« 来週 | Main

映画「おのぼり物語」

Photo 2 井上芳雄君が主演ということで、原作漫画も作者のカラスヤサトシさんのことも何も知らないまま、映画を見てきました。

井上芳雄君は漫画のカラスヤサトシ君とは、見た目的には全く違うんですけど、雰囲気的にはいい味出してたんじゃないかなあと思います。30歳にもなるのに、真面目で素朴な青年というキャラが、井上君本人のキャラと合ってますよね。ご本人は決してさえない青年ではないと思いますが・・・(笑)。

ストーリーは、大阪から上京した駆け出しの漫画家カラスヤサトシ君のお部屋探しから始まります(いきなり笑えるシーンが)。やっと落ち着いたと思ったら、連載雑誌が休刊になり失業・・・。どうやら実話のようですね。漫画家になるのって大変なんだ~と、朝のドラマと併せて再確認してしまいました。

私にも、東京で学生をやってるおのぼりさんの娘がいるので、カラスヤ君には何となく共感できるし、がんばれ~とエールを送りたくなりましたよ。

日常の、周りの人たちとのエピソードも面白くてクスっと笑えてきました。そして時々ホラー(笑)。どこまで実話なんでしょうね。みなさん、かなりキャラが濃い目です。

撮影期間はスケジュールの関係で、たった2週間だったそうです。そのせいかどうかわかりませんが、何ヶ所かカメラワークで気になるところが・・・。ハンディカメラで撮影しているのか画面がぶれてぶれて、見づらいシーンがいくつかありました。先日見た「第九地区」のようなドキュメンタリータッチの映画なら、臨場感や緊迫感も出せて効果的ですが、この作品のようにのんびりした雰囲気の作品では必要ないかと。撮り直す時間が無かったのかなあ?それか、何か意図があったのかなあと考えてしまいました。

私が見た日の1つ前の上演で、井上君の舞台挨拶があったそうです。後から知ったんですけど、ちょこっと残念でした。

笑いがあって、ちょっぴりホロリとさせられて、地味だけど良い映画でしたよ。名古屋でも上映してくれて良かったです。伏見ミリオン座でやってます。 ^^

|

« 来週 | Main

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 来週 | Main