« お知らせ | Main | 五月花形歌舞伎(5/24 夜の部 御園座) »

シネマ歌舞伎「蜘蛛の拍子舞」「身替座禅」

Photo シネマ歌舞伎「蜘蛛の拍子舞」、「身替座禅」の二本立てを見てきました。共に、歌舞伎座さよなら公演の出し物でした。

前半「蜘蛛の拍子舞」は玉三郎さんの白拍子がとても美しくてうっとり。やっぱり玉三郎さんには美しい衣装を着けて舞って欲しいわ。後半は、すごい形相の蜘蛛の精になって登場しますが、玉三郎さんだとわからないくらいなんですよ。怖い~。

面白いのは、着ぐるみの蜘蛛も登場するのですが、さすが歌舞伎だけあって、その蜘蛛が見得を切るんです。なかなかユーモラスでした。

後半「身替座禅」は、何年も前に平成中村座(同朋高校)で見たことがありますが、今回も勘三郎さんです。何でも初演は山蔭右京を六世尾上菊五郎、その妻玉の井を七世坂東三津五郎が演じたそうです。そして同じ役を、六世尾上菊五郎の孫の勘三郎さん、七世坂東三津五郎の曾孫の三津五郎さんが演じています。代々受け継がれているんですね。

浮気をして上機嫌な勘三郎さんの右京、怒りに震える三津五郎さんの鬼嫁、どちらも笑えます。名演技です。

今回の上映は、始まる前に解説が表示されたり、休憩時間に出演者の紹介がありわかりやすかったです。館内は薄暗くて、パンフレットの文字もよく見えませんので。^^;

|

« お知らせ | Main | 五月花形歌舞伎(5/24 夜の部 御園座) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« お知らせ | Main | 五月花形歌舞伎(5/24 夜の部 御園座) »