歌舞伎

五月花形歌舞伎(5/24 夜の部 御園座)

Photo 御園座で五月花形歌舞伎「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」と「蜘蛛絲梓弦(くものいとあずさのゆみはり)」を見ました。

4月に歌舞伎座さよなら公演オールスターキャストを見たばかりだったので、観劇前は「ちょっと地味な顔ぶれね」と思っていたのですが、ほんと失礼でした。ごめんなさい。とても迫力のある舞台で大満足しました。

「夏祭浪花鑑」は序幕、二幕目、大詰を上演。最初のうちは「あの歌舞伎座もなくなったんだってね~」なんて台詞も飛び出したりして、軽めのお話だと思っていたのですが・・・。

大詰では、愛之助さん演じる団七九郎兵衛が義父を殺そうと執拗に追い掛け回すという修羅場が延々と続いて、その殺気が見る側にも恐ろしいくらい伝わってきました。義父の橘三郎さんは本当に泥まみれになっての熱演。愛之助さんが汚れた体を水で洗い流すシーンもあって驚きました。愛之助さんの殺意が、夏祭のお囃子に煽られるかのように、段々狂気に変わっていく様が迫力満点。見得を切る場面も何度も出てきて、見せ場もたっぷりありました。

「蜘蛛絲梓弦」は、シネマ歌舞伎で見たばかりの「蜘蛛の拍子舞」と同じ題材なんですね。「蜘蛛の拍子舞」では玉三郎さんが白拍子から蜘蛛の精に変わりますが、「蜘蛛絲梓弦」では亀治郎さんが何度も早替わりを見せてくれたのでとても楽しめました。

登場する場所も様々で、長唄さん達の間から飛び出してきた時はびっくりしました。

1ヶ所、だまし討ちみたいな登場の仕方もありました。観客の目を他の方へうまくそらしている間に、いつの間にか舞台上に亀治郎さんが登場していて、みんなびっくり!まるでイリュージョンです(笑)。実は私は母から聞いていたので、ずっと舞台を見ていてどこから出てきたのかバッチリわかりましたが、観客の反応も面白かったですよ。

亀治郎さんは童→薬売り→番頭新造→座頭→傾城薄雲→蜘蛛の精と姿を変えるので大忙しですね。驚いたのは蜘蛛の精の超怖いお化粧では、舌も真っ赤に色が付けられていたことです。そうそう、その怖い顔の亀次郎さんと目が合ってしまいました(←また言ってます^^;)。

最後に愛之助さんの平井保正と亀治郎さんが対面をしますが、その挨拶の中で亀治郎さんのことを「タップも上手な・・・」と言ってたので大笑いしてしまいました。前の日にお友達がそのCMのことをつぶやいていて、見たばかりだったので。

若手が大活躍の素晴らしい舞台を堪能しました。

| | Comments (0)

シネマ歌舞伎「蜘蛛の拍子舞」「身替座禅」

Photo シネマ歌舞伎「蜘蛛の拍子舞」、「身替座禅」の二本立てを見てきました。共に、歌舞伎座さよなら公演の出し物でした。

前半「蜘蛛の拍子舞」は玉三郎さんの白拍子がとても美しくてうっとり。やっぱり玉三郎さんには美しい衣装を着けて舞って欲しいわ。後半は、すごい形相の蜘蛛の精になって登場しますが、玉三郎さんだとわからないくらいなんですよ。怖い~。

面白いのは、着ぐるみの蜘蛛も登場するのですが、さすが歌舞伎だけあって、その蜘蛛が見得を切るんです。なかなかユーモラスでした。

後半「身替座禅」は、何年も前に平成中村座(同朋高校)で見たことがありますが、今回も勘三郎さんです。何でも初演は山蔭右京を六世尾上菊五郎、その妻玉の井を七世坂東三津五郎が演じたそうです。そして同じ役を、六世尾上菊五郎の孫の勘三郎さん、七世坂東三津五郎の曾孫の三津五郎さんが演じています。代々受け継がれているんですね。

