« 「おくりびと」(6/16 夜の部 御園座) | Main | 四谷怪談忠臣蔵(6/20 夜の部 中日劇場) »

高木守道さん講演会(6/26 サタデープログラム)

Morimichi 今日は朝早くから、T高校サタデープログラムの中の「高木守道さん講演会」に行ってきました。実は私、小学6年生の時(ドラゴンズが20年ぶりにリーグ優勝した年)に、初めてTVで野球中継を見て、ファンになったのが守道さんなんです。西日の入る部屋で、背番号1番の守道さんがヒットを打つのを見て、かっこいい~と一目ぼれしてしたことを今も覚えています(笑)。

守道さんのお話は、たった1時間では時間が足りないくらいでした。まず、ご自身の高校時代のお話。県岐商野球部に長嶋茂雄さんがやってきて、監督に守道さんのことを「素質がある」と褒められたとか。そのおかげかどうか、1年生で甲子園へ出場しヒットを打ったお話。

卒業後ドラゴンズに入団。初打席は、パチンコ屋さんの店内放送で呼び出しがかかり(当時2軍だったので)、先輩の体調不良で急遽中日球場へ召集されたとのこと。たまたま負けゲームだったからピンチランナーで使ってもらって盗塁し、そのまま守備にも入り、次の初打席でホームランを打ったそうなんです。やっぱり「持ってる男」だったんですね~。すごい!

守道さんの解説は、よくアナウンサーの方からも「辛口」だと言われるそうなんですけど、「ナイスプレーはプロだから当たり前」、「お金を払って見に来てくれるお客さんに満足してもらえるようなプレーを心掛ける」など、守道さんのプロ根性が垣間見えるようなお話もして下さいました。守道さんの実績があるからこそ、説得力も増すのではないでしょうか。

現役時代、打球が3塁方向に飛ぶと必ず1塁のベースカバーに走ったというお話。1試合で何往復したことか。1塁への暴投は、たまにしか無いが、たまたまカバーに入らなかった時に暴投があっては何にもならない。地味なプレーだけど、毎回必ずベースカバーに入っていたら、それを当時の別当監督(大洋かな?)に認めてもらえて、それがとても嬉しかったとおっしゃっていました。守道さんの地道な努力が、素晴らしいプレーにつながり、チームにも貢献していたのですね。でも、ご本人は暑い中日球場でヘロヘロになっていたそうですよ(笑)。

そして今の若い選手たちへの助言。守道さん自身、先輩が体調不良で呼び出された日に初ホームランを打って、チャンスをものにしたわけですから、故障者が多い今シーズンは、若手にとってはチャンスなのかもしれませんね。

質疑応答もなかなか面白かったですよ。「アライバのコンバートをどう思うか」とか、「森野やブランコの守備をどう思うか」とか、「セサルをどう思うか」などなど。守道さんは新聞の読者欄もよく読んでいらっしゃるみたいで(多分、中日スポーツ)、ファンの不満や苛立ちもよくご存知のようでした。更に野球評論家として、あるいは監督経験者としての意見を聞かせていただき、現場の苦労、選手の苦悩などもよくわかりました。プロの目線でのお話を、ユーモアを交えて語って下さり、あっという間に1時間が過ぎてしまいました。

終了後、正門に向かって歩いていたら、たまたま私の前方を守道さんが歩いていらっしゃったんです。思い切って「守道さん!」と声を掛けたら気さくに応じて下さり、握手もして下さいました。感激して、ちょっとウルウルっとしてしまいましたよ。こんな間近でお会いできるなら、色紙でも用意しておくべきだったかしら。

私にとっての「ミスタードラゴンズ」は、昔も今も、やっぱり守道さんです!今日は良い日になりました。ありがとうございました。

|

« 「おくりびと」(6/16 夜の部 御園座) | Main | 四谷怪談忠臣蔵(6/20 夜の部 中日劇場) »

ドラゴンズ」カテゴリの記事

Comments

良かったですね(^^)私も、守道さんはドラゴンズ史上、いやプロ野球史上最高のセカンドベースマンだと思ってます。
アライバがどんなにいいプレーをしても、「あんなの守道さんだったらもっと何気にこなしちゃうのに」と思ってしまうんですよね。

Posted by: Matilde | June 27, 2010 at 07:52 AM

よかったですね。こういう時ってオーバーかもしれないけど「今までがんばって生きてきてよかった~~」くらい感激しますよね。がっかりすることのない出会いかたができたこと、本当によかったと思います。Sの○木さんもとても誠実だったらしいですよ。ハンパないオーラだって。高木さんと言い○木さんといい持って生まれたものなのか磨かれてそうなるのか、身近にいないからわかんないけどね^^;

Posted by: SOFIA | June 27, 2010 at 12:44 PM

>Matildeさん

最高のセカンドベースマンの守道さんですが、元々はショートで、中学か高校の時に肩を痛めて、セカンドに転向したそうなんです。それが結果的に良かったわけで、やっぱり「持ってる」んですよね。

>SOFIAさん

そう!がっかりすることのない出会い、大事です。今回は本当にラッキーでした。

私も本当は質問したいことあったんだけど、時間がなくてね・・・。きっと我々にとってもお手本にできるようなこといっぱいあると思うんですよね。

Posted by: きゃらめる | June 27, 2010 at 09:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「おくりびと」(6/16 夜の部 御園座) | Main | 四谷怪談忠臣蔵(6/20 夜の部 中日劇場) »