたし、後々、マックイーンの「大脱走」もTVで観ましたよ。

Posted by: みるふぃーゆ | March 15, 2010 at 01:29 PM

>みるふぃーゆさん

懐かしいでしょ~。今でも迫力満点の映画です。

ポール・ニューマンはその後、「サイレントムービー」で再び見た時にかっこいいな~と思いましたが、やっぱりマックイーンが良かったな~。

確か高校生の時にマックイーンが亡くなったんですけど、結構落ち込みました。

Posted by: きゃらめる | March 15, 2010 at 08:01 PM

当時はマックイーンのほうが断然カッコいいと思ってたけど、今見るとポール・ニューマンの方が素敵に見える・・目の色がとても綺麗で。不思議ですね。
パニック状態になると、人間の本性が出て怖いですよね。あのリチャード・チェンバレンの役は「タイタニック」のローズの婚約者キャルを思い出させる!!

Posted by: Matilde | March 30, 2010 at 04:21 PM

>Matildeさん

書き込みありがとうございます!^^

去年か一昨年、昔見た「サイレントムービー」をwowowでやってて、その時ポール・ニューマンがすっごいかっこいいと思いました。


確か同時上映が「シンデレラ」で、王子様がリチャード・チェンバレンだったよね。

「あのリチャード・チェンバレンの役は「タイタニック」のローズの婚約者キャルを思い出させる!!」に1票です!

Posted by: きゃらめる | March 30, 2010 at 04:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 覚書き ゲキXシネ レパートリー上映 | Main | 激戦でした。歌舞伎座チケット »