浮気をして上機嫌な勘三郎さんの右京、怒りに震える三津五郎さんの鬼嫁、どちらも笑えます。名演技です。

今回の上映は、始まる前に解説が表示されたり、休憩時間に出演者の紹介がありわかりやすかったです。館内は薄暗くて、パンフレットの文字もよく見えませんので。^^;

| | Comments (0)

歌舞伎座さよなら公演「御名残四月大歌舞伎」(4/4 第二部)

Photo_4 歌舞伎座さよなら公演に行って来ました。今回は歌舞伎を見ることより、歌舞伎座に行くことに重きを置いて行きました。なので、観劇記というより、最初で最後の歌舞伎座の感想になってます。

3月にも上京しましたが、チケットを探し始めたのが遅くて完売。4月の公演だと一般発売に間に合ったので、娘の発表会の翌日の切符を買いました。でも、結構忙しい日が続いていたので、十分な下調べができなかったのですが、直前にツイッターでオトクな情報をゲットすることができました。^^

Photo_2 通常の歌舞伎座公演は2部制らしいのですが、4月は3部制。第2部はお弁当の販売がありませんでした。それで開場前に食事できるところを探していたら、ツイッターで歌舞伎座すぐ近くの喫茶YOUを教えていただきました。ここはオムライスが有名だそうで、たまごとろとろのオムライスを食べました。レトロな雰囲気も良かったです。

Photo_3 歌舞伎座に入ってすぐ、くずきりの予約をしました。1回に18人分しか用意されないそうで心配しましたが、こちらも無事にゲット。1回目の幕間でいただくことができました。

開演前にはおみやげ売り場をうろうろしました。名古屋の御園座のロビーよりかなり狭いのですが、人は多いです。ここで紅白の白玉入りの鯛焼きを焼いていて、くずきりの予約をした後娘が並んだら、何と娘の直前で切られてしまいました。1回目の幕間はくずきりの予約が入っているので、2回目の幕間しかチャンスはありません。でも、これも無事にゲット。大きな鯛焼きでしたよ。

鯛焼きが買えなかった開演前は、人形焼を食べました。すぐ食べるなら5個単位で焼き立てを売ってもらえます。2人で5個はちょっと気が引けましたが、でもやっぱり焼き立ての魅力に負けて買ってしまいました。おいしかったので買って正解!

歌舞伎座って、御園座と違って客席で飲み食いができるんですね~。びっくりしました。昔の芝居小屋の雰囲気が残っているみたいです。しかも、焼き鳥とか食べている人がいて、これもびっくり。何でもアリなんですね~。何か風情があっていいですよね。

Dainibu そして肝心の演目はこちらです。出演者が大物揃いで、この顔ぶれで第2部観劇を決めました。名古屋に戻らなければならないので、第3部は無理だったんですけどね。名古屋ではこれだけの大物役者さんが揃うことは絶対に無いので、見に行って本当に良かったです。特に玉三郎さんは滅多に名古屋にはいらっしゃらないので・・・。

見るほうも食べる方も大満足の、歌舞伎座さよなら公演でした。

| | Comments (0)

吉例顔見世 「通し狂言 仮名手本忠臣蔵」(10/24 夜の部)観劇

Photo_2 御園座で顔見世を見てきました。今年は「通し狂言仮名手本忠臣蔵」です。本来なら昼、夜通しで見たかったのですが、ご招待チケットなので夜だけの観劇です。

出演者の顔ぶれが豪華です。大御所團十郎さん、先日シネマ歌舞伎で見たばかりの仁左衛門さん、、橋之助さん、福助さんなどなど。

0910_title_s02 夜の部1幕目、「六段目 与市兵衛内勘平腹切の場」。仁左衛門さんの演技に圧倒されました。

舅を殺してしまったと早合点し、腹を切ってしまった勘平(仁左衛門)。その後疑いが晴れるも手遅れとなってしまいますが、討ち入りの連判状に名前を入れてもらえることになり、安堵の表情を浮かべ絶命します。死を目前にした勘平の心の変化を、仁左衛門さんは表情の変化で見事に表していました。舅殺しの罪悪感と絶望感、疑いが晴れて安堵し、元主君の仇討ちの仲間に加えてもらえることになり、死に際には微かに笑みさえ浮かべていました。表情の変化が本当に美しく絵になる方だと思いました。

2幕目は、「七段目 祇園一力茶屋の場」。團十郎さん演じる大星由良之助のぐでんぐでんに酔っ払っていたのに、キリッとしたご家老の表情に戻るところなど鮮やかな変身振りです。やはり目力のある方だけに、演技に説得力があるなと思いました。

この七段目は、橋之助、福助兄弟(弟兄)が演じる兄、妹のやり取りも見せ場の一つで、ドラマチックな展開に目が離せませんでした。

3幕目はいよいよ討ち入りの場です。前2幕が100分だったのに対し、3幕目は約15分間という短いものでしたが、討ち入りということで緊張感のある場面でした。雪の積もった庭も美しく、橋の上での立ち回りもすごく迫力がありました。

「忠臣蔵」はやっぱり面白いですね。いつかまた機会があれば、今度は昼の部をみたいですね。

| | Comments (0)

シネマ歌舞伎 「怪談 牡丹灯篭」

Photo シネマ歌舞伎「怪談 牡丹灯篭」を見てきました。元々は中国の古い怪談を三遊亭円朝が落語にし、それを元に歌舞伎として上演された作品のようです。

落語が元になっているので面白いです。特に、玉三郎と仁左衛門が演じるお峰&伴蔵夫婦のやり取りが軽妙かつ絶妙です。

幽霊を怖がるシーンや、二人の夫婦喧嘩のシーン。会場でも度々笑いが起きていました。玉三郎が早口で夫を罵るところなんて、怖いオバサンでしかありません(笑)。

お露さんという女性が、新三郎さんという男性に恋焦がれて死んでしまって幽霊となって出てくるところは、先日見た「牡丹亭」にも通じるところがありますが、中国にはこの手の話が多いのでしょうか?

結末はともかく、途中までは笑いたっぷりですごく面白かったです。

| | Comments (0)

シネマ歌舞伎「刺青奇偶」

Photo シネマ歌舞伎「刺青奇偶(いれずみちょうはん)」を見てきました。松竹の配給なので、MOVIX三好でやってくれても良さそうですが、三好はお子様専用ですから(笑)。なので今回もミッドランドスクエアでの上映でした。

出演が勘三郎、玉三郎、仁左衛門と、豪華絢爛。名古屋でこのお三方の共演を、生で見られるなんてまずあり得ないでしょうね。^^;

仁左衛門さんは最後の方に少し出るだけでしたが、貫禄十分。すごく存在感がありますね。

でも、今回の出し物は、勘三郎さんと玉三郎さんの芝居に泣かされました。シネマ歌舞伎のいいところは、役者さんの表情がとてもよくわかることです。なかなか博打をやめてくれない半太郎(勘三郎)の腕に、死の床にあるお仲(玉三郎)が「意見の刺青」をするシーンが1番見ごたえがありました。勘三郎さんなんて、本当に泣いていましたよ。

普段は面白おかしいイメージのある勘三郎さんですが、舞台の上では超一流の役者さんですね。

次のシネマ歌舞伎は、名古屋はずっとずっと先で坂東玉三郎・中国昆劇合同公演「牡丹亭(ぼたんてい)」です。野田版とか鷺娘とかは、名古屋ではやりません(泣)。

で、「牡丹亭」の予告編を見ましたが、玉三郎さん、美しいです。今回の「刺青奇偶」や、前に見た「ふるあめりかに袖はぬらさじ」がやつれた病人の役だったので、「牡丹亭」の艶やかな姿を見るのが待ち遠しいです。

| | Comments (0)

陽春花形歌舞伎 通し狂言「雷神不動北山櫻」 (4/23 昼公演)観劇

Photo 市川海老蔵が5役を務める雷神不動北山櫻」を見てきました。いや~、どこもかしこも海老様だらけ(笑)。

1幕は海老蔵さんの口上から始まりました。これから演じる5役についての説明とストーリーを少々解説してくれました。

その後、本編が始まりましたが、それぞれキャラクターの違う5役を、見事に演じ分けていましたね。1幕では早替わりもありましたが、衣装だけでなく、メイクや髪型まで一瞬で替わっていて驚きました。

歌舞伎には珍しく、客席に役者さん達が降りて来られたのはファンサービスなのかしら?

そうそう、市川家は「成田屋」ということで、犬山から成田山が出張してました。お参りすれば良かったかな?

| | Comments (2)

シネマ歌舞伎「連獅子」「らくだ」

Photo ミッドランドスクエアで、シネマ歌舞伎「連獅子」「らくだ」の2本立てを見ました。名古屋には来ないかなと心配していたので、来てくれて良かったです。

ネタバレがありますので、2本目の「連獅子」の感想を先に書きますね。

「連獅子」は、2005年の勘三郎襲名披露で、花道横の席で見たことがあります。あの迫力ある舞台をもう1度見たいと思っていたので、今回のシネマ歌舞伎は本当に楽しみでした。

「連獅子」の1番の見所は、勘三郎親子3人が並んで髪を振り回す場面だと思います。一体何回、回しているんでしょうね?カツラが重そうだし、髪が長いし、とっても大変なのは誰が見てもわかりますが、全くふらつくこともなく、見事に回しきる姿は感動ものです。隣りの席のおばあさんも、感動して泣いていました。勘三郎さん、あのお歳ですごい体力です。

そして私は、もう1ヶ所楽しみにしていた場面がありました。それは、獅子の衣装に替えた3人が花道から登場するのですが、一度戻ってしまうんです。その戻り方が、後ろ向きにものすごいスピードで、3人縦に1列に並んだまま下がって行くんですね。

2005年に花道の真横でそれを見て、すごいな~と思ったものですから、今回も楽しみにしていました。

ところがその場面は、3人を割と大写しにしていたので、花道をサササ~っとバックする様子は、ほんの少しだけだったんです。

山田洋次監督が編集されているので、どんな映像になっているのかも期待していたんですけど、そこだけは私の好みとはちょっと合わなかったようです。

次は「らくだ」の感想ですが、ネタバレしてますのでご注意下さい。

1本目の「らくだ」は落語が元になっている歌舞伎で、爆笑ものでした。私はそんなに歌舞伎をたくさん見ているわけではありませんが、「らくだ」は今まで見た中で1番笑えます。吉本新喜劇より面白いです。

「らくだ」と呼ばれる馬太郎という男が、フグに当たって死んじゃうんですけど、それを弔ってやろうと、ヤクザな友達、半次(三津五郎)が屑屋の久六(勘三郎)を巻き込んで、馬太郎の大家からお通夜にお酒と煮しめを出させようと企てます。

で、予想通り断られたので、死んだ馬太郎を担いで大家の家に乗り込み、「カンカンノウ」を死人(しびと)に踊らせるというわけですが、そのやり取りが本当に面白いです。

死人の動き(本来動かないはずですが^^;)も絶妙のタイミングだし、気味悪がる勘三郎の表情や台詞に大爆笑。だって、死人を背中に負わせられて、その頬がぴたっと自分の頬にくっついてくるんです。ぞっとしますよね(笑)。

大家とそのおかみさんのおびえ方も滅茶苦茶笑えました。おかみさんなんて、逃げようとして、勢い余って玄関から勘三郎を飛び越えて落っこちてしまったので、勘三郎も三津五郎も笑いをこらえるのに必死でした。

うまいなあと思ったのは、おかみさん(彌十郎)が「痛いのはもういやだよ」と言ったり、次の場面で、勘三郎が早速前場面をネタにして観客を笑わせたこと。さすがですよね。

そして、死人役の亀蔵さんも見事な演技でした。ずっと目を閉じて、力を抜いたような演技は大変だったと思います。時にはかなりの勢いで倒れ掛かり、時にはズルズル引きずられ、痛くないのかなあ・・・と思いながら見ていました。

今日の客席は結構埋まっていました。2000円で歌舞伎が楽しめるわけですから、絶対オトクだと思います(毎回言ってますね ^^;)。是非是非、1度ご覧になってみて下さい。

| | Comments (0)

人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)

Photo_3  ミッドランドスクエアシネマで、シネマ歌舞伎「人情噺文七元結」(にんじょうばなしぶんしちもっとい)を見てきました。

この「文七元結」は、元々は三遊亭円朝が口演した落語が原作だそうで、私は歌舞伎でも見たことがありますが、何年か前に「新市村座」で市村さんの一人芝居版も見たことがあります。

涙あり、笑いありの人情話で、日本人好みのお話ですね。

シネマ歌舞伎は、低料金で歌舞伎が楽しめる、とてもお得な公演だと思います。劇場で見ると、御園座の場合特別席で23000円もしますが、特別席より役者さんの表情がはっきり見えて2000円(私は前売り1800円で見ました)なんですから。もう、絶対オススメです。勘三郎さんをはじめとする、歌舞伎役者さんの表情豊かな演技が、手に取るように見えるんです。それに監督が山田洋次監督なので、きっとカメラワークとか素晴らしいんだと思います。パンフレットに書いてありましたが、お久という娘の手にはあかぎれまで描かれていたとか。私は気づかなかったんですが、山田監督の細かい気配りというか、こだわりがあったんでしょうね。

それに、歌舞伎は高尚だとか敷居が高いとか思っている方には、「文七元結」は超オススメ。気取ったところや堅苦しいところが全くないし、時間も1時間半と短めなので、気軽に楽しめると思います。せっかくミッドランドでやっているんだから、行ける人には是非見て欲しいなと思います。というのは、次回作が勘三郎親子の「連獅子」なんですけど、名古屋の上映予定が無さそうなんです。ショック!!

「連獅子」は勘三郎親子で見たことがありますが、迫力があるし見ごたえがありますよね。予告編で少し紹介していましたが、何と舞台の上にカメラが乗って撮影していたんです。一体、どんな映像になっているのやら・・・。

予告編では「チケット発売中」と言ってたのに、松竹のHPには名古屋は出てないんですよ。(TT) 一体どっちが本当なんだろう・・・?

| | Comments (0)

第四十四回 吉例顔見世(10/3昼の部)観劇

Photo 御園座で顔見世を見ました。今回は歌舞伎初体験の義妹が一緒に行ってくれました。

歌舞伎は幕間が長いので(30分X2回)、お食事やおやつも楽しみの一つです。

今回は最初の幕間でお昼を食べました。御園座にはいろいろ飲食店が入っていますが、お気に入りは山信のミックスサンドと野菜ジュースです。これにフルーツが付いて1050円でした。

2度目の幕間では、御園座名物アイスもなかを食べました。味はバニラ、あずき、抹茶です。他には芋金つばも焼きたてが食べられて、どちらにしようか迷ってしまいました。

なんか、食べ物の話ばかりで、ちっとも歌舞伎の話ではなくてすみません。今回の出し物は、

一、天満宮菜種御供(てんまんぐうなたねのごくう)

   時平の七笑

二、坂田藤十郎喜寿記念  

   京鹿子娘道成寺(きょうかのこむすめどうじょうじ)

三、祗園祭礼信仰記(ぎおんさいれいしんこうき)

   金閣寺

でした。

藤十郎さんの娘道成寺は、年齢を感じさせない艶やかさ、華やかさ、そしてしなやかさで見ていても感心するばかり。私たちの両親の世代ですよね。お見事です。なんて言い方をしたら失礼ですよね。

金閣寺は大掛かりなセットがすごかったです。金閣寺がせり上がったり下がったり。雪姫役の時蔵さんもお美しかったし。

ただ、今回の演目には世話物が無く、どれも結構かたいお話ばかりでした。

本公演は中村錦之助さんの襲名披露なのに、昼も夜も口上が無かったのも残念!

   

| | Comments (0